「運動後やおやつとしても人気」…日本でトフバを売る秘訣

画像の説明プルムウォンのホーム高タンパク豆腐バー(左)と日本の豆腐バー。 [사진 출처 = 풀무원]

プルムウォンの植物性たんぱく質製品「ドゥブバ」は、日本で30〜50歳の男性に人気を博しています。

20日のプルムウォンによると、昨年日本のコンビニエンスストアで最も売れた商品に選ばれた豆腐バーは、発売からわずか1年で累計販売台数が1,000万本を超えました。

トフバは、プルムウォンの日本子会社である朝彦が2020年11月に発売した植物由来タンパク質食品です。日本のコンビニエンスストアのセブンイレブンチャネルでのみ販売されていますが、この結果は、日本の消費者からの需要を正確に理解しているためです。簡単に健康管理をしたい。

朝彦は「高タンパク」と「便利さ」をポイントにしています。 豆腐バーには、100gあたり約14.7gのタンパク質が含まれています。 これは、日本のきぬごし豆腐(高濃度豆乳をそのまま切った豆腐)のたんぱく質量の2.7倍です。

食べやすいスティックの形で作られているのも効果的です。 プルムウォンの関係者は、「30歳から50歳までの日本人男性は、朝食の代わりにトフバを楽しんだり、運動後のタンパク質に使用したりすることが多い」と説明した。

さらに、コンパクトな一貫性に対する優先度も高くなっています。 豆乳の濃度、にがりの量、製造工程の途中でタイミングを調整することで、通常の豆腐よりもはるかに丈夫になるのが豆腐バーの特徴です。

このように作られた豆腐バーは、日本でプロテインスナックとして人気を博した「サラダチキンバー」に似た食感です。

朝彦は、トフバの人気のおかげで追加の製品を発売することでその範囲を拡大することにより、消費者の需要に積極的に応えています。 当初は、海苔と鰹節を使った「わふだし」と、ピーマンと杉を使った「柚子胡椒」の2種類が発売されました。 ‘が追加され、合計3つのトレーニングタイプが作成されました。

朝彦は、2つの現地製造施設でラインを拡張することにより、以前の約2倍の供給が可能になるため、興行収入の加速を期待しています。 今月初めから、セブン&アイ・ホールディングスグループのチェーン全体であるセブン-イレブンが「セブンプレミアム」として全国に販売し、月半ばにはイトーヨーカ堂、ヨクマートへの販売拡大を計画している。提携スーパーマーケットです。

プルムウォンの関係者は、「豆腐バーは、主に日本の30代から50代の男性の間で、朝食の代用品、運動後のタンパク質摂取、または健康的なおやつとして人気が高まっています。美味しくお楽しみください。」

一方、日本で最初にヒットした豆腐バーは、昨年、韓国で「高タンパク豆腐バー」という名前で発売され、ミールリプレイスメントやスナックとして人気が高まっています。

[이하린 매경닷컴 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Nakasone Moe

「認定ベーコンオタク。邪悪なソーシャルメディア狂信者。音楽家。コミュニケーター。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。