インテルのCEO、パット・ゲルシンガーが日本とインドでハイレベルに会い、半導体工場の建設について話し合う

▲IntelのCEO、PatGelsinger。


[비즈니스포스트] IntelCEOのPatGelsingerは、最近の台湾、インド、日本への出張を利用して、インドと日本での新しい半導体ファウンドリの建設を促進することが期待されています。

日本のMyNaviNewsによる14日付の報告によると、当局者を引用して、CEOのPat Gelsingerは最近、日本の経済産業大臣を含む政府高官と会談しました。

ミナビ氏は、「詳細は明らかにされていないが、日本政府が自給自足の半導体システムを確立するために現地の製造施設の拡張を推進しているため、インテルの工場を設立することについて議論があったかもしれない」と報告した。

日本政府は、最新技術に基づくサブ3ナノメートルの半導体マイクロプロセッシングの製造施設を確保するために、今後10年間で半導体産業に7兆から10兆円を投資する計画を検討しています。

半導体設備や材料など日本の強みと現地の製造設備をつなぎ、シナジーを生み出すことを目標としています。

台湾積体電路が最近、熊本県にソニーと共同半導体工場を設立する計画を日本政府の支援を受けて発表したことも、日本政府が地元の半導体工場を確保するための努力の一環と見ることができます。

インテルは最近、米国やヨーロッパを含む世界中に新しい半導体工場の設立を積極的に推進し、半導体ファウンドリ事業を拡大しているため、日本に新しい半導体工場を設立することを検討する可能性があります。

日本政府が設備投資や税制上の優遇措置などのインセンティブを提供すれば、インテルの半導体製造設備への投資決定は加速すると予想されます。

ゲルシンガーCEOと日本の政府関係者との会合も、政府レベルの具体的な支援策について話し合うために開催された可能性が高い。

インテルがインドと日本に新しい半導体工場の設立を推進するという予測もあります。

CEOのゲルシンガーは4月上旬から、台湾、インド、日本のパートナーを訪問するための非公開の出張に乗り出しました。

インドのナレンドラ・モディ首相との会談など、政府高官との会談も続いている。

インドの地元メディアの報道によると、インド政府当局者は、半導体工場への投資に関連するサポート計画について、CEOのゲルシンガーおよびインテルのファウンドリビジネスの経営陣と話し合った。

インテルがゲルシンガーCEOの出張の際に日本とインドに半導体工場を次々と設立することを決定した場合、ファウンドリの市場シェアの拡大に大きく貢献することが期待されます。

TSMCやSamsungElectronicsなどのIntelのライバルファウンドリも、新しい半導体工場への投資を加速し、量をめぐる競争を激化させています。

Intelは最近、アリゾナ州とオハイオ州にそれぞれ200億ドル、ヨーロッパに10年間で800億ユーロを投資することにより、半導体製造施設と研究開発センターを設立する計画を発表しました。

これまでに正式に発表された設備投資額を考えると、150兆ウォンを超える最も積極的な投資と考えられている。 キム・ヨン記者が勝ちました

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。