「至高の王」である安倍首相が岸田文雄首相を呼んだのはなぜか。[김보겸의 일본in]

安倍晋三前首相が岸田文雄首相を「いじめ」(画像= AFP)で暴行したという主張があります。
[이데일리 김보겸 기자] 変異型オミクロンウイルスが蔓延する間、ショーは続きます。 冬季オリンピックは2月に中国の北京で開催されます。 しかし、ゲスト席はかなり空いているようです。 これは、岸田文雄首相や日本の大臣が参加しないためです。

先月24日、日本政府は北京オリンピックの「外交ボイコット」を宣言した。 この点で、日本政府は、「いじめ」に苦しんでいた岸田文雄首相が実際に和解のために安倍晋三前首相に連絡したと見ている。

2022年北京冬季オリンピック(左)とパラリンピック(右)のマスコット(写真= AFP)

北京オリンピックの外交ボイコットの背後で、安倍首相に圧力がかかった

時間は先月の6日にさかのぼります。 米国が北京オリンピックの外交ボイコットを公式化した日。 その日、東京のホテルで、自民党最大の派閥である安倍派(95人)の派閥を集めるための党が開かれた。 彼らはパーティーチケットを販売し、それらを政治資金として使用します。

最初は彼は友好的だった。 2,000人が参加した党では、安倍前首相が2つのことを強調した。 一つは、安倍派が自民党最大の派閥であり、岸田政権を支持する意欲があることです。 これをのれんの単純なビジョンとして見ることは困難です。 永田町の政区No. 1水中で激しい権力闘争が繰り広げられている日本では、見た目だけで判断するべきではありません。

安倍首相はこの会合で突然中国に言及した。 中国は「軍事力に基づいて一方的に現状を変えようとしている」と強調しながら、中国と日本が領土を持っている尖閣に言及し、「自分たちの手でそれを守らなければならない」と声を上げた。紛争。

日本の政治では、安倍首相の意図的な中国への言及は、北東アジアの平和を求めている岸田首相に圧力をかけようとする試みと見られている。 いつも「安倍派が最大の派閥だ」「岸田文雄を支持する」といつも言っていた安倍前首相の「ホンネ」は、実は次のようなものだ。 「岸田首相が過度にリベラルになると、「最大の勢力」である安倍派が首相への支持を撤回するだろう」と語った。

北京オリンピックの外交ボイコットに参加する圧力は徐々に高まっています。 先月の13日、安倍前首相がBS日本に出演し、「時間を買うメリットは何か」と不満を漏らした。 そして、日本政府にできるだけ早くボイコットに参加するよう促した。 それに応えて、岸田首相は米国と同じように外交ボイコットを宣言し、近隣諸国との近隣関係を重視する宏池派の伝統から撤退した。

岸田首相は自民党総裁選出以来、安倍首相と一線を画している(写真= AFP)

線を引く岸田に…阿部はいじめにいるの?

安倍晋三前首相は岸田首相との関係が難しい。 昨年の自民党総裁選挙では、安倍晋三前首相の全面的な支援は岸田文雄ではなく、正祖現大統領の早苗隆一氏だった。 「女性阿部」としても知られる高市は、A級戦争犯罪者が収容されている靖国神社を崇拝した極右代表であり、安倍首相が推し進めた自民党の自由化に不満を抱く保守派が増えている。高市にとっては、「真の保守党」の姿を見せるべきだと決意している。

「阿部女」としても知られる早苗隆一。 安倍首相は自民党総裁の選挙を全面的に支持した(写真= AFP)

しかし、岸田首相が自民党の党首に選出されたとき、反撃が始まった。 これは安倍首相の意向に沿ったものでした。 まず、岸田首相が書記長に任命したのは福田達夫です。 福田康夫前首相の息子であり、安倍晋三前首相と対立し、近隣諸国との関係改善に注力している。 日中友好連盟の会長を務めた親中国人の林芳正氏が外相に任命された。 林氏はまた、来たる衆議院選挙から山口選挙区の指名を求めて安倍前首相と競争しなければならない天敵でもある。

岸田首相は、人事だけでなく、政治においても安倍首相と一線を画している。 岸田首相は先月21日の記者会見で、成長政策として「流通を実施することで、成長を支え、その後の成長につなげる新たな需要を創出する」と述べた。 岸田文雄政権の経済的地位は、成長を最優先するアベノミクスの経済的地位とは異なることは明らかであると推定されます。 安倍前首相は激怒した。 同月26日、テレビ放送に出演し、「経済政策の根本的な方向性をアベノミクスが変えてはならない。 市場は同じことを期待しています」。

安倍首相は、健康問題から引退した後も、毎日の水準を引き上げることで保守派の育成に力を注いできた。 典型的な例は、憲法改正の問題です。 日本を戦争に備えた国にするために、岸田政府は憲法改正を完了するよう圧力をかけられています。 自民党の関係者は、日本の週刊現代に、「保守的な代表である安倍首相が選手を殴ると期待は高まるが、岸田文雄の振る舞いが違うと失望感が高まる。これが安倍首相のイジメ法だ。歴史上、政府に奉仕することは、憲法を改正する多くの機会がありましたが、彼はそれを鳩である岸田首相に引き継いでいると言われています。

安倍晋三前首相のアプローチは懸念を引き起こしている。 もちろん、元首相として舞台裏で影響力を維持しようとする安倍首相の意欲は、政治家としては当然かもしれないが、外交と安全保障を道具として使うべきではない。 元自衛隊の将校は、次のように述べています。 しかし、私は戦争に行きたくない、と彼は言った。「私たちは最後の最後まで外交を通して戦争を避けるように努めるべきです。」

*読者。 新年が明けました。 私は3月の選挙のために政治部門に送られました。 [김보겸의 일본in]しばらく休憩します。 私は選挙後に戻ってきます。

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。