「Clovaノートは日本で使用されています」..ネイバー-金融ニュース










HyperCloverテクノロジーによる日本人の認識↑

北米とアジアの市場は今年の後半にオープンします

職場に特化したサービスを開発する

[파이낸셜뉴스] 「ClovaNote」音声録音用のネイバーの人工知能(AI)は、日本のサービスを皮切りに、本格的に世界市場に参入する予定です。

Naverは24日、日本語版のCLOVANoteをリリースしたと発表しました。

基本的な機能は韓国語版とほぼ同じです。 日本語の音声はアプリに直接録音されるか、ファイルをアップロードしてテキストに変換されます。 また、ブックマーク機能、メモ機能、検索機能を搭載しています。

韓国語版のように、話者を区別することができます。 ただし、共有機能、ビデオ会議インターワーキング機能、多言語同時認識機能は後日更新します。 上半期には韓国語と英語の認知も期待されています。

「日本で使われているクロバノート」..ネイバー

クローバーノートが日本で発売されました。 ネイバー提供

Naverは、HyperCloverテクノロジーをCloverの日本語の「NEST(ニューラルエンドツーエンド音声トランスクリプト)」音声認識エンジンに適用して、精度を向上させました。 AI学習に使用できる自己監視学習手法は、タグなしデータにも適用され、パフォーマンスを効果的に向上させます。

ネイバーは、日本を皮切りに、今年下半期に北米・アジア市場でClovaNoteを順次発売することで、グローバルビジネスを拡大していく計画です。 また、下請け・グループ管理機能や作業ツールとの連携を強化することで、作業環境に特化したサービスとして展開していきます。

ClovaNoteを率いるNaverのシニアリーダーであるIk-sangHan氏は、次のように述べています。「Clova Noteの最大の違いは、Naverの音声人工知能技術に基づく比類のない音声認識パフォーマンスです。 。

一方、クローバーノートは韓国での累積ダウンロード数が230万を超えました。 学期の初めに学生ユーザーが増加したため、ユーザー数(MAU)は先月47万人を記録し、1月の数のほぼ2倍になりました。

ネイバーはまた、AI技術に基づいてサービスを更新しています。 最近、認識言語に中国語が追加され、韓国語、英語、日本語、中国語の音声認識が可能になりました。 2月には、韓国語と英語の混合を認識できる多言語認識機能が導入されました。

さらに、AIは「キーワード」を抽出して、音声メモの主要なコンテンツをすばやく確認してナビゲートし、重要なコンテンツを「ハイライト」としてマークする機能も改善されました。

HyperCloverAI言語モデルを大規模に使用するコアコンテンツサマリー機能もまもなくリリースされる予定です。 Naverは、新しくオープンした「1784」オフィスビルの会議室にClova Noteを適用し、それを使用して内部会議の議事録を整理する予定です。

特派員ミヒー・キム、elikim @ fnnews.com








Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。