「私の給料は月額たったの1000万ウォンだ」と日本国会議長は不満を述べた。

画像の説明昨年10月の衆議院本会議で首相選出投票が行われた。 [사진 = 연합뉴스]

「議員の月給はたったの100万円だ」

細田博之衆議院議長は、10日に東京で開かれた自民党衆議院議長の政治基金党にこれらの発言をした後、世論の批判に直面している。11日の朝日新聞やフジテレビなどの日本のメディアによると、大統領細田氏は党で「(会員は)どうやって給料がもらえると思うか」と言った。そんなに稼げるのかどうかはわからないが、上場企業の社長はいつも1億円以上もらっている」と語った。言った。

王冠危機前の日本の議員の財政支出は129万4000円(約1280万ウォン)だったが、王冠危機後は約20%減り、現在は103万2000円(約1020万ウォン)になっている。 。

日本の国民議会では、近年、会員数の削減の必要性について議論が行われているが、細田大統領も意見を述べている。 一人当たり100万円以下の議員を少し増やしても、罰はないと思う」と述べた。 彼らは、会員数を減らすのではなく増やす必要があるとの意見を表明した。

これらの発言は、日本のユーシンホエなどの野党から批判されてきた。 日本維新の会事務局長の藤田文武氏は、「国民の観点からは不可能だと思う」と述べた。 与党の自由民主党内でも、「行き過ぎだ。すぐに辞任したい」などの抗議。

日本人からも批判が高まっています。 フジニュースネットワーク(FNN)へのインタビューで、日本人は「私は一般の人とはお金の概念が違う」と答え、「100万円は100万円なので、100万円とは言えないほうがいい」と答えた。私たちのためにたくさんのお金」。

確かに、予算が不十分だと考えている日本の議員は細田だけではないようだ。 国会の匿名のメンバーはフジテレビに、「あなたはたくさんのお金を稼いでいると思うかもしれないが、税金、電気通信、コンピューターの家賃の後、実質収入はあまりない」と語った。

一方、現在の日本国会の定足数は、衆議院議員465名、衆議院議員245名、計710名である。 大韓民国国会事務局によると、2020年の大韓民国国会議員一人当たりの年間税額は151,879,780ウォン、月給は12,65,640ウォンだった。 これは、オフィス運営費や車両整備費などの政治活動に必要な「支援費」を除いた金額です。 現在、韓国の国会の定足数は300です。

[신윤재 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。