「ドラマに真剣に取り組んでいます」…日本のコンテンツ市場を狙ったネイバーウェブトゥーン [IT돋보기]

[아이뉴스24 장가람 기자]Naver Webtoonは、日本のコンテンツ市場に次々と参入するためのパートナーシップを発表しました。

日本の地上波放送局TBS、CJ ENM、スタジオドラゴンとの合弁会社(JV)を設立することで、ウェブトゥーンビデオにつながる知的財産(IP)バリューチェーンを確立し、グローバルプレーヤーとしての地位を強化します。

Naver Webtoonは、WebtoonからビデオまでのIPバリューチェーンを強化しています。 画像はNaverWebtoonのメインIPです。 [사진=네이버웹툰]

関連業界によると、ネイバーWebtoonは、1週間以内に2つの合弁会社(JV)を設立する計画を発表しました。 特に、ネイバーウェブトゥーンの日本子会社である「ラインデジタルフロンティア」は、CJ ENM、スタジオドラゴンと共同で300億ウォンを投資し、上半期中に日本での合弁会社「スタジオドラゴンジャパン」を設立する。

また、日本の地上波放送局TBSや日本のウェブトゥーン制作会社Shine Partnersと共同で、5月に韓国のウェブトゥーンスタジオ「StudioToon」の合弁会社を設立する。

どちらの合弁事業も日本の演劇市場をターゲットに設立されましたが、その特徴は少し異なります。 スタジオドラゴンジャパンの目的は、韓国の制作会社が日本に引っ越して地元のスタジオを設立した後、地元の市場向けにビデオを制作することです。 CJENMとスタジオドラゴンが制作を引き継ぐ場合、ネイバーはラインマンガのIPを提供します。

一方、スタジオトゥーンでは、日本の放送局TBSと日本のウェブトゥーン制作会社Shine Partnersが韓国にウェブトゥーン制作スタジオを設立し、IPを発見してビデオを開始しました。 ネイバーウェブトゥーンが国内外の国内ウェブトゥーンアーティストとの合弁事業で制作したオリジナルウェブトゥーンを配信する際、TBSはIPを選択し、日本のコンテンツ市場で紹介するビデオに変換します。

戦略は異なりますが、両合弁会社は日本のコンテンツ市場をターゲットにし、知的財産事業を強化することに重点を置いています。

日本のコンテンツ市場は世界で3番目に大きく、2021年には約1,913億ドル(約243.4815億ウォン)の規模ですが、ドラマ市場は依然として地上チャネルによる内需に焦点を合わせています。 グローバルオンラインビデオサービス(OTT)向けのドラマ制作はまれであり、元々のIPベースのプレミアムドラマ市場は高い成長の可能性を秘めていると考えられています。

また、「Crash Landing on You」、「Hotel Del Luna」、「Goblin」などのKコンテンツの需要は、韓流の熱狂により一定しています。 Kコンテンツの需要とともに、オリジナルのウェブトゥーン動画への関心が高まり、ウェブトゥーンは日本の主要なソースIPとして注目を集めています。

以前、ネイバーはイメージングビジネス能力を強化するために2018年に子会社として「スタジオN」を設立しました。 続いて、昨年、WebtoonStudioとWatpadStudioを統合し、グローバルなビデオビジネスで相乗効果を生み出す「WatpadWebtoonStudio」を作成しました。

スタジオNの場合、「SweetHome」や「Yumi’sCells」などのドラマを制作・ボクシングすることで存在感を高め、WatpadWebtoonStudioも人気の「LowerOlympus」ウェブトゥーンのアニメーションを制作することでIP事業を拡大しています。 。 。

この合弁会社の設立を通じて、ネイバーは韓国と米国に続いて、日本にビデオスタジオの拠点を確保します。 このように、同社は現地の言語と文化に基づいたビデオ制作能力を強化し、グローバルコンテンツ市場で一歩前進することを目指しています。

これに対し、ネイバーWebtoonは、「WebtoonのIPを使用してビジネスを展開することは意味があります」と説明しました。 「NaverWebtoonIPを積極的に活用していきます。」

/レポーターチャンガーラム(jay@inews24.com)











Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。