「独島」が挑発する日…最もねじれた日韓関係の解決策?

韓国と日本の副外相は11月17日にワシントンDCで会合した。 岸田文雄政権発足以来、初めての韓日交流会でしたが、寒い雰囲気でした。

先週の金昌龍の独島訪問に対する日本側の反対から、気分は衰えていません。

本日の朝日新聞報告(25)によると、与党自民党は昨日の合同会議での金総書記の独島訪問を受けて、韓国に対する対抗策を検討するチームを結成することを決定した。 これは、党の政治組織である外務委員会と外交委員会によって確立された方針です。

林芳正外相は関係チームの検討を経て具体的な対策を提案すると言われているが、国際司法裁判所(ICJ)との訴訟が審議中であることが知られている。

同様のことが過去に何度か起こっています。 例えば、今年1月、日本軍の「慰安婦」の犠牲者を補償するという日本の責任を認めた韓国の裁判所の判決が出たとき、自民党外務省はまた、当時の外務大臣に、苦情を申し立てるなどの対策を検討するよう求めた。 ICJと罰金で。 ただし、このリクエストは許可されませんでした。

また、韓国国会では、外務統一委員会の一部のメンバーが日本側からの正式な抗議を呼びかけ、金氏の独島訪問に関する韓国、米国、日本の外相の共同記者会見を事実上キャンセルした。問題。

そんな中、本日、韓国日報主催のフォーラム(韓国日報2021-日韓関係:協力と尊敬の未来に向けて)が開催され、日韓関係者が一堂に会しました。関係。

特に、日韓関係に対する日本の見方を幅広く検討する機会となりました。

■日本の当局者「強制動員の判決、韓国の内部問題…解決策を見つけなければならない」

「韓国は解決策を見つけなければならない」。 これらは、今日のフォーラムで日本人の役人が一般的に話す言葉です。

日韓関係の悪化の根本原因である歴史的問題、特に日本の強制労働の補償に関する韓国の裁判所の判決を解決する上で、韓国側が主導的な役割を果たすべきであると主張されている。

元駐米日本大使杉山晋輔氏が11月25日に開催された2021年コラシアフォーラムにビデオで参加(出典:ハンクックイルボライブビデオキャプチャー)元駐米日本大使杉山晋輔氏が11月25日に開催された2021年コラシアフォーラムにビデオで参加(出典:ハンクックイルボライブビデオキャプチャー)

韓国での経験を持つ元駐米日本大使杉山晋輔氏は、ビデオでフォーラムに参加し、「入隊労働者(強制動員)の問題は、国内法と国際法が対立する典型的な事例だと思う。 「この基本的な法的認識に基づいて、韓国は政府と韓国全体が努力することを望んでいます。」

「そのような状態で、日本政府と日本レベル 「私たちが協力できる何かがあれば、私たちは話し合い、協力しなければなりません」と彼は言いました。

元外交官で元自民党議員の松川るいさんも動画で参加した。 「韓国と日本の最大の問題である徴兵問題に関する韓国の地方裁判所の判決の問題を解決できなければ、日韓関係の本当の解決はないと思う」と彼は指摘した。 。

それで “これ 問題は韓国の裁判所に関係しているので、どうにかして韓国政府に解決策を見つけてもらいたい」と語った。

松川代表は「(強制動員の問題) 韓国側が問題を解決することを具体的に示してくれれば、これをもとに信頼を取り戻し、さまざまな分野で協力できると思います」。

読売新聞ソウル事務所長の豊浦淳一氏もフォーラムで、「日本人が(韓国が言うように)「2つのトラック」という言葉に嫌悪感を抱く理由は、単に重要な問題に協力すべきかどうかという疑問があるからだ。過去の」と彼は言った。 文在寅政権は(過去の問題に対する)解決策を真剣に検討し、それが「単一の道」であるならばそれを迅速にもたらすと信じられている」と彼は分析した。

「何よりも、これは韓国で起こったため、日本だけでは解決できない問題だ。脱出できる」と語った。

日本の当局者はまた、韓国は2015年に韓国と日本の間のいわゆる「慰安婦協定」を適切に遵守しなかったと述べた。

松川代表は、「日本の観点から、日本側が約束を破ったことは一度もないということは非常に明白だ」と述べた。

11月25日に開催された2021年コラシアフォーラムのビデオに参加した自民党の松川るい(出典:韓国日報ライブビデオキャプチャー)11月25日に開催された2021年コラシアフォーラムのビデオに参加した自民党の松川るい(出典:韓国日報ライブビデオキャプチャー)

