そのような強制動員の話を隠したいですか?

1月12日(現地時間)、韓国と日本の外相は米国ハワイ州ホノルルで会合を開いた。 鄭義溶外相と林芳正外相との最初の会談では、「佐渡金山」問題に対する認識に明確な違いがあった。 チョン大臣は、日本政府が韓国人の強制労働地である佐渡金山をユネスコの世界遺産候補に推薦したことを深く遺憾に思い、「歴史を正しく理解することが、未来志向の韓国の発展の基礎である。これに対し、林外相は「韓国側の主張は受け入れられない」と述べた。

「佐渡金山」の歴史的問題は、1965年の日韓関係の正常化以来、史上最悪と考えられている日韓関係に追加された。将来的には日韓関係に負担がかかる可能性があります。

佐渡鉱山は新潟県佐渡島にあります。 江戸時代(1603〜1867年)には金の産地として有名であり、明治時代(1868〜1912年)には機械化された建造物が導入され、近代的な鉱山に生まれ変わりました。 太平洋戦争(1941-1945)の間、それは鉄や亜鉛などの戦争材料を確保するための鉱山として使用され、この間、韓国人は力で動員されました。 昨年10月に発表された数字によると、日本の福岡大学の名誉教授である広瀬帝三は、「少なくとも2,000人の韓国人が動員された」と推定した。

佐渡の代表的な鉱山である相川金銀鉱山に明治時代以降に建設されたトンネル。 江戸時代の曲がりくねった狭いトンネルとは異なり、トンネルは比較的広く滑らかです。 佐渡金山では推定2,000人の韓国人が強制労働のために動員された。 (朗報)

▶佐渡金山で働くことを余儀なくされた2,000人の韓国人

新潟県は、2006年に佐渡金山世界遺産リストを政府に推薦し、昨年3月に5回目の推薦申請を提出しました。 当初、日本のマスコミは韓国などの反対を考慮して政府が申請を延期すると推測していたが、1月末にその気分が一変した。 自民党内の保守党が声を上げて「推薦軍」に働きかけたとき、日本政府は立場を変えたと分析されている。 安倍晋三前首相は1月27日、フェイスブックのページで、「来年に延期(推薦)した場合、登録の選択肢は増えるのだろうか」と述べた。

日本政府は2月1日、佐渡金山を世界遺産に正式に推薦しました。 将来的には、世界文化遺産委員会は、ユネスコの諮問機関である国際記念物遺跡会議の後、来年の6月か7月頃に世界遺産委員会に登録されるかどうかの最終決定を下すことが期待されています。現場で文書のスクリーニングと検査を受けます。

日本は、強制動員の歴史を明らかにしない方法で登録を試みる可能性が高い。 日本政府は推薦状の内容を具体的に開示していないが、推薦期間は日本の植民地時代を除いて19世紀半ばに及ぶと分析されている。

佐渡金山は、2015年に韓国人の求人サイトであるグンハムドに世界遺産に登録されたため、物議を醸しています。 軍艦島を含む「明治日本の産業革命遺産」が世界遺産に登録されたとき、日本政府は韓国ドラフトの犠牲者を記念する建造物を設置することを約束しましたが、維持しませんでした。 昨年、世界遺産委員会が採択した決定で、世界遺産委員会は、「国民が日本政府の徴用政策を理解し、多くの韓国人や他の市民が彼らの意志に反して動員され、強制されていることを確実にするための措置を含む約束を守ることを推奨した。困難な状況で働くために」。

[도쿄 = 김규식 특파원]

[본 기사는 매경이코노미 제2147호 (2022.02.23~2022.03.01일자) 기사입니다]


[ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。