「海外の参加者は自己検疫を解除し、海外旅行の売り上げとリクエストが増加します」










Trip.com、2022年3月の国際線トップ10/写真=Trip.com

[파이낸셜뉴스] 最近2年以上施行されている「特別旅行案内」の解除や海外旅行者の検疫免除などにより、海外航空券をお探しの旅行者が急増しています。

その結果、Trip.comは、コロナウイルスの前後のチケット購入の変更が発表された3月頃のデータを通じて、海外のフライト購入と国内旅行者の問い合わせの傾向を分析しました。外国人旅行者の自己検疫の免除。

2019年1月から2020年2月までの、コロナウイルス以前の最も人気のある上位50の航空路線を比較分析した結果、ソウルと済州、釜山と済州を除くすべての人気路線が海外路線で占められていました。 航空券の予約は、△中国(19.3%)△日本(18.8%)△ベトナム(12.3%)△フィリピン(11.5%)△タイ(5,7%)などの近隣アジア諸国で主に活発でした。

しかし、2022年3月に海外旅行者の自己検疫免除が適用されて以来、チケット購入の傾向は徐々に変化しており、海外からの注文を分析した結果、△アメリカ(18.9%)△フィリピン(15%)△ベトナム(10.9%)△日本(6.4%)△タイ(5.4%)△フランス(5.1%)△インドネシア(4.8%))△スペイン(3.6%)△トルコ(3.6%)△イタリア(2.7%)がアメリカとヨーロッパの順で1位。 。

Trip.comの航空部門の関係者は、「国境を迅速に閉鎖し、長期的な非運用措置を採用した中華圏や東南アジア諸国とは異なり、南北アメリカとヨーロッパは、比較的柔軟な移民と安定した流れに関する規制を維持しています。同氏は、「オファーは調和しており、販売率は上昇しているようだ」と述べた。

東南アジアの販売台数も着実に増加しており、3月15日から始まったTrip.comの「ベ​​トナムのフライトとホテルスペシャル」の影響を受けたベトナムの分析も含まれています。

海外からの到着者に対する自己検疫の免除により、国内外の旅行への期待が高まり、海外路線の予約や要望が増え続けています。

すべてのTrip.com製品の注文量を分析した結果、2022年3月には2022年2月と比較して52%以上増加し、海外航空券の1日あたりの売上高は最大11倍に増加しました。

この海外旅行の需要は、カスタマーセンターからの問い合わせが急増していることからも確認できます。 3月のTrip.comカスタマーセンターの問い合わせは前月比213%増加し、海外からの参入手続きやボラティリティに関する問い合わせがほとんどでした。

yccho@fnnews.comレポーターチョ・ヨンチョル








Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。