杉山元大使も「私は熙(日本)が最終合意と見なした、いわゆる「慰安婦」の問題に関するいわゆる「岸田文雄合意」は、法的な合意ではなく、単なる書面による政治的合意であった。その内容は、小規模な合意とは比較できないほど多かった。 とても意味があると思います。 「」

「ようやく合意に達し、韓国を中心にあまり支持されていないのが残念で、いわば空中に浮かんでいるような状況になっていると思います。 。」

■「強制動員の問題は、両国間の信頼を回復しなければ解決されない」

しかし、日韓関係を解決するための主な方向性について、韓国と日本の当局者の見解が合意した点があった。 重要なのは、関係を改善し、信頼を回復するという確固たる意志でした。

杉山元大使は、関係悪化の主な原因として、両国の関係改善意欲の弱体化を挙げた。

「韓国と日本の問題は当初から存在していたが(過去の問題)、どういうわけか未来志向の関係を築くという心と意志と決意は相互に関連していると思う。消えた」と語った。 。

「日韓関係自体は(外交関係の正常化後)最悪かもしれないが、国民の一般的な感情は悪化していないと思うが、前向きな部分を見れば状況は改善されたはずだと思う。 ” 彼が提案した。

杉山晋輔元駐日日本大使は、11月25日に開催された2021年コラシアフォーラムでインタビューを行った。  (出典:韓国日報ライブビデオキャプチャ)杉山晋輔元駐日日本大使は、11月25日に開催された2021年コラシアフォーラムでインタビューを行った。 (出典:韓国日報ライブビデオキャプチャ)

現在の日韓関係を「複数の骨折の状態」と比較した元駐日大使のシン・ガクス氏も、「最も重要なことは、問題を解決するための両国の政治指導者の意欲である。これは政治的意志です。それは重要だと思います」と彼は言った。

フォーラムの最終討論には、駐日大使を務めた韓国外交協会の李淳ギュ会長が参加し、より具体的なロードマップを提案した。

李大統領は、「(強制動員の問題について)日本側との協議を解決することは非常に難しいと思う。日本側は、いくら計画を立てても、耳を傾ける準備ができていないからだ。それを受け入れなさい。彼らと一緒に。」

同氏はさらに、「(政治指導者の)日本との関係を改善する必要性についての確固たる意志は、関係を改善するための最初の前提条件である」と述べた。 私はその考えを思いついた。 「就任後6ヶ月以内に日本との関係を改善するための革新的な措置を講じることに関連している。

李大統領は、「大統領就任の最初の祝辞で、「金大中宣言」に匹敵する日本への政策を発表すると同時に、これは追悼演説の真の意味、私たち(義務)は、動員の問題を解決するために、日本が耳を傾け、さまざまな状況に耳を傾ける意欲のある雰囲気を作り出すと思います。

「このようにして信頼関係がある程度回復すれば、徴兵制(強制動員)と慰安婦の問題について実践的な知恵を集めることで解決策を見つけることができるだろう」と彼は予測した。

強制労働補償の判決を解決する方法論のいくつかと、日本の企業資産を現金に変換する継続的なプロセスも、フォローアップ措置として引用されました。

議論に参加したクックミン大学日本研究教授のイ・ウォンドク氏は、「強制動員の判断は、人権問題であるだけでなく、外交問題でもある。日本の企業資産の強制執行。私は行かなければならない」と述べた。

「現時点で最も合理的な解決策は、韓国政府と日韓苦情協定の恩恵を受けている企業が、強制労働の犠牲者を支援するための基金(一人当たり1億ウォン)を設立し、日本政府の補償の合法性に対する権利」と彼は言った。これはいわゆる「サブロゲーション」法である。

読売新聞ソウル事務所長の豊浦淳一氏は、代理出産の提案は「日本にとって受け入れられる計画」であると述べたが、その期待は今や消え去った。

確かに、韓国政府は強制動員の問題を解決するために日本に様々なアイデアを提示したことで知られていますが、日本からの反応がない状況では、冷流はもうしばらく続くようです。 両国間の信頼を再確立するという任期の任務。

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。