「気候変動緩和技術に関する韓国の特許数は日本の3分の1に過ぎない」

[팍스넷뉴스 유범종 기자] 分析によると、気候変動を緩和するための韓国の技術保護のレベルは、主導権を握っている米国、日本、ドイツと比較して不十分である。 特に、韓国の関連特許の数は日本の約3分の1に過ぎないことがわかりました。 韓国の画期的な炭素削減については、技術力を確保するための選択的投資とともに政府の支援を拡大することが急務であることが強調された。

韓国産業連盟が17日に発表した「気候変動緩和技術に関する特許の現状と影響」報告書によると、2014年から2018年までの韓国における気候変動緩和技術の特許の累計数は8635件でした。同期間に主要国である日本(23,035)、米国(18,329)、ドイツ(11,522)よりも低い。

(出典=全米起業家連盟)

特許の数だけでなく、品質レベルも問題として報告されました。 韓国は、水素削減のための鉄鋼や温室効果ガス(CCUS)の回収、貯蔵、利用などの革新的な削減および吸収技術を提供する点で、主要国と比較して競争力が低い。

韓国は、CCUS、下水および廃棄物処理、建物および建物、輸送技術、製品の製造および加工、エネルギーの生産、送配電​​を含む、気候変動緩和の上位6つの技術分野の中でエネルギー生産、送配電​​および配給で3位にランクされました。 。 残りの5つのフィールドでは、比較対象の4か国の中で最も低い国がランク付けされました。

特に、CCUSの場合、韓国で出願された特許の数は、2014年から2018年の間に98件の累積件数であり、同期間の1375件のOECD特許の総数の7.1%にすぎません。 この期間中、米国のCCUS特許のシェアは38.2%、日本は15.5%でした。

FKIは、韓国の大企業に対する研究開発支援が、経済協力開発機構(OECD)の最下位にあり、主要国と比較して気候変動の緩和に対する韓国の対応が不十分であることに注目した。

実際、昨年、韓国は、減税率と大企業の研究開発費の免除について、OECD加盟37カ国中31位にランクされており、研究開発インセンティブが不十分であったことを示しています。 主要国の大企業の研究開発税減税率を考えると、ドイツが19%、日本が17%、米国が7%、韓国が2%の順で1位にランクされています。

(出典=全米起業家連盟)

さらに、内部の研究開発費は非効率的であることが判明し、政府の支援の欠如も問題としてフラグが立てられました。 国内総生産(GDP)に占める韓国の研究開発費は、2020年のイスラエルに次ぐ世界第2位ですが、特許技術の質は低いです。

これらの特徴は、特許の品質レベルを示す三極特許(米国特許商標庁(USPTO)、日本特許庁(JPO)、欧州特許庁(EPO)に登録されている特許)の現状で完全に明らかにされています。 。効率、生産性および市場性。 2015-2019年の韓国の総三極特許比率は15.1%であり、日本(35.1%)、ドイツ(30.5%)、米国(18.7%)よりも大幅に低かった。 特に、民間を除いた政府の研究開発特許の割合を見ると、依然として10%にまで落ち込んでいます。

(出典=全米起業家連盟)

その結果、FKIは、画期的な炭素削減のためにCCUSなどの重要なセクターで技術(特許など)を確保する必要があるため、リソースを拡大し、研究開発投資を支援する必要があると述べました。

FKIの関係者は、「政府主導の研究開発に加えて、大企業のような民間の研究開発を促進するために、財政支援などのより積極的なインセンティブが必要になるだろう」と述べた。

Ⓒ私たちは新しい目で市場を見ています。 PaxnetNewsの無断転載および配布は禁じられています。

Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。