「今年は日本の富士山が爆発するかもしれない」という別の予言…噴火したら逃げなければならない。


拡大画像を表示

[사진출처=연합뉴스]

有名な日本の地震学者は、300年も噴火していない富士山が今年早くも爆発する可能性があると警告しています。

東海大学海洋研究所客員教授の長尾東海長尾氏は、日本の週刊誌Aera il 1によると、「昨年12月に地震が発生した富士山周辺で地震活動が活発化していることが分析された。状況はない」と述べた。

彼は次のように説明しました。「富士山は300年もの間噴火していないので、強力な力が内部に蓄積されています。

日本の週刊誌である週刊現代も先月25日に日本のカゴシア県で小さな地震が発生したと報告しており、富士山のマグマ活動との関連が注目されています。

日本では、富士五湖の山梨県東部で3日午前6時37分にマグニチュード4.8の地震が発生しました。 午前9時28分、和歌山県の清水島でマグニチュード5.4の地震が発生した。 富士山の噴火に関するコンテンツが日本のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)に広まるにつれて、不安が増幅されました。

「3日の朝に山梨県東部で発生した地震は、富士山からのマグマの流れによって引き起こされた」と武蔵野学院大学の火山学の専門家で特別教授の島村英紀は述べた。

他の専門家は、富士山がいつか噴火し、大規模な爆発につながると警告しています。

防災コンサルタントの和田玉笠氏は、「富士山観測システムを使えば、火山が噴火する前に警報標識を捉えることができます。

彼はまた、「当局の発表を待つことは狂気である」そして「生きる唯一の方法は無条件に逃げることである」と警告した。

富士山は1707年12月16日に噴火しました。その時、火山灰は噴火の2時間後に東京に降り始め、約2週間で2cmの厚さに蓄積しました。

現在、富士山の20km下に大量のマグマが堆積しています。 マグマが移動すると、マグマフラックスのレベルから15km下の地点で小さな「低周波地震」が発生します。

低周波地震によりマグマの流動性が高まると「高周波地震」が発生し、より強力な振動を引き起こします。

さらに悪化すると、地上でも振動する地震が発生し、マグマが地表に噴出する可能性があります。

[최기성 매경닷컴 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。