アン・セヨンが山口を捕らえ、キム・ガウンがフィニッシュ…韓国と日本が決勝で3-0 [우버컵]

13日にタイのバンコクで開催された世界バドミントン連盟(BWF)ユーバーカップ2022の準々決勝で日本の山口茜を2-1で破った後、韓国のアン・セヨンが息を呑むインタビューを行う。 ジャーナリストのキム・ギョンム
キム・ゲウンがユーバー杯で優勝
韓国チームの勝利の鍵を握ったキム・ガウンは試合後のインタビューに答える。 バンコク| ジャーナリストのキム・ギョンム


[스포츠서울 | 방콕=김경무전문기자] これほどエキサイティングな勝利はありませんでした。 韓国の女子バドミントンチームは、7か月前に日本を呪った後、決勝に進んだ。

13日(韓国時間)の午後、タイのバンコクにあるインパクトアリーナで、世界バドミントン連盟(BWF)のユーバー杯(世界女子チームバドミントン選手権)2022の準決勝が行われました。 キム・チョンホ監督(56)が率いる韓国女子代表は、アン・セヨン(20歳、サムスン生命保険)、シン・ソンチャン(28歳)、イ・ソヒ(イ・ソヒ)とともに、日本チームの最後の大会で優勝した。 28日(仁川国際空港)とキム・ガウン(24歳、サムスン生命保険)が勝ち、3-0で勝った。

大韓民国は、14-15(韓国時間)の準々決勝でホームチームのタイを3-0で破った、現チャンピオンの中国とタイトルを争うことになります。 韓国が優勝すれば、2010年にマレーシアのクアラルンプールで初優勝した後、2度目の優勝となる。

アン・セヨン拍手
山口茜を捕まえたアン・セヨンは喜ぶ。 バンコク|AFPニュース聯合ニュース

その日の初期のシングルでは、世界ランキング4位のアン・セヨンが元山口茜を破ったとき、韓国は早い段階で苦戦しましたが、2-1のカムバック勝利(15-21、21-18、21-18)でリードしました)。 アン・セヨンは最初は緊張して一連のミスに夢中になりましたが、2セット目からはタフなラリープレーで山口のミスを誘発し、貴重な勝利を収めました。

昨年末から様々なオープン大会や世界大会で将軍と戦ってきたアン・セヨンと山口は、今年3月の2022年オールヤングオープン女子シングルス決勝で出場した。 その時、山口は2-0で優勝した。 しかし、今回のアン・セヨンは重要な日韓チームの試合で誓った。

シン・ソンチャンとイ・ソヒ
シン・ソンチャン(左)とイ・ソヒがダブルスで韓国チームの勝利に重要な役割を果たした。 バンコク| ジャーナリストのキム・ギョンム
シン・ソンチャンイ・ソヒ咆哮
シン・ソンチャンとイ・ソヒ(左)がダブルを勝ち取った後、咆哮する。 バンコク| EPA聯合ニュース

続いてダブルスでは、世界2位のスンチャン・シンとソヒ・リーが松山奈未と志田千陽を7位で2-0(21-16、21-17)で破り、金メダルを獲得した。 その後、シングル19位のキム・ガウンが6位の奥原希望を2-1(21-12、11-21、21-16)で破り、韓国チームに予想外の勝利をもたらした。

キム・ガウンはその日の第3セットで4-12ダウンしましたが、後に力を発揮してスコアを12-12に等しくし、最終的に14-12になりました。

試合後、キム・ガウンは「3セット目で遅れた時、サポートシートの姉が 『負けても大丈夫』と言ってくれたので、強くなった。それは素晴らしい。助けて」チームは決勝に進みます」と彼は言いました。

キム・ガウン
キム・ガウンは世界バドミントン連盟(BWF)のメディアマネージャーにインタビューしています。 バンコク| ジャーナリストのキム・ギョンム

昨年10月にデンマークのオーフスで開催されたユーバー杯(2020年、コロナ19により延期)で、韓国は準々決勝で日本と対戦し、アン・セヨンが第1ラウンドで勝利したが、試合スコアを1-3で失った。そして3位になりました。 。 kkm100@sportsunicorn.com

Matsushima Nobuko

「腹立たしいほど謙虚なコーヒーの第一人者。旅行の専門家。フリーランスのゾンビ狂信者。認定された問題解決者。食品学者。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。