それは世界の水素技術の首都になるでしょう…日本の神戸でのESGイノベーション

20日、世界初の液体水素運搬船である水素フロンティアが、神戸水素スマートシティターミナルでオーストラリアから液体水素を降ろします。 神戸=特派員ヨンヒョジョン

31日、東京都港区にある韓国経済新聞の東京支店で、兵庫県神戸市の人気菓子店、ラベニューにチョコレート10kgを注文しました。 配送方法と配送時間に加えて、製品の配送による炭素排出量を示す運送会社からの通知が表示されました。

鉄道の重量は200g、船の重量は800g、4トンのトラックは6.6kg、飛行機の重量は7.7kgでした。 日本最大の物流会社であるジャパンエクスプレスが14日に開始した配送方法別の二酸化炭素排出量比較サービスです。日本の消費者の多くがこの方法を使用して二酸化炭素排出量の少ない配送システムを選択しています。

昨年10月、日本政府は「2050年までに石炭のない社会を実現する」と宣言した世界で10番目の政府でした。 先進国の最後でしたが、政府が目標を設定すると、日本企業はすぐに環境、社会、ガバナンス(ESG)管理に目を向けました。

「水素技術の首都」と呼ばれる神戸は、日本のESG移行の現状を示す場所です。 19日と20日に訪れた神戸沖の水素スマートシティターミナルでは、世界初で唯一の液体水素運搬船である水素フロンティアがオーストラリアから液体水素を降ろしていました。

このプロジェクトは、オーストラリアの亜炭から生成された液体水素を日本に輸送し、水素発電所を運営することで構成されています。 日本の大手メーカー、エネルギー会社、川崎重工業、ENEOS、住友商事、丸紅、川崎汽船、岩谷産業、Jパワーなどの総合商社が参加します。 日本は、2050年までに年間水素生産能力を2000万トンに増やすことにより、この市場を支配するという野心的な計画を持っています。

日本は、「次世代エネルギー技術」と評価されている水素や二酸化炭素の回収能力が世界一であると考えられています。 広島沖の島、大崎上島では、IGCCから二酸化炭素を回収し、資源として利用する世界初の「大崎上島プロジェクト」が進行中です。

日立は2年間で1,800トンの炭素を削減します…川崎重工業は水素エネルギーコストを削減します
炭素排出削減技術に関する日本特許で1位…上場企業のESGパフォーマンスの強制開示を促進する

日本企業は「内部炭素価格制度(ICP)」を世界最速で導入しています。 ICPは、同じ企業が事業の過程で排出する二酸化炭素排出量の価格を表示するシステムです。 これは、日本のビジネス界が独自の矛盾を伴うESG(環境、社会、ガバナンス)管理に移行している状況の現実的な例です。

英国の非営利団体CDPによると、252社の日本企業が米国とともに世界をリードするICPを導入しています(266)。 すでにKPIを導入している、または2年以内に導入する予定の企業の割合は64%で、世界第1位です。 日本の経済界の関係者は、「近年、コスト削減効果を優先していた意思決定プロセスから離れて、ICPを考慮した企業を選ぶ動きが高まっている」と説明した。

2019年にKPIを導入した日立サステナビリティ推進本部環境管理者の岩園康行氏は、「導入から2年で1,800トンの二酸化炭素排出量を削減する効果があった」と語った。 富士通は、事業部門ごとにKPIを課すことにより、排出量削減のための社内競争を推進しています。

日本は、水素製造と二酸化炭素排出量を削減する技術において世界で最も競争力があります。 日本企業の水素関連特許の競争力は、米国、韓国、ドイツなどの2番目に大きなグループを上回り、No。 2001年から20年間、世界で1つ。

水素は二酸化炭素を排出しないクリーンエネルギーです。 問題は、生産コストが液化天然ガス(LNG)の10倍であることです。 川崎重工業、ENEOS、住友商事などの日本のコングロマリットは、オーストラリアから日本に大量に生産された水素を輸送し、水素発電所を運営している。 この方法を適用することにより、製造コストをLNGの1.5倍に下げることができます。

川崎重工業建設副責任者の西村元彦氏は、神戸の水素を動力源とするスマートシティサイトで、19日と20日に日本外国通信員センター(FPCJ)の支援を受けて訪問し、次のように述べました。水素からLNGの1.5倍の発電コストで十分な競争力があります。」

2018年末現在、日本企業の二酸化炭素排出量削減に関連する特許は15,000件でした。 2009年から10年間、世界一にランクされています。米国(9,000件)と韓国(5,000件)がはるかに進んでいます。 中国電力とJパワーは、広島沖で進行中の大崎クルゼンプロジェクトを通じて、二酸化炭素の回収率を20%から90%以上に高める技術を実践しています。

日本政府もESG管理の確立に積極的に取り組んでいます。 日本の金融庁は、今年、気候変動がビジネスと株式報告のパフォーマンスに与える影響の開示を義務付ける予定です。 このシステムが導入されると、東京証券取引所に上場している約4,000社が、ESG管理の具体的な詳細とリスク要因を毎年投資家に通知する必要があります。

神戸/広島=ヨンヒョ特派員チョン・ヒュー@hankyung.com

Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。