「円の価値」の低下…「安全資産」の神話の崩壊。

◀もう一度▶

日本円は、主要通貨である米ドルに匹敵する代表的な「安全資産」として認識されました。

しかし、この「安全な善の神話」は、ウクライナでのこの戦争で崩壊しています。

東京の特派員ヒョンスンコがお届けします。

◀レポート▶

先月のロシアのウクライナ侵攻後、日本円はかつてないほど奇妙な動きを見せました。

「円安」は、1ドル115円前後の118円を超えたときに発生した。

主要通貨の中で最も高い韓国ウォンを上回った。

代表的な「安全保障」としては、戦争や災害などの急激な変化の需要により、過去の「円高」とは正反対です。

円の「安全資産神話」は打ち砕かれました。

[마츠노 히로카즈/관방장관(지난 17일)]
「特に、最近の円安をはじめとする為替相場の動向と、それが日本経済に与える影響を注視している」と語った。

主な理由は貿易赤字です。

アベノミクスが2012年に累積した貿易赤字は30兆円を超え、今年1月には1985年以来最大の1.1兆円を記録した。

ウクライナでの戦後、原油を含む資源の価格が大幅に上昇したため、成長率は上昇しませんでした。

海外での持ち株の変化も要因です。

日本は世界最大の外部純資産335兆円であるため、緊急時に海外で資産を売却して円を買いましたが、困難になりました。

10年前でも株式や債券などすぐに処分できる資産が多かったのですが、今では外国企業の買収に直接投資する割合が増えており、即時売却ができなくなっています。

また、円安で高金利の外貨を投資するいわゆる「円キャリー取引」が低金利の「ドルキャリー」に置き換わり、円。

[카라카마 다이스케/미즈호은행 수석이코노미스트]
「日本円が安全資産とみなされる主な理由である需給環境(円)は、最近劇的に変化していないという噂が多い」と語った。

それにもかかわらず、日本は昨日(18日)、市場に資金を投入することで量的緩和を維持することを決定し、円高はさらに下落すると予想されています。

前例のない円安は、日本経済の弱さを示していると推定されています。

東京のMBCニュースのヒョンスンコです。

ビデオ取材:イ・チャンシク、キム・ジンホ(東京)/ビデオ編集:イ・サンミン

MBCニュースは24時間あなたの報告を待っています。

▷Tel02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷カカオトークレポート@mbc

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。