「ギルダム」を止めることはできますか?尹法改正のために緊急に必要な「喫煙エリアの拡大」への約束

尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領が選挙に先立って喫煙エリアを拡大するという約束。 尹錫淑プロミスWikiホームページキャプチャ尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領は選挙前の公約として「喫煙所の拡大」を発表した。 主な目的は、たばこに含まれる税金を使用して喫煙キャビンの数を増やすことにより、喫煙者と非喫煙者の間のスペースを分離することです。


しかし、「空間の分離」は現場では言いやすいが、実際には実現が難しいと指摘する。 財源が問題だからではなく、新しい喫煙スペースを作るのが難しいからです。

「問題はお金じゃない」…「喫煙所」はどこ?

ユン大統領は選挙前の1月28日、「ソクヨル心臓発作の約束」の第23回約束として、「非喫煙者同士の根本的な空間的分離を通じて、喫煙による社会的葛藤を減らす」と発表した。と喫煙者」。 たばこ税の一部を利用して、喫煙所などのエリアを追加し、国民健康増進法の施行令の改正により喫煙エリアの基準を確立します。

ただし、喫煙エリアの拡大は経済的資源の問題ではなく、どこでどのように実施されるかという問題であることに注意する必要があります。 政府や地方自治体が主導権を握るのであれば、実際のキャンプではこれに対する苦情がもっと多いので、公有地を使うしかない。

喫煙エリアを拡大するための対策は、別のスペースの提供とブースの設置に分けることができます。どちらの方法も、近隣エリアからの喫煙者がそのエリアに集まるため、「嫌いなスペース」になるリスクがあります。 歩行者専用道路のような公有地は他の市民も利用しているため、喫煙者だけに諦めることは難しい。

鍾路区の関係者は、「思った以上に周囲の環境が悪くなる。反対せざるを得ないので、追いかけるのは難しい」と語った。 「建物の隣に喫煙所を置くことは比較的問題ではありません」それは私の観点からは憎悪の構造かもしれません。 私たちもそれを作ろうとしましたが、成功しませんでした。」

特に、喫煙室自体が親から憎悪の構造として認識されている場合が多いと言われています。 彼らは喫煙する子供たちを見ることで学ぶことができると思っているからです。 ユン大統領が約束したように、換気構造などの喫煙室の設置基準を引き上げて煙をすべて吸収したとしても、必然的に反対の苦情に直面することになる。

ソウル江南区の区役所の関係者は、「多くの住民は、いかなる形でも喫煙スペースを作ることを好まない。私たちの区では、苦情のために設置され、その後移動または閉鎖された」と述べた。

ソウル中心部で喫煙スペースが見つからなかった喫煙者は、歩行者専用道路で歩行者と混ざり合った状態で喫煙します。 ソミンソン記者ソウル中心部で喫煙スペースが見つからなかった喫煙者は、歩行者専用道路で歩行者と混ざり合った状態で喫煙します。 SeoレポーターMin-Sun

現在の法律は「喫煙」に焦点を当てています…噂「禁煙エリアを増やす必要がある」。

現在の法律自体が禁煙エリアの数を増やし、市民に禁煙を奨励するように設計されているため、政府または地方自治体が積極的に喫煙エリアを増やすことができないという障害の1つがあります。 実際、いくつかの地区を除いて、それらのほとんどが独自の喫煙ブースを作成して管理することはめったにありません。

国民健康増進法によれば、「州および地方自治体は、直接または受動的な喫煙が公衆衛生に有害であることを国民に教育し、公表しなければならない」。 現在ソウル全土に設置されている喫煙ブースのほとんどは、近隣企業の社会貢献について部局に相談した上で作成されたものです。

中区事務所の関係者は、「国の健康増進法の目的に違反しているため、地区が喫煙ブースを設置していないことを理解している。彼らも拒否している」と述べた。

同氏はさらに、「地方自治体自体に喫煙所を設置する根拠は法律で定められていない。そのためには条例を制定しなければならない」と述べた。 したがって、追加の喫煙キャビンを設置することは困難です。」

むしろ、より多くの禁煙エリアを求める噂があります。 以前、ユン大統領は、ソウルの禁煙エリアが282,600であるのに対し、喫煙エリアは6,200であるというデータに基づいて、喫煙エリアを増やすと主張していた。

独立した喫煙エリアがない歩行者専用道路で喫煙した後、喫煙者がお尻を投げる。  SeoレポーターMin-Sun独立した喫煙エリアがない歩行者専用道路で喫煙した後、喫煙者がお尻を投げる。 ソミンソン記者

単なる言葉での約束がうまくいかない場合は「法改正」が不可欠…可能

「喫煙スペースの拡大」が単なる約束にならないようにするための唯一の方法は、施行令ではなく、法律を見直して、私有の建物や他の私有地の喫煙エリアを増やすことであると考えられています。 禁煙エリアに指定された建物に喫煙エリアを設置することが義務付けられている場合は、街頭の煙を減らすことができます。


現在の国民健康増進法では、総面積が1,000平方メートル以上のオフィスビルについては、物件の所有者、居住者、管理者が物件全体を禁煙エリアとして指定する必要があります。 一方、喫煙者のための喫煙室の設置は、「必須」ではなく「オプション」です。 このため、建物の内外に別々の喫煙室が設置されている場合はほとんどありません。

法務官は、「現在、法律は、多目的施設の所有者、居住者、管理者が喫煙エリアを「設置」できると定めている」と述べた。 コメントしました。

また、一般住宅地の場合は全禁煙エリアが指定されていますが、一部のエリアに喫煙エリアの設置が義務付けられている場合は、喫煙の衝突が少なくなる可能性が非常に高くなります。 十分な数の喫煙エリアを作成した後、喫煙エリアでのみ喫煙を強制することです。 確かに、日本の場合、禁煙エリアを指定する際には、原則としていわゆる「喫煙方針」が想定されており、喫煙エリアは別途指定する必要があります。

しかし、建物の所有者や喫煙者などの民間部門に義務を課す方法であるため、法改正による約束の履行が容易になるとは期待されていない。

Nakasone Moe

「認定ベーコンオタク。邪悪なソーシャルメディア狂信者。音楽家。コミュニケーター。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。