「新聞記者」阿部チョン・アジュンハン…日本の拍手



韓国ドラマが日本のNetflixを支配してからしばらく経ちました。 最近、エンターテインメントプログラム 、ドラマではありませんが、1位になりました。 、韓国では、もう昔に終わったドラマが最近上映されたとき、あっという間にトップに上がる場合があります。 1月15日の時点で、Netflixの日本の総合ランキングトップ10を見ると、最大8つの韓国ドラマとエンターテインメントプログラムがあります。 ランキングに長く残っているので、 、現在はゾンビドラマと呼ばれていますが、 、 < Beautiful Gongshim>、そして何よりもこれらは言及されています

日本のNetflixですが、日本のドラマはほとんどありません。 ドラマ 、原作の小説を元に制作され、ランキングは上がったが、すぐに姿を消した。 現在、韓国ドラマの大洪水の真っ只中に苦しんでいる、もアニメーションです。

この現象は、 そして王冠危機の社会的状況。 2021年の時点で、日本の有料サブスクリプションOTT市場におけるNetflixのシェアは、AmazonPrimeに次いで2番目にランクされています。 NetflixとAmazonは正確な加入者数を発表していないため、各メディアが世代別調査を実施し、10%から15%の間であることが判明しました。 これは、日本のNetflixが非上場の混合会社として登録されているため、開示義務が免除されているためです。

もちろん、2020年9月に日本のNetflixは「8月末の有料加入者数は500万人を超えた」と述べ、「これは昨年より200万人増加し、ハリウッド映画、韓国ドラマ、アニメーションは上昇の要因」 2021年にNetflixは19.5%のシェアを持ち、12.6%を記録したAmazon Primeを上回り、「Netflixは2022年も進歩し続けるだろう」と報告しました。

安倍の社会主義ドラマチョン・ジュンハン

 

NetflixドラマプレイビルⓒNetflix



このような状況で、1月13日、大規模な社会主義ドラマ 日本ではほとんど姿を消したが、Netflixのオリジナルドラマとして公開され、注目を集めた。 このドラマは映画の拡張版です (監督は藤井道人、2019年発売)は、主役の「吉岡エリカ」を演じる日本人俳優がいなかったため、シム・ウンギョンを主人公として韓国で注目を集めた。見せ物、ショー、芝居。

米倉涼子、横浜流星の新星、綾野剛など、日本の代表俳優たちが演技力を発揮したことも話題になりました。 、寺島しのぶ、吉岡秀隆、サンタマリア優介、すべて取り扱われた事件(もちろん、監督は実際の事件とは関係のないフィクションだと言っている)は、安倍政権の最大のスキャンダルである森友学園を直接非難している。 過程の中で、 スキャンダルを主催する東京オリンピック、日本最大の広告会社電通の過労死、安倍政権によるメディア管理、内閣情報調査局による違法な民間検査、コロナウイルスへの経験の浅い対応を巧みに混ぜ合わせた。

確かに、森友学園のスキャンダルは、日本の社会と政治に衝撃を与えた安倍政権の7年8ヶ月の始まりであったと言えます。 (詳細については、東京スキャンダルの第2話を参照してください。 (http://omn.kr/1rfx7を参照)この事件の本質は単なる官僚的な連鎖ではありません。

 

元日本の安倍晋三首相ⓒ聯合ニュースエージェンシー



彼はドラマで非常によく表されていますが、すべての改ざんの始まりは、国会に対する安倍首相の反応でした。 当時、森友学園株式会社の小学校・保育園の名誉校長は、首相の妻である安倍昭恵でした。 森友学園は、近畿財務局から小学校が設立される予定の学校の敷地を市場価格の約10分の1の低価格で購入した。 2017年、常識的に理解されていない購入プロセスと価格に関する国会の議論が数ヶ月続いた。 そして、2017年2月17日に開催された衆議院予算委員会で、安倍首相は次のような大げさな発言をした。

 

