「金大中大統領のような人は日本にはいない」…日本の外交官の嘆き

日本、G7男子生徒→下級生転倒…政治は選挙に勝つことを目指している
「金大中、サッチャー、メルケルのような指導者が必要だ」
魅力と人間のカリスマ性を兼ね備えたリーダー見えない現実
「世論を追いかける政治家は真実だ」

▲金大中前大統領。 ソウル新聞DB

「金大中大統領は、米国での10年以上の引退や亡命など、多くの困難を乗り越えてきた政治家でした。 困難な時期を語ったときの悲惨な表情と、幸せなときの優しい顔が印象的で、人間の魅力を感じさせてくれました。

日本外務省の元副大臣として国内外で高い評価を得ている人は、日本が「失われた30年」から抜け出すために、故金大中(1924)のような政治指導者であると指摘した。 〜2009)、元韓国大統領がやった。 しかし、金前大統領のように人間的な魅力とカリスマ性を備えた指導者は日本にはいないと不満を漏らした。

日本総合研究所国際戦略研究所所長の田中均(75)は、16日の日本の経済週刊誌「ダイアモンド」のために書かれた長い記事の中で次のように述べています。顔と歴史の変化「元大統領キム・マーガレット・サッチャー(1925〜2013)、元英国首相、元ドイツ首相アンジェラ・メルケル(68)が、危機を克服するために日本が注目すべき指導者として選ばれた。 。

日本総合研究所国際戦略研究所所長田中均。 ソウル新聞DB

▲日本総合研究所国際戦略研究所所長田中均。 ソウル新聞DB

田中大統領は2002年に外務省アジア海洋局長を務め、小泉純一郎首相と北朝鮮の金正日総書記との間で歴史的な第1回日韓首脳会談を推進する上で主導的な役割を果たした。 今日でも、彼は多くの官僚や若者から「最も尊敬されている外交官」と見なされています。

「今日、日本の政治は選挙に勝つことを約束しており、「20年または30年が失われた」後、中長期的な任務は無視されています。 今、日本には、問題を解決する強い意志を持って前進できる政治指導者が必要だ」と語った。

「独裁政権と戦って民主主義を勝ち取った金大中の圧倒的なカリスマ」

田中大統領は、金氏を「軍事独裁政権と常に戦ってきた人物であり、自宅軟禁と懲役、そして何度か殺人の脅迫を受けて死刑を宣告された」と述べた。

1999年11月にフィリピンのマニラで開催されたASEAN + 3(韓国-中国-日本)サミットでの日韓サミットで、金大中前大統領(右)と小渕恵三元首相が争っている。ソウル新聞DB

クリックしてオリジナルを表示します。

▲1999年11月にフィリピンのマニラで開催されたASEAN + 3(韓国-中国-日本)サミットでの日韓サミットで、金大中前大統領(右)と小渕恵三元首相が戦っている。ソウル新聞DB

「大統領に就任後、財閥改革と情報技術(IT)産業の育成に注力し、外国為替危機後の経済的困難を克服し、1998年に当時の首相と日韓間の協力に関する共同宣言に署名した。大渕圭三。」 彼がやった。

「当初は日本に対して厳しい姿勢を示していた与党の新政策国会がこの発言を受け入れるとは想像もできなかった。 しかし、与党は、金大統領の日本との関係改善に対する強い義務感と、軍事独裁政権で民主主義を勝ち取ったという圧倒的なカリスマ性から、それを受け入れた」と語った。

田中大統領は「金前大統領に会うたびに、彼の人間性に感銘を受けた」と語った。 この一節では、彼は通常の「会う」という言葉を使わず、謙虚な日本語の表現「会う」(お目ニカカル)を使いました。

金大中前大統領は、2000年6月13日の朝鮮民主主義人民共和国の分裂以来の最初の首脳会談のために平壌順安空港に到着すると、北朝鮮の金正日総書記と握手を交わしている。朗報

クリックしてオリジナルを表示します。

▲2000年6月13日の朝鮮民主主義人民共和国の分裂以来の最初の首脳会談のために平壌順安空港に到着すると、故金大中前大統領は北朝鮮の指導者である金正日と握手を交わす。
良いニュース

