「FNCEnt。、2022年のターンアラウンドの目標」

[뉴스투데이=장원수 기자] キウム証券は7日、FNCエンターテインメントがアーティストの成長、コンサートの再開、主演俳優の管理の強化、すべてのアーティストに。米国と日本の効果。

キウム証券のイ・ナムス研究員は、「昨年、アルバムの成長やエンターテインメントなどの複雑な企業構造の変化の中で、売上高は前年比1.5%増の735億ウォン、営業損失は43億ウォンとなった。清算。彼は23億ウォンの営業利益と23億ウォンの営業利益で黒字になり、経営上の問題に対する懸念を一掃した。

リー・ナムス研究員は、「昨年の第4四半期に、SF9、CNBLUE、FTアイランド、N.Flyingを含む4つのグループがアルバムをリリースし、26万枚のアルバムを販売した」と述べた。 「ヨンモ」のパフォーマンス」と彼は説明した。

「エンターテインメント制作事業の引退と女性グループ専用レーベルの設立後、活動は鈍化しているが、アーティストのファンダムの成長とコンテンツの再編成により成長は可能である」と付け加えた。




李研究員は、「今年の第1四半期には、全国コンサートSF9(1月、オリンピックホール、3回、4回)とN.Flying(2月、はい24ホール、2回、2回)の両方がオフラインで開催された。とP1H(3月、8都市で10話)、日本FTアイランドとCNBLUEオンラインファンミーティングが予定されています。

「FNCエンターテインメントのメインアイドルになりつつあるP1Hは、2020年10月に映画でデビューを発表し、デビューでウェバースに加わって事業を開始した。事業を強化することで、長東の3番目の最初の販売を強調した今年初めにリリースされたアルバムは、10万部近くに達した。」

さらに、「PRIKILは日本のオーディションプログラムを終えて5月にデビューする予定であるため、日本のファンダムに強みを持つFTアイランドとCNブルーの事業が再開されることで、ショービジネスのパフォーマンスが向上することが期待されます。」

彼は次のように述べています。「エンターテインメント業界から引退した後、私たちが注力してきた劇場業界は、2022年にグローバルOTTプラットフォームを含むさまざまなチャネルとフィクションの制作について話し合っており、1つか2つ以上を制作する予定です。ドラマ映画や「私に食べ物を買うプリティヌーナ」が放映されるので、Netflixの「DP」とディズニープラスの「ソルガンファ」の主演俳優であるチョン・ヘインの管理レベルに会えるのを楽しみにしています。

「チョン・ヘインは 『コネクト』と 『DP>』ドラマのシーズン2が予定されているので、ジョン・ヨンファとロウンとの経営成績の改善が期待されている。2022年には成長だけでなく別々のアルバム、コンサート、出演の数ですが、支店の収益の改善も重要です」と彼は予測しました。

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。