「受け入れる」…K-Webtoon、ヨーロッパのターゲット「なぜ?」

K-Webtoonのグローバルな挑戦は続いています。 コミックの故郷である日本を支配してきたK-Webtoonは、今やコミックの故郷である北米を超えてヨーロッパへと移動しました。 Naver Webtoon、Kakao Piccoma、NHN Comicoを含む上位3つのK-webtoonは、今年、ヨーロッパ市場への参入を公式に宣言し、激しい競争を予感させました。

彼らがヨーロッパをターゲットにした理由は、コミック市場は大きいが、デジタルコミックはまだ揺籃期にあるからです。 挑戦する価値があり、成功すれば果実は甘くなると確信しています。 韓国コンテンツ振興院は、ウェブトゥーンなどのデジタルコミックの市場で、2022年にヨーロッパが世界の売上高の26%を占めると予測しています。 これは、K-Webtoonが挑戦の準備ができている土地であることを意味します。

▲NaverWebtoonフランス語ページ [네이버 웹툰 캡처]



インターネット企業の世界的成長の橋頭堡である「Webtoon」がヨーロッパで前進し始める

Webtoonは、韓国で最大のインターネット大手2社であるNaverとKakaoの主要なビジネスエリアです。 新CEOのチェ・スヨンは、ラインとゼペトとともに、ウェブトゥーンを3つのサクセスストーリーとして発表しました。

Naver Webtoonは、今年前半にフランスにヨーロッパ支店を開設し、本格的に市場に参入します。 これまで、ウェブトゥーンプラットフォームは、フランス語、ドイツ語、スペイン語などのヨーロッパ言語をサポートすることによってのみローカル市場に参入していましたが、より体系的な方法でヨーロッパのビジネスを拡大するために会社を設立することを決定しました。

ネイバーは次のように述べています。「最近発表されたヨーロッパの会社の設立に加えて、地元のアーティストを見つけるなどして積極的にローカライズし、地元のエコシステムを構築しています。」

▲「カカオピッコマ」の日本語サイト [카카오픽코마 캡처]



カカオピッコマは今月18日からフランスで公式サービスを開始しました。 以前はネイバーなどのプラットフォームでヨーロッパ言語を提供していなかったため、現地市場に進出するには遅すぎましたが、会社の設立を完了して最初にヨーロッパ市場に参入しました。 カカオピッコマは会社設立を終えたばかりですが、日本市場で成功を収めているBM(ビジネスモデル)を欧州市場に応用する予定です。

2016年にカカオピッコマが日本に入国したとき、彼は日本の出版社と協力して人気のある日本の作品を提供し、ローカライズされた韓国のウェブトゥーン作品を公開しました。 有料漫画のエピソードを23時間視聴した後、次のエピソードを無料で視聴できる「0円待ち」サービスを導入。 このBMの成功により、カカオピッコマは2020年7月に、日本の収益だけで世界の漫画アプリの売上高で1位になりました。 彼は現在ナンバーワンです。 2021年の年間取引額も7,227億ウォンに達し、前年度比74%増となる。

▲日本の「コミック」サイト [코미코 캡처]



NHNはまた、「Comico」ウェブトゥーンプラットフォームの英語版である「PocketComics」でフランス語のサービスを開始することにより、今年の1月にヨーロッパ市場に参入しました。 コミックは、ウェブトゥーンのIP(知的財産権)をさまざまな角度から保護し、コンテンツ制作能力を強化するための戦略です。

多くの有名な作家が彼らのコンテンツを提出するために募集され、コミックに連載された人気のあるウェブ小説はウェブトゥーンに変換されます。 Comicoは、強みとして認められている女性の性別や恋愛ジャンルに焦点を当て、欧州市場での地位を確立しようとする戦略です。

ヨーロッパ、K-webtoonチャレンジの地、デジタルコミックの始まり

ヨーロッパを選んだ理由として、カカオピッコマは「ヨーロッパは出版されたコミックの市場がデジタルコミックに移行している段階であり、デジタルコンテンツ市場はまだ始まったばかりです」と要約しました。 特に、同社が設立されたフランスは、「ヨーロッパで最大の漫画市場を持ち、日本の漫画への嗜好が高く、韓国のウェブトゥーンの認知度が着実に高まっている場所です」と述べています。

日本風の漫画とウェブトゥーンを同時に提供するピッコマは、ヨーロッパを海外展開に最適な場所と判断したと説明されています。 韓国コンテンツ振興院によると、北米のコミック市場の90%以上が印刷されたコミックで占められています。 スマートフォンベースのデジタルウェブトゥーンに焦点を当てているカカオピッコマの観点から、ヨーロッパは北米よりも初期の市場浸透に有利です。

ネイバーは、ヨーロッパの拡大は最近急いで行われた決定ではないと指摘しています。 彼は、ヨーロッパ市場の成長の可能性を見た後、3年以上の準備期間を経たと説明しました。

これをバックアップするかのように、ネイバーは2019年からプラットフォーム内でヨーロッパの現地語を提供しており、2020年にはヨーロッパと北米の市場に約334億ウォンを投資し、ウェブトゥーンのグローバルプラットフォームの筆頭株主としての地位を確立しています」タフトゥーン’。 Naver Webtoonは、地元のアマチュア漫画家が「コミックコミック」サービスのグローバルバージョンである「Canvas」(CANVAS)システムを介して作品を連載する機会を提供し、作品を公式に公開するシステムも備えています。 2020年には、フランスの地元の漫画家の掘り起こしも開始しました。

コミコはまた、「フランスはヨーロッパでコミックが非常に人気があり、広く認知されている国です。このため、ヨーロッパは日本と北米に次ぐ最も重要な市場だと考えました」と述べています。

UPIニュース/レポーターKimHae-wookhwk1990@upinews.kr

[저작권자ⓒ UPI뉴스. 무단전재-재배포 금지]

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。