「ウクライナに憤慨した日本は、戦争への責任を忘れてしまった」日本の知識人の反省 [김태균의 J로그]

日本は、戦争の責任者である昭和天皇を呼び出すウクライナのビデオに抗議します
「私たちの最高の同盟国である米国でさえ、私たちは戦争犯罪者のように扱われているという現実に直面しなければなりません。」
「間違いを間違いとして認め、謝罪する攻撃性」

クリックしてオリジナルを表示します。

▲日本の安倍晋三首相は、23日(現地時間)の太平洋戦争での沖縄戦での死者の葬儀中に、花で飾られた祭壇の旗を通り過ぎます。
ⒸAFPBBNews=News1

日本はウクライナの「ロシアとの戦争」ビデオに反対し、「今すぐ支援を断ち切る」ことを主張する

「ウクライナのビデオで「間違ったものを訂正する」という官能的で露骨で傲慢な態度を示すことは適切ではありません。」

主要な日本のニュース評論家は、ロシアを批判するビデオでウクライナが皇帝の顔を使用したことに対する日本の激しい反発に応えて話しました。

先月のツイッターで、ウクライナ政府はロシアの侵略をファシズムと比較し、それを「ラシズム」(ロシア+ファシズム)と呼び、最後まで戦うことを誓う1分20秒のビデオをアップロードした。 ビデオには、太平洋戦争中の日本の天皇である昭和天皇(1901-1989)の顔が、ドイツのアドルフ・ヒトラーとイタリアのベニート・ムッソリーニとともに登場しました。

すると、日本では「昭和天皇(昭和天皇)は立憲君主制の正式な司令官に過ぎず、戦争の責任はないものの、ヒトラーと同じように扱った」との激しい抗議が起こった。とムッソリーニ。」 与党自民党内でも、ウクライナへの支援を直ちに停止すべきだという妥協のない議論さえあった。

「歴史の理解の欠如」…ウクライナ政府はついに謝罪した

結局、ウクライナ政府は日本政府の要請を受け入れ、昭和天皇の写真をビデオから削除し、駐日大使を介して「歴史の理解が不足していた」と謝罪した。

ウクライナ政府が公式Twitterアカウントでアップロードおよび削除したビデオでは、日本の昭和天皇(右)、ナチスドイツのヒトラー(中央)、イタリア王国のムッソリーニ(左)が並んで見られます。 ウクライナ政府のツイッター

▲ウクライナ政府が公式ツイッターアカウントでアップロード・削除した動画では、昭和天皇(右)、ナチスドイツのヒトラー(中央)、イタリア王国のムッソリーニ(左)が並んでいる。側。 ウクライナ政府のツイッター

しかし、日本の強い反対は、安倍晋三が2012年に就任して以来、日本の良心的な知識人や市民社会を中心に加速している日本の「歴史修正主義」と密接に関連していることも指摘された。 )は、この事件を取り巻く日本の雰囲気について、関連する週刊誌「修館朝日」の最新号(5月20日)に掲載された「忘れられない過去があります」というコラムを通じて強い懸念を表明しました。 経済産業省の元高官である評論家は、経済、政治、政治に関する深い知識に基づいて、日本社会の右翼的傾向に警告する分析とコメントで有名です。管理。

「『昭和天皇戦争責任調査=日本政府と国民の批判』の論理は成り立たない」

「過去に多くの日本人が日本の戦争に対する責任を完全に忘れていたという印象を受けました。 すべてのメディアは、ウクライナの一方的な罪悪感の口調で報道した。」

彼は次のように説明した。「昭和天皇に戦争の責任を負わせ、現在の日本政府と国民を批判することとはまったく異なります。

帝国主義の象徴である靖国神社に登場する日本帝国の兵士15日、東京の靖国神社に、日本帝国陸軍の軍服を着た人々が集まります。靖国神社は、2,466,000人の日本帝国の象徴です。太平洋戦争で14人のクラスA戦争犯罪者を含む人々が収容されました。 良いニュース

クリックしてオリジナルを表示します。

▲帝国主義の象徴である靖国神社に登場する日本帝国主義の兵士
帝国主義の象徴である日本の東京の靖国神社に、日本帝国軍の軍服を着た人々が集まります。 靖国神社は大日本帝国の象徴であり、太平洋戦争での14人のA級戦争犯罪者を含む2,466,000人が収容されていました。 良いニュース

評論家は、「昭和天皇は、戦後も一貫して日本の平和主義の象徴であり、平成天皇に受け継がれている」と述べた。

「しかし、昭和天皇が太平洋戦争の勃発の責任を負わなければならないという認識が世界中に広まっていることも事実です。 日本人は忘れたくても忘れられない」と語った。

彼は、この状況は世界を旅することによってよく理解されていると言いました。

「日本の最高の同盟国である米国でさえ、彼らは戦争犯罪者のように扱われているという現実に直面しなければならない。」

「私は数年前にボストン美術館を訪れましたが、戦争専用の展示コーナーがありました。 ヒトラーやムッソリーニとともに、昭和天皇を悪役として描いたイラストは当たり前のように描かれていました。 偶然に襲われたような気がしましたが、日本の親友(昭和天皇の戦争犯罪責任)の国でも客観的な歴史的事実として扱われているのが実情です。」

「この悪名高い記憶は時間とともに消えていくと思いますが、美術館の展示を通じて世界中の人々にまだ広がっていることを日本人が知っておくといいでしょう」と彼は語った。

高価な重明。 フェイスブック

クリックしてオリジナルを表示します。

▲高重明。 フェイスブック

高位の批評家は、「このウクライナのビデオで、傲慢で、目を大きく見開いて、「間違いを正す」態度を取るのは適切ではない」と述べた。 「そのような態度は、日本が過去の(暗い)歴史に目を閉じようとしているという他の国々からの疑惑を引き起こします。」

「過去の過ちを冷静に過ちとして認め、誠実に謝罪しなければなりません。 これを踏まえ、過去の教訓を生かし、平和への道を歩んでいることを真剣に説明する姿勢。 それは本当に平和主義の国がどのように見えるかではありませんか?」

キム・テギュン

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。