「日本がうまくいっていないので韓国は上がっている」…自民党トップレベルの発言

「首相になっても靖国を崇拝し続ける」
安倍首相を積極的に支持する極右の人物…「平和憲法」の改正を主導

▲自民党議長候補の早苗元首相。 東京ニュースAP聯合ニュース

安倍晋三前首相をはじめとする保守的な右翼日本軍に全面的に支持されている極右の女性政治家、高市早苗(61)は、下品な「登り」の表現で韓国を軽蔑している。 正祖高市大統領は、派閥の利害関係など、党内のダイナミクスによっては、次回首相に復帰する可能性を否定できない人物である。

正祖隆一大統領は19日、次期首相になっても、太平洋戦争のA級戦犯の葬儀が保管されている靖国神社を訪問し続けると発表した。

同日、東京で開催された極右グループ「靖国神社賛美靖国神社」主催のシンポジウムで、韓国や中国などの近隣諸国から靖国カルトへの反対を狙った。真ん中で礼拝をし、相手が靖国神殿を靖国神殿に登るように」と語った。 日本語の動詞「つけ上がる」は、「相手の優しさや優しさを利用して不正行為をする」、つまり韓国語の一般的な表現として「登る」という意味を持っています。

日本の首相の靖国訪問について、「主権国家の代表として、先祖に敬意と献身を示すのは当然だ。馬鹿になって文句を言うのをやめるのは楽観的だ」と語った。

会議の「礼拝の中止」の部分は、故中曽根康弘前首相や安倍前首相などが靖国を直接訪れ、その後、申し出のみを申し出るところまで撤退したことを示しているようだ。国内外で力強く成長しました。 。

日本の政界を代表する極右の歴史修正主義政治家である正祖隆一大統領は、靖国神社などの儀式に従って直接崇拝し続けた人物でした。

7日、与党・野党の日本議員が、太平洋戦争のA級戦争犯罪者が収容されていた靖国神社を2年2ヶ月ぶりにグループ訪問した。 写真では、尾辻秀久(左から2番目)を含む無党派のメンバーの集会のメンバー

クリックしてオリジナルを表示します。

▲与党・野党の日本議員が靖国神社をグループ訪問し、7日、太平洋戦争のA級戦争犯罪者が2年ぶりに制裁を受けた。写真、大辻英久氏(左から2人目) 「靖国神社を一緒に崇拝する国会議員会議」の無党派の集会が歩いて訪れます。
東京共同通信

戦犯旗を掲げた日本人男性が、第二次世界大戦での日本敗戦75周年を記念して東京の靖国神社を訪れる番を待っています。 東京ロイター聯合ニュース

クリックしてオリジナルを表示します。

▲日本人は戦争犯罪の旗をかぶって靖国神社を訪ねる
第二次世界大戦での日本敗戦75周年を記念して、戦争犯罪者の旗を掲げた男が東京の靖国神社を訪ねる番を待っています。 東京ロイター聯合ニュース

正祖高市大統領が昨年9月に自民党の大統領に立候補したとき、「私には信教の自由がある。

奈良県に9期在籍する正祖隆一大統領は、日本を自衛力(軍隊)を保有するなど、戦争が可能な国に変えるための「平和憲法第9条改正」の憲法改正を支持した。 )。 元テレビ司会者であり、安倍内閣の総務大臣を4年半務めた。 植民地支配と侵略戦争を謝罪した1995年の村山宣言を否定しただけでなく、日本軍による慰安婦の残虐行為について歪曲された発言を続けた。

自民党政務研究委員会の岸田文雄元委員長が17日、東京の自民党本部で大統領候補の記者会見を行う。AFPヨンハプニュース

▲自民党政務研究グループの岸田文雄元会長が17日、東京の自民党本部で大統領指名記者会見を行う。AFPヨンハプニュース

元日本の安倍晋三首相。  EPA聯合ニュース

クリックしてオリジナルを表示します。

▲元日本の安倍晋三首相。
EPA聯合ニュース

正祖自民党総裁は党の政策と立法を監督する責任がある。 昨年の大統領選挙でイデオロギー志向の高市を積極的に推し進めた安倍首相は、岸田に当選を迫って総書記に立候補させようとしたが、岸田文雄の拒否で失敗した。 これは、安倍と岸田の間の寒さの高まりの主な要因となった。

キム・テギュン

Nakasone Moe

「認定ベーコンオタク。邪悪なソーシャルメディア狂信者。音楽家。コミュニケーター。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。