「日本戦争犯罪」の公式アカウントにライトコインが投稿されました…噂が再び

主要な主要なアルトコインであるライトコイン(LTC)の運営拠点は、日本の旭日旗とライトコインのロゴを組み合わせた投稿を公式ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)に公開し、韓国の投資家の怒りを呼び起こしました。

30日、ライトコイン財団は、ツイッターの関係者が作成した旭日旗とライトコインのロゴの合成画像を「リツイート」しました。

これは、ライトコインが日本を代表する仮想資産交換協会(JVCEA)によって最近事前に選択された18枚のコインの「グリーンリスト」に含まれたことを祝う意図として読まれています。 かつて時価総額でトップ5にランクインしていたライトコインは、今やトップ20に押し上げられ、以前のステータスは大幅に衰退しましたが、日本では安定した存在感を示し、比較的人気があります。

戦犯旗の物議を醸すイメージを投稿したライアンライトは、LitecoinFoundationの役員およびOnyxCoinアドバイザーとして自己紹介します。 韓国のツイッターユーザーは、「韓国のライトコイン保有者は憤慨している」と「この問題をもっと研究し(戦争犯罪者)、謝罪する必要がある」と抗議した。 それは日本人への侮辱であり、「両国間のオンライン紛争は激化しています。

ライアン・ライト氏は、「事前にそのような問題を認識していなかった。画像を削除し、新しい画像を作成して、再度投稿する」と述べた。

赤い丸と白い背景の対角線で構成される旭日旗は、日本の戦争犯罪者の象徴として韓国でよく知られています。 日本政府は、1870年に日本陸軍旗、1889年に日本海軍旗として採用された旭日旗のデザインは「伝統的なパターン」であると主張しているが、旗が後に実行の過程で使用されたという事実を完全に無視している。植民地侵略の戦争。 このため、西側では、ドイツのナチス戦争犯罪者の象徴であるハーケンクロイツに比べて、戦争犯罪者の旗としての戦争犯罪者の旗の認識は高くありません。

最近、外務省は旭日旗を称える広告動画を​​制作し、世界中に配信し、再び論争を巻き起こしました。 ビデオも韓国語で制作され、YouTubeなどを介して広告として配信されました。

YouTubeの広告ポリシーでは、「人種差別や憎悪を助長するコンテンツは広告として禁止されている」と規定されているため、YouTubeKoreaの対応に問題があるとの世論がありました。 27日、VANKサイバー外交使節団はYouTubeコリアに抗議書簡を送り、広告の禁止を求めた。

ライトコインの信頼性は、偽のプレスリリースでの暴動に続く現在の戦争犯罪論争のためにさらに低下しました。 昨年9月、「すべてのウォルマートeコマースストアがライトコインの支払いをサポートしている」というニュースがニュースリリース配信会社のニュースワイヤーを介して報告され、ロイターやCNBCなどの人気メディアがこれを報告しましたが、ライトコインがこれを否定したため、最終的に判明しました偽のニュースになります。 一方、Litecoin Foundationは、公式SNSにニュースを真実であるかのように投稿しましたが、それを削除するだけで混乱を招きました。

HyungDooLeeレポーターdudu@etnews.com

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。