小泉純一郎首相(右)が北朝鮮を訪問し、金正日総書記と握手を交わしている。  2002年9月17日。ソウル新聞DB

▲北朝鮮を訪問した小泉純一郎首相(右)が金正日総書記と握手を交わしている。 2002年9月17日。ソウル新聞DB

「金大統領は、2002年9月に小泉首相が初めて北朝鮮を訪問したことを報告したとき、非常に満足していました。約2年前に北朝鮮を訪問し、歴史の最初の韓国間首脳会談を開催した金大統領にとって、日本の首相は北朝鮮訪問は、彼が提唱した「太陽政策」の延長線上にあったので、もっと楽しかっただろう。

田中大統領は、「金大統領はそれ以来、何度も会った。 かつて、金社長が「田中さん、海の真ん中で目が覚めたら真っ暗な夜空に星が輝いていて、これ以上美しくはない」と言われました。 その時、「彼は無邪気な表情で言った」と私は今死ぬだろうと思っていました。

1973年、日本の沿岸警備隊の飛行機は、韓国中央情報局によって東京のホテルから誘拐され、小型ボートでソウルに輸送された後、信号フレアを追跡して発射しました。

政治家にとって重要なのは、人々を引き付ける人間の魅力です。

サッチャー元英国首相について、田中氏は「強力なリーダーシップにより、英国経済は見事に回復した」と述べた。

マーガレット・サッチャー

クリックしてオリジナルを表示します。

▲マーガレット・サッチャー

「サッチャー首相は、名前と現実において「鉄の女」でしたが、何よりも際立っていたのは、「民主主義体制のリーダー」としての彼女の本来の態度でした。 彼は自分の信念と義務感に基づいて決定を下し、その結果に対して公的な評価を受けるという態度を維持した。」

田中大統領は、「世論の動向や党内の権力関係に注意を払うことに反する」と述べ、日本の政治の現状を強調した。

メルケル元ドイツ首相について、「ドイツを欧州連合(EU)の確固たる指導者の地位に置くことの最大の成果は、最大の成果である」と述べた。

ドイツ首相アンゲラ・メルケル

クリックしてオリジナルを表示します。

ドイツ首相アンゲラ・メルケル

日本の「30年」が失われた…政治指導者は何を失っているのか?

元日本の安倍晋三首相。  2012年後半に2度目の就任後、政治を通じて経済の復活を目指した。

クリックしてオリジナルを表示します。

▲元日本の安倍晋三首相。 2012年末に2度目の就任を果たした後、彼にちなんで名付けられた「アベノミクス」(阿部+経済)政策を通じて経済の復活を図ったが、実際の日本経済の衰退はさらに急速に進んだ。アベノミクス時代。
EPA聯合ニュース

田中社長は、「バブル崩壊から30年の間に、日本はG7の模範的な学生から、経済成長率、労働生産性、高齢化、債務などのあらゆる面で劣った学生になりました。ジェンダーギャップ、そして報道の自由。」 彼は評価し、「私たちが改革を叫び続けたとしても、それを実現し、実現させる力を持ったリーダーは現れていない」と不満を述べた。

金大中(キム・デジュン)大統領を含む3人全員が共通しているのは、人間の魅力が大きいということだ。そうするためには人間の魅力が必要だ」と語った。

安倍晋三元首相(左)、麻生太郎(中央)、菅元日本首相が、第10回岸田文雄首相総会で開かれた衆議院(上院)特別本会議に出席。岸田文雄首相は、先月31日の与党の勝利で終わった総選挙で衆議院(商工会議所)が結成されたばかりの日の特別本会議で首相に再確認された。 東京ロイター聯合ニュース

クリックしてオリジナルを表示します。

▲元首相が一堂に会
安倍晋三(左)、麻生太郎(中央)、菅義偉元首相は、10日に東京の国会議事堂で開催された中下院(上院)の特別本会議に出席する。岸田文雄首相が再任された。先月31日の与党の勝利で終わった総選挙で衆議院(下院)が結成された同日の特別本会議で首相に選出された。
東京ロイター聯合ニュース

「しかし、今日の日本の政治家を見ると、キム前大統領やサッチャーと同じカリスマ性を持っているリーダーはいない。 したがって、現在期待できるのは、元首相スタイルの政治指導者です。 使命感が強く、人間の魅力に溢れた粘り強い協調力を発揮するリーダーは、日本の未来を切り開くことができる」と語った。

「世論は、政治家がリーダーシップを発揮することによって主導しなければならないものです。 指導者は、世論に従い、従う方針は伝道する意味がないことを認識しなければなりません」。

キム・テギュン

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。