「親中韓流」日韓関係を改善するための新日本外相、青信号の注目は?

10月に行われた衆議院選挙で勝利した日本の自民党政権は、6月10日に岸田で2番目の内閣を立ち上げた。

先月自民党首相に選出され、第100代首相となった岸田文雄首相は、同日午後の臨時国会で第10代首相に復帰した。

第2次内閣では、茂木敏充元外相が自民党総書記に任命され、第1次内閣の大臣は空席を除いてそのままであった。

彼は日日議会連盟の会長であり、朝鮮通信社の書記官でした。

したがって、林芳正外相に焦点が当てられている。

今年60歳になる林新外相は、東京大学法学部を卒業し、ハーバード大学ケネディスクールで学んだ。 三井物産で働いた後、自民党が山口県の選挙区に任命されて以来、1995年に参議院に初めて選出された。

それ以来、彼は副会議所だけで5回選出され、国防大臣、農林水産大臣、文部科学大臣を務めてきました。 彼は次の首相になるという彼の野心を秘密にせず、実際に2012年に自民党の大統領に立候補した。 彼はまた、父親が厚生労働賞を受賞した遺伝性議員でもあります。

林外相が脚光を浴びているのは、岸田首相が率いる岸田派閥(宏池会)の二番目のメンバーであり、アジア外交を重んじる政治家だからだ。

林外相が所属する宏池会は、平和外交を第一義とする派閥であり、穏健派でもあり、韓国や中国との友好関係を主張してきた。

特に、朝鮮通信社の国会交換委員会の書記であり、日中友好協会の会長でもある。

岸田の「動き」は阿部の影から抜け出す?

 

▲ [일본저격] 首相になった今、やりたいことをやります…岸田の反乱?
Ⓒキム・ユンサン

関連するビデオを見る

もう一つの理由は、岸田首相が、前回の総選挙で重要な役割を果たした安倍晋三前首相の意向に反して、身近な林代表を外相に任命したことである。

安倍首相はまた、衆議院選挙で敗れた後辞任した甘利明元秘書に代わって、極右の早苗高市早苗大統領を推し進めた。 しかし、岸田首相がこれを拒否し、もてぎを外相に任命したことから、2回目となる。

このため、岸田首相と安倍首相の影から抜け出そうとしている安倍首相との間で権力闘争が繰り広げられているという見方もある。

また、林新外相と安倍前首相は同じ山口県の隣人であり、次の選挙で合併することが見込まれていることから、安倍側の注目が高まっている。

一方、安倍首相は、自民党内で最大の派閥である細田派閥の議長に就任し11、派閥名を安倍派に変更したことで知られる。

世宗大学校の保坂祐二教授は8日、「林新外相は中国だけでなく韓国とも友好関係を望んでいることが知られており、韓国の政治家も何人かいる」と述べた。 もう少し待たなければならないが、日韓関係の改善には青信号になるかもしれない」と述べた。

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。