「技術的に発展途上国になってしまった日本は、今や自動車にとって危機に瀕している」…日本の学者からの憂鬱な警告

「サムスン電子対。 TSMCの競争を外部から見なければならない状況にあります。」
電気自動車の時代が始まると、自動車産業は衰退する可能性が非常に高い

▲日本の株式市場を通過する市民 [AP=연합뉴스 자료사진]

「日本の産業構造は過去からあまり変わっていません。 一方、中国の工業化に対抗するために、(当局は)円を切り下げた。 しかし、これは日本の技術革新を妨げ、生産性を低下させ、現在の状況をもたらしました。 残念ながら、日本は韓国のサムスン電子と台湾のTSMCの間の激しい競争を目の当たりにすることができます。」

官僚や教授として高い評価を得ている日本の上級学者は、自国を「技術開発途上国」と呼び、「新技術」の開発に失敗すると将来は生き残れないかもしれないと厳しく警告した。 と新産業」。

経済学者の野口悠紀夫氏(81)は、ひとつばし国立大学の元財務省(現財務省)の官僚であり、「日本は貿易収支を悪化させる技術である。円安で「私たちは発展途上国になりました」というコラムを書いた。源大ビジネスは、日本最大の出版社である高段社が発行するビジネス誌であり、野口教授は国力の衰退について繰り返し警鐘を鳴らしている。国内での批判と反対。

野口教授は、1990年代半ば以降、日韓の輸出規模と貿易収支を比較してきました。 日本の輸出はこの期間にほぼ2倍になりましたが、輸入の伸びが輸出の伸びを上回ったため、貿易収支は大幅に悪化しました。 一方、韓国の輸入は約3.5倍に増加したが、輸出は約4倍に増加し、貿易黒字が増加した。

「韓国と台湾、そして日本の輸出には大きな違いがあります。 日本の輸出の大部分を占めるのは自動車ですが、自動車はハイテク製品ではありません。 一方、韓国や台湾では、輸出の大部分が電子部品や電子製品などのハイテク製品です。」

SKハイニックスが東芝に投資することを決定東京の東芝本社のロゴの下で男が通り過ぎる。 写真=AFP聯合ニュース

クリックしてオリジナルを表示します。

▲SKハイニックスが東芝への投資を決定
東京の東芝本社のロゴの下を歩く男性。
写真=AFP聯合ニュース

ハイテク製品の輸出比率に大きな違いがあります…韓国36%、日本18%

世界銀行の統計によると、2019年の製造業輸出におけるハイテク製品のシェアは韓国では約36%でしたが、日本では18%に過ぎず、韓国の半分でした。

野口教授は、サムスン電子と世界最大の半導体企業であるTSMCの例を挙げて、「半導体業界は現在の状況を象徴的に示している」と述べた。

「TSMCは、他社に類を見ない最先端のプロセスで半導体を製造しています。 半導体の量産は、世界初の5 nm(ナノメートル)プロセスで始まりました。 サムスン電子も5nmプロセス製造を導入しました。 サムスン電子の営業利益の約60%は半導体部門からのものです。 今年から、米国のテスラに7nmプロセスの自動運転用半導体を供給します。 サムスン電子は昨年、インテルを抜いて世界の半導体売上高で第1位にランクされたと推定されています。」

彼は次のように述べています。「現在、高度な5nmプロセスで半導体を大量生産できるのはSamsungElectronicsとTSMCだけです。

22-28 nmの「古いプロセス」は、TSMCが日本の九州の熊本県に建設中の半導体プラントに適用されており、誠実な法廷と日本政府からの全面的な支援が約束されています。

野口教授は、中国も半導体のために韓国と台湾に産業のライフラインが抵当に入れられている状態にあると推定した。

中国の通信機器メーカーHuaweiは、スマートフォン半導体の製造とTSMCを契約していましたが、米国と中国の間の経済摩擦の中で、米国はHuaweiを「エンティティリスト」(米国の観点からセキュリティの脅威が高い企業のリスト)に追加しました。 TSMCが追加されましたが、これは大きな成功を収め、使用できなくなりました。

現在、中国は国内需要のわずか17%で独自の半導体を生産することができません。 この現実を克服し、サムスン電子とTSMCのシステムを打倒するために、14nm以下のプロセスローカリゼーションが国の課題として設定され、巨額の資金が投資されたことが知られていますが、失敗に終わったと報告されています。

一橋大学名誉教授野口悠紀夫。 オンラインダイヤモンドウェブサイト

▲一橋大学名誉教授野口悠雄。 オンラインダイヤモンドウェブサイト

自動車製造における日本の競争力は電気自動車から消える

野口教授は、電気自動車(EV)と自動運転が世界の自動車市場で注目を集めていることを理由に、「日本が現在の自動車の優位性を維持できるかどうかは疑わしい」と述べ、暗い見方を示した。輸出の大部分を占める産業。」 。

「車は多くの国で生産できる製品です。 日本の生産性が比較的高いというだけです。 ただし、これをどれだけ長く保持できるかわからない場合もあります。 これは、自動車産業の性質が大きく変化しているためです。」

「日本の自動車メーカーも電気自動車の開発を進めていますが、すでに遅れていることは間違いありません。

「テスラの車は単なる電気自動車ではなく、ソフトウェアの割合が高いため、新しいモデルの車です。 電気自動車は、日本が誇る組立の強さを発揮することはできません。 そのため、過去(日本が韓国などに取って代わった)の家電と同じ運命を踏みにじるリスクがある」と語った。

彼は、「日本が将来生き残るためには、新しい技術に支えられた新しい産業を創造しなければならない」と警告を発して記事を締めくくった。

キム・テギュン

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。