いいえとして。 世界で1つ…リクルートホールディングスの日本株ガイドの成長の秘訣ジミンホン

(写真=ゲッティイメージズバンク)

求人関連企業のサレインHR(時価総額4500億ウォン、売上高1290億ウォン、営業利益391億ウォン)は、昨年の創業以来最高の売上高と営業利益を上げた。 韓国には、Job Korea、Wanted Lab、Incruit、Sara In HRなど、採用に関連するプラットフォーム企業があります。 その中で、ウォンテッドラボは昨年最高のパフォーマンスを記録しました。

採用関連のプラットフォーム企業の中から日本企業を紹介したいと思います。 先月の29日現在、リクルートホールディングス(6098)は時価総額約92.4兆ウォンで上場している。 日本で9番目の株式市場であり、昨年の第3四半期(2021年4月1日〜2021年12月31日)の累計売上高は約2.1兆円(前年同期比+ 27.5%)、営業利益は3,336億円(年間)でした。年に)+ 132.8%)。

リクルートホールディングスは、1960年に大学生向けの就職情報誌としてスタートしました。 2000年代には、日常生活情報誌を立ち上げ、結婚式、住宅、中古車などのライフスタイル情報を中心に事業を拡大しました。 その後、グローバル市場での事業拡大を推進しました。 世界市場での最初の進出の試みとして、中国での結婚関連事業は失敗しましたが、CSICompaniesと呼ばれるアメリカの人材輸送会社を買収することで会社の規模は大きくなりました。 2012年にアメリカのオンライン求人検索サイトIndeedを買収し、2015年にChandler MacleodとPeoplebankを買収し、2018年にGlassdoorを買収しました。

"採用プラットフォームn。  1つの世界"…ホールディングスの成長の秘密を募集する [지민홍의 일본주식 가이드]

事業部門は、HRテクノロジー、メディア&ソリューション、人材派遣の3つの主要部門に分けることができます。 最新の四半期決算によると、HR Tech部門は売上高の約30%、メディアとソリューションの22%、人員派遣の48%を占めています。 2010年まで日本で全売上を伸ばしてきたリクルートホールディングスは、徐々にグローバル展開戦略を実行し、2019年には海外売上高を全社売上高の46%に引き上げました。

HRテクノロジー部門は、Indeed(月間約2億人の訪問者)やGlassdoor(月間約5000万人の訪問者)などの求人情報を検索するオンラインプラットフォームを運営しています。 メディア・ソリューション部門は、日本の宿泊(SUUMO)、美容(HotPepper Beauty)、結婚式(Xexy)、旅行(Gran)、自動車(カーセンサー)の顧客管理や支払いに至るまで、採用および事業運営サービスを提供しています。 タレントエリア(日本、アジア)で構成されています。 最後に、人材輸送事業は、製造、事務、専門職のために、日本国内外の包括的な輸送サービスを提供しています。

"採用プラットフォームn。  1つの世界"…ホールディングスの成長の秘密を募集する [지민홍의 일본주식 가이드]

リクルートホールディングスからの最近の決算発表を見ると、HRテクノロジーとHRディスパッチセクターが成長を牽引し、収益が大幅に改善したことを示しています。 特に、米国の経済活動が活発化するにつれ、小売業などの一般産業での採用と競争に対する強い需要により、Indeedの有料仕事情報ユーザーが増加し、広告単価が上昇しました。

ヨーロッパのeコマースロジスティクスセンターに労働力を送る需要も高まっています。 成長はマイナスでしたが、日本を主な事業とするメディア&ソリューション部門も、今後の景気回復に伴い売上高の回復が見込まれます。

2000年代まで国内販売に依存していたリクルートホールディングスは、継続的なM&Aを通じて世界市場を拡大する戦略を実行しました。 現在、グローバルな採用プラットフォームとして高く評価されています。 今後の巨額のキャッシュフローを踏まえ、グローバル展開に目を向ける企業になると思います。

新韓金融投資漢南洞PWMセンターPBチームリーダー、ジミンホン

「外部の著者の内容は、このドキュメントの編集方向とは異なる場合があります。」
読者のリクエスト:thepen@hankyung.com

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。