これは勝たなければならない…日韓戦争が次々と現れる[도쿄올림픽]

もっと多くの試合に勝たなければなりませんが、韓国と日本のスポーツの試合をあきらめることはできません。


東京2020オリンピックでは、テグクウォリアーが韓国と日本と対戦します。

■28-卓球、韓国と日本のバドミントンの試合

韓国の田志希はフランス人の人民元と競争している。 オリンピック写真財団
女子卓球の誇りである田志希(29歳、POSCOエナジー)は、28日の東京2020オリンピックの女子シングルス準々決勝で伊藤美誠と対戦する。試合は東京オリンピック3時に開催される。 :00pm。

田志希(世界14位)はNo. 2伊藤美誠はタフな相手です。 伊藤美誠は、前回の混合ダブルスで水谷隼と日本史上初のオリンピック金メダルを獲得し、勢いを増しています。 しかし、韓国で帰化した後、彼は太極ブランドでオリンピックの金メダルを獲得することを決意しています。

男子シングルスの出場権を獲得した唯一のバドミントンチームのメンバーだったホ・グァンヒ(26、サムスン生命保険)は、グループAのグループAで桃田賢斗と対戦する。

ホ・グァンヒは、同日午後8時に日本の武蔵野の森スポーツプラザで16ラウンドの場所で桃田賢斗と対戦します。

■29日-女子ハンドボール、日韓男子柔道試合

イ・ミギョンはオランダ戦で得点を挙げて喜んだ。 良いニュースイ・ミギョンはオランダ戦で得点を挙げて喜んだ。 良いニュース
女子ハンドボールチームは、29日午後2時15分に東京の代々木競技場で日本との3回目のグループ戦を行います。 韓国はグループステージのグループAで両方の試合に負けました。

グループ4位が準々決勝に進むにつれ、日本を倒さなければならない。 2019年6月の韓国と日本の最後のレギュラーマッチで、韓国は31-20の試合に勝ちました。

■30日-日韓男子柔道試合

張美蘭財団の元奨学生であるキム・ジョンミンの写真。 ローズラン財団提供張美蘭財団の元奨学生であるキム・ジョンミンの写真。 ローズラン財団提供

男子100kg級柔道クラスに出場するキム・ミンジョン(21、龍仁大学)は、世界ランキング2位の原沢久喜を最初の対戦相手として倒さなければならない。 キム・ミンジョンは、日本の柔道の中心である東京の武道館で、30日の12:00に久義と対戦します。


対戦相手の記録は3敗に戻されます。 4月に開催されたアジア・オセアニア柔道選手権大会の決勝で、キム・ミンジョンは原沢久喜に後ろ足で半分負けた。 しかし、ヒットがあったので、感動的な出会いが期待できます。

■31日-日韓女子バレーボールの試合

女子バレーボールチームのキム・ヨンギョンのデート写真。 オリンピック写真財団女子バレーボールチームのキム・ヨンギョンのデート写真。 オリンピック写真財団
31日、「バレーボール皇后」キム・ヨンギョン(33、上海、中国)率いる女子バレーボールチームが日本と対戦する。 女子バレーボールチームは、19時40分に東京の有明アリーナでグループAの日本との4試合目を行います。

女子バレーボールチームでさえ日本に負けることはありません。 準々決勝に進出するためにグループステージで1勝1敗を記録した韓国は、日本とドミニカ共和国の間で少なくとも1試合に勝たなければなりません。 特に、オリンピック直前に開催された国際バレーボール連盟(FIVB)バレーボールネイションズリーグ(VNL)で日本から除外されたため、彼らは切実に欲望を必要としている。

オリンピックの野球チームとサッカーチームはグループステージでは出場しませんが、メダル獲得の過程で日本と出会うことができます。 キム・ギョンムンホとキム・ハクボムホは、いつか誰も知らない韓国と日本の戦いに勝つことを決意している。

Matsushima Nobuko

「腹立たしいほど謙虚なコーヒーの第一人者。旅行の専門家。フリーランスのゾンビ狂信者。認定された問題解決者。食品学者。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。