「同じ話が次々と出てきており、妻も私も、国有地を低価格で売買するこの許可とは何の関係もありません。」




森友学園問題との共感

当時の状況を非常に露骨に説明しています。 安倍首相の右腕と呼ばれた今井尚哉首相がモデルだったようで、モデルのように見える中川中川首相が本社の財務部長に電話をかけ、「面倒くさいけど、どうしたらいいの?首相が言ったので……ちなみに、次に何をしたらいいかわかりますか?」 言う

財務局長から命令を受けた国務局(実は金木財務局)の職員が偽造を行い、首相と首相の妻の痕跡を既存のデータから消去し、意識の反省。 この偽物で最も苦しんだ鈴木は、やがて自殺する。 鈴木が演じた実在の人物は、2018年3月7日に自分の命を奪った赤城敏夫。近畿財務局の発表後も続いた公文書の改ざん作業を反省し、自分の命を奪った。

ドラマの内容がこんな感じなので、シンクロニシティがすごいです。 あなたが彼に会った瞬間、そしてそれが映画のメインテーマであったとしても、誰が誰であるかを知ることができます 、実行時間の制限により、適切に処理されませんでした。 特に、東京オリンピックの入札と森友アカデミーのスキャンダルをカバーするための情報漏えいとメッセージング攻撃は、安倍政権の間に実際に実践された情報操作とメディアの家畜化の多くの技術を説得力を持って明らかにしました。

 

建設時の森友学園による国水穂記念小学校の建物。 15.2.2017ⓒ衆議院福島信行事務所



しかし、2018年には、森友学園の問題は財務局の24人の従業員に対して起訴されず、刑事責任の方向性を調査することはできなくなりました。 岸田内閣は、真実を突き止めるために残された唯一の民事訴訟(赤城家が国に対して提起した1億1250万円の国家補償請求)でさえ、岸田内閣で可決された。発表。 もちろん、安倍晋三と彼の妻の方向性と関与も迷路に終わった。

現実はめちゃくちゃになっているが、現実を裸で描写するこの作品に対するインターネットの反応は非常に熱い。 日本最大のレーティングサイトであるFilmarksのレーティングは5点満点中4.2点と好評。コメディに登場する架空のキャラクター、木下亮(横浜流星)に自分を映し出した若者たちの反応。それは素晴らしいです。

劇中、木下亮は日本の政治や社会問題に関心のない大学生として登場するが、一連の出来事を通じて社会を目覚めさせる人物として描かれている。

「Netflixは日本の救世主です」

 

「竜星を見て、今日のこの国だと思いました。政治や社会については何も知りませんでしたが、森友学園の事件はそうだったのです。本当に思い浮かびます。」

「(森友学園スキャンダル当時)正直なところ、野党がこのような無意味な攻撃を日常的に行っていることに悩まされていた」と語った。


 

NetflixドラマのシーンⓒNetflix



一方で、「Netflix」だからそんなドラマが出てくるのではないかとの意見も多かった。

 

「電通のしもべとなった日本の地上波放送局は、そんな話をすることはできない。地上波放送局は、政府、電通、メディアをカバーするこのようなドラマを作ることはできない。Netflixは、日本の衰退の中で民主主義の救世主になる可能性がある”。

「私は韓国ドラマのファンとして話しますが、日本のドラマはうまくいくと思いました。しかし、これらの社会的創造者は安倍政権下であらゆる種類の抑圧に苦しみ、作品を作る機会をとることができなかったので、韓国ドラマNetflix、日本の作家が日本社会のために彼らをたくさんサポートしてくれることを願っています。」



日本の多くの知識人、そして安倍政権時代の森友問題やあらゆるスキャンダルについて一年半書いてきた私、そして日本の多くの知識人の感情はどうでしょうか。それは私にとって新しいことではありません。 森友学園の問題についていくら書いても、多くの報告を説明するのは必然的に難しいからです。 実際に読んだ人はほとんどいません。 影響のない構造でした。

しかし、6話のドラマ 彼は安倍政権の象徴的なスキャンダルを非常に理解しやすく興味深い方法で説明した。 ドラマを見た人は、気持ちのいいショックを受けたと絶えず賞賛しています。 日本でも、Netflixのサポートがあれば、地上波テレビでは見られないような社会ドラマがたくさんあれば、Netflixは本当に日本を救うでしょう。






Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。