「日本人が高い教育水準を持っているのは素晴らしいことです」…日本は「低い教育」を心配していました

画像の説明2019年に東京大学の入学式が武道館で開催されました。 [사진=연합뉴스]

日本の経済成長を支えてきた「タレントエントリー」モデルが揺らいでいることが指摘されています。 韓国のように天然資源が比較的少ない日本は、教育水準の高い人々に頼って発展してきました。 しかし、時代の変化とともに必要な人材の質も変化しましたが、改革が遅れているため、日本は世界のトレンドに遅れをとっています。

2人の日本経済新聞(日経)は、「日本では大学教育は普遍的で教育水準が高い」と強調し、日本人だけの「幻想」であり、日本はすでに「教育水準の低い国」になりつつある。先進国教育省科学技術学術政策研究所のデータによると、日本の博士課程の学生数は、米国、英国、ドイツ、韓国に大きく遅れをとっています。

2018年の100万人当たりの博士課程の学生数は、日本で131人、韓国で290人でした。 2007年には、米国の日本人卒業生の数は276人から117人に減少し、世界で21位にランクされました。 特に、中国を含む6か国のうち、1人当たりの博士課程の学生数が10年前に比べて減少したのは日本だけでした。

その意味で、日本の産学連携は大学院での教育を通じた人材育成に注目しています。 日本の「メルカリ」ニンジン市場は、今年から日本の博士課程に従業員を派遣する予定です。 6月までに約5名が選出され、「博士号取得者が活躍する職場環境をつくりたい」を目指しています。 選考の目的には、研究職以外の職種が含まれ、3年間の税金を支払い、1時間ごとの勤務と欠勤を認めることにより、互換性のある仕事と研究文化を開くことを方針としています。 日経によると、米国のベンチャー支援制度であるSBIR支援を受けている企業代表の74%が博士号を取得しています。

著名な科学論文数の国際ランキングでは、日本は1990年代まで世界3位でしたが、いわゆる「失われた30年」を経て2018年には10位に落ちました。 同じ時期に、日本の産業競争力も後退した。 日経は、日本はイノベーションを推進する才能を育てていないという構造的な弱さの問題を抱えていると指摘した。 主な原因は、大学院に比べて高等教育の必要性に対する社会的認識の欠如にあります。 学士号のみが企業採用の基準となる社会では、研究大学院の魅力を高めることはできないことを強調しておきます。

日経は、学業の過剰能力の問題と、学者よりも社会的経験を重視する一般的な雰囲気がこの傾向を後押ししていると考えています。 日本中央教育委員会の渡辺浩一郎会長は、「私たちの世代までは、大学を卒業したばかりなら大丈夫だったが、これからは違うだろう」と強調した。

日本はまた、専門の研究者を育成するために武器を上げています。 その代表的な例が、早稲田大学を中心に、日本の公立・私立13大学が2018年から推進している「電力・エネルギー・専門能力開発プログラム」です。 目標は、学界や産業界の脱炭素化などのエネルギー分野に貢献できる博士課程のスタッフを養成することです。 各大学の卒業生や会社員が参加しています。

しかし、日経は、日本の現在の優先事項は、文部省などの政府の高等教育政策の長としての役割の欠如であり、企業が教育スタッフを雇うことはめったにないという事実を指摘した。より高い。 同紙は、教育と産業界が協力して長期的な視点で対応しない限り、現在の危機を回避することはできないと述べています。

[신윤재 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。