「集中投資」岸田文雄は「バイオ、量子技術、人工知能、医療」の4つの成長分野を選択しました











菅政権時代には、脱炭素化とデジタル化が推進されました。

"集中的な投資" 日本の岸田文雄は、

日本の岸田文雄首相。 AP通信

[Tokyo = corrispondente Jo Eun-hyo] 日本の岸田文雄内閣は8日、バイオテクノロジー、量子技術、人工知能(AI)、次世代医療分野を4つの成長分野として選択し、投資に注力することを決定しました。 以前、菅義偉政権は、主要な成長戦略として脱炭素化とデジタル化を推進していました。

同日、岸田文雄首相は東京の首相官邸で開催された「新資本主義実現会議」の議長を務め、これら4つの分野を重要な成長課題として特定し、その予算を将来に大きく反映させるよう命じた。 彼はまた、今春に日本政府によって確立される新しい資本主義行動計画は、科学技術の促進に焦点を合わせた政策を指定すると述べた。

この計画は、遺伝子編集などのバイオテクノロジーを開発している新興企業の研究開発(R&D)を支援することです。 また、高機能で大規模な量子コンピューターの実現を目指し、欧州企業との連携も図っています。 量子技術は、将来のデジタルイノベーションと産業生態系のターニングポイントとして注目されている技術です。 幹細胞などの遺伝子治療のための次世代医療分野への技術投資も国家プロジェクトとして推進されています。

読売新聞によると、2019年の日本の研究開発投資は、民間部門を含めて、11年前の2008年の1.04倍でした。 同じ時期に、ドイツでは1.39回、米国では1.36回でした。 成長分野への投資は他の先進国に比べて弱かった。

ehcho@fnnews.com特派員JoEun-hyo








Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。