「数に応じてスキンシップは必要ありません」…日本は女性MPのセクハラを根絶する

日本の内閣府が公開したドラマのワンシーン。  70代の老人は、20代の老人の肩に腕を巻いている。 [사진 출처 = 일본 내각부 공식 유튜브 채널]

画像の説明日本の内閣府が公開したドラマのワンシーン。 70代の老人は、20代の老人の肩に腕を巻いている。 [사진 출처 = 일본 내각부 공식 유튜브 채널]

▶拡大表示するには、ここをクリックしてください

日本政府は、有権者や同僚から嫌がらせを受けた女性議員の経験に基づいて、危害を防ぐためにYouTubeビデオを投稿しました。

内閣府が13日にドラマ形式で制作した34分間のビデオでは、選挙運動中に市議会議員候補が男性有権者に電話番号を教えてもらうか、望まない身体的接触を受けていることが示されています。 選挙に勝った後、年配の男性議員から、若くて美しい顔をしていれば政治家になれるという侮辱を聞いたことがあります。

選挙のたびに、落書きは掲示板に書かれていて、セックスをしたいと言っています。 毎日、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)から、彼氏がいるかどうかを尋ねるメッセージが届きます。 議員は初めて男性有権者からの贈り物としてTシャツを受け取りました。 添付の手紙には、下着を着ずにシャツを着て写真を撮って送るように書かれていました。 これらはすべて実際のケースです。

内閣府は昨年10月から11月にかけて地方議員から1324件の被害事件を収集し、専門家の監督のもとドラマチックな映像を制作した。 これは、昨年6月に政治における男女共同参画の推進に関する法律を改正し、各地方自治体のいじめ対策を確立するという政府の勧告のフォローアップです。 このビデオは、将来、国会や地方議会での研修の教材として使用されます。

東京新聞は、セクハラ、虐待、言葉による虐待が、若者や女性が政治に参加しない理由のひとつであると報告しました。 2020年に内閣府が地元議員を対象に行った調査の結果、42%が他の議員から嫌がらせを受けていたことがわかりました。 その中で、女性議員(58%)は、男性議員(33%)よりもいじめにさらされていました。

前日の記者会見で、地域のイニシアチブと低出生対策を担当する野田聖子大臣は、「これまで、飲み会でセクハラを受けたことがある」と述べた。

以前、朝日新聞は、日本の女性の政治への参入障壁が高いと報告しました。 昨年解散した衆議院では、女性議員の割合は9.9%だった。 これはG7諸国の中で最も低いレベルです。 昨年、世界中の議会の女性の平均割合は25.5%でした。 二院制の場合、それは衆議院にのみ反映された。 第21回国会現在、韓国の女性議員の割合は19%です。 韓国は平均を下回っていますが、日本はもっと深刻です。

批評家は、そのような現実は女性が公職に就くことを妨げ、再選される彼らの意欲を損なうと主張している。 昨年、各政党の男女平等を勧告した「男女共同参画法」も効果がない。 昨年世界経済フォーラム(WEF)が発表したデータによると、日本は男女共同参画ランキングで調査された156カ国中120カ国にランクされました。 これは、日本社会における性差別の根深い認識の一例であることに注意してください。 一方、韓国は102位でした。

[이가람 매경닷컴 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。