「韓国に譲り受けられた日本には、韓国に従わなければならない未来がある」米国の専門家からのアドバイス

「日本の一人当たりGDPはすでに韓国と台湾に追い抜かれている」
韓国の賃金は30年で2倍になりましたが、日本の賃金は
企業のデジタル技術の使用における韓国25、日本58

▲住宅バブルが崩壊した1991年から2010年にかけての景気後退により、日本は「失われた20年」を経験しました。 2006年6月、日本列島が沈没していた災害映画「日本沈没」の宣伝スローガンを掲げて建物を通り過ぎた男も、不況を思い浮かべることができます。
AP=聯合ニュース

「2008年から2009年の世界金融危機の間、日本の国内総生産(GPD)は7%減少しましたが、韓国のそれは4%増加しました。 さらに、日本のGDPは過去2年間のCOVID-19パンデミック(パンデミック)により3%減少しましたが、韓国のGDPは3%増加しました。 危機の影響が最も少ない国々は、長期的には必然的に高い成長率を示すでしょう。」

米国の日本の経済学者は、日本が韓国と時宜を得た改革について学んだ場合にのみ、将来的に競争力を取り戻すことができるだろうと警告した。

7日、アメリカの民間シンクタンクであるカーネギー国際関係協議会のシニアメンバーであるリチャード・カッツが、東洋経済新報社で「日本経済が韓国に遅れをとっている説得力のある理由」というタイトルのコラムを発表した。 カッツは、フィナンシャルタイムズと英国外交のために執筆している日本の経済学者です。

国際通貨基金(IMF)の統計によれば、「日本経済研究センターが、2027年に韓国と台湾が一人当たりの名目国内総生産(GDP)で日本を追い抜くと予測したとき、それはホットな話題になった。 、韓国と台湾はすでに2018年にあり、台湾は2009年に日本を追い抜いた」と述べた。 「2026年までに、韓国は日本よりも一人当たりGDPが12%増えるだろう」と彼は予測した。

彼は「賃金」を日韓経済逆転の主な背景と診断した。

「日本とは異なり、韓国は労働者の成長の成果を生んでいます。 1990年から2020年までの30年間、日本の実質賃金は横ばいでしたが、韓国では同期間に2倍になりました。 これが、韓国の労働者が現在、日本人の労働者よりも多く支払われている理由です。」

日本の株式市場の前で通りすがりの市民 [AP=연합뉴스 자료사진]

▲日本の株式市場を通過する市民 [AP=연합뉴스 자료사진]

日本は労働生産性の面で韓国を追い抜くことができます。 日本の単位労働生産性は1995年には米国の71%でしたが、現在は63%に低下しています。 一方、韓国の労働生産性は、1970年には米国の10%に過ぎなかったが、2020年には58%に続いた。カッツ氏は、「韓国は労働生産性の面でまもなく日本を追い抜くだろう」と予測した。

同氏は、「韓国は、日本と同じ問題を抱えているにもかかわらず、副作用を軽減する方法を見つけたため、目覚ましい成長を見せている」と述べた。

「韓国経済の効率的なセクターと非効率的なセクターの間には大きなギャップがあります。 中小企業と大企業の生産性格差は、OECD加盟国の中で3番目に大きい。 労働力の3分の1以上は、文書化されていない低賃金の労働者で構成されています。 不均衡は非常に深刻であるため、Samsung Electronicsは2019年の韓国の総輸出額のなんと20%を占めました。」

カッツ氏は、「韓国はこれらの構造的欠陥を是正するためにさまざまな努力をしている」と述べ、「日本は韓国から学ぶべきだ」と強調した。

「賃金格差に関しては、韓国は日本よりも悪い状況にありますが、韓国はそれを改善するために懸命に取り組んでいます。 韓国は最低賃金を継続的に引き上げており、中央値は現在62%に達しており、これはOECDで3番目にランクされています。 日本ではたった45%です」。

賃金上昇により韓国の内需基盤が強化され、日本よりも世界的な危機に強いと説明した。

2008年から2009年の世界金融危機の間、日本のGDPは7%減少しましたが、韓国は4%増加しました。

SKハイニックスが東芝に投資することを決定東京の東芝本社のロゴの下で男が通り過ぎる。 写真=AFP聯合ニュース

クリックしてオリジナルを表示します。

▲SKハイニックスが東芝への投資を決定
東京の東芝本社のロゴの下を歩く男性。
写真=AFP聯合ニュース

勝氏は、韓国が日本を追い抜くのに成功したのは、学校教育と職業訓練への投資にあると述べた。 経済成長への教育の貢献度を測る人的資本指数では、韓国は1960年には日本の70%しか占めていなかったが、2019年には31の先進国のうち5位にランクされ、日本(13位)をはるかに上回った。

初等中等教育への投資比率をGDPに占める韓国はOECD加盟26カ国中15位、日本は25位です。 高等教育への財政的負担の点では、日本はOECD26カ国の中で最後にランクされています。 勝氏は、「日本では、家族にとって大学の授業料が高すぎるため、裕福な家庭の優秀な学生が大学に行けない可能性があり、個人や国にとって大きな損失となる」と述べた。

韓国と日本の間のデジタルデバイドはさらに大きくなっています。 日本経営開発研究所が評価したデジタル産業の「ビジネスアジリティ(アジャイルレスポンス)」では、韓国は2021年と比較して64カ国中5位でしたが、日本は53位でした。

労働力によるデジタル技術の利用を評価したところ(世界経済フォーラム)、日本は141カ国中58位にとどまり、韓国(25位)に大きく後れを取っています。

従業員数が250人未満の中小企業やベンチャーキャピタルに対する日本政府の研究開発支援は、総財源の12%を占めており、OECDで最も低い。 対照的に、韓国では、政府の研究開発費支援の半分は中小企業とベンチャー企業に集中しています。 その結果、韓国の研究開発活動の22%は中小企業やベンチャー企業によって行われています。 日本ではわずか4%です。

日本の金融市場の「ショック」米国株式市場の崩壊後の15日(現地時間)、東京証券取引所の代表的な指数である日経225の平均株価も1.60%安くオープンしました。前日の終値は東京証券取引所APヨンハプ

クリックしてオリジナルを表示します。

▲日本の金融市場の「ショック」
東京証券取引所の代表的な指数である日経225の平均株価も、米国株式市場の崩壊を受けて前日の終値より1.60%下落したため、東京証券取引所に先立つ市況を観察している。 15日(現地時間)。
東京ニュースAP聯合ニュース

「さまざまな努力の結果、韓国には2017年に8,000を超える「高成長企業」があります(従業員10人以上、3年連続で年間成長率20%以上)。 これが、韓国が100万人の労働者あたりの高成長企業の数で12の先進国のうち5番目にランクされている理由です。

「日本は起業家の成功の主要な指標さえ測定していない」とキャッツは言った。 「これは、国が何を大切にしているのかを明確に示しています。」

「さまざまな数字(韓国と日本のギャップを表す)は日本にとって悪いニュースかもしれませんが、良いニュースになることもあります。 韓国の経験を踏まえた正しい構造改革が実施されれば、日本には明るい未来が待ち受けている可能性があるからだ」と語った。

キム・テギュン

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。