オリンピック:スポーツ:ニュース:ハンギョレモバイル

東京オリンピック男子チーム大会での日韓銅メダルの試合は、6日東京体育館で行われた。セカンドシングルに出場したチャン・ウジンは、ハリモトトモカズとの試合に敗れた後、悲しんでいる。 東京ニュース/聯合ニュース

韓国の卓球銅メダルの試合で、彼らはタフな対戦相手の日本と出会い、負けました。 イ・サンス(31、サムスン生命保険)、チョン・ヨンシク(29、ミレー・アセット大宇)、チャン・ウジン(26、ミレー・アセット大宇)からなる韓国の卓球チームが、銅メダル男子チームの試合に出場した。 6日に東京体育館で開催された東京2020オリンピック。 丹羽孝希、張本智和)が1-3で敗れた。 韓国は3位シングル(鄭栄植)で優勝したが、1位ダブル(イ・サンスジョン・ヨンシク)で敗れ、2位シングル(チャン・ウジン)と4位シングル(チャン・ウジン)はメダルを獲得しなかった。 オリンピック卓球チームのイベントでは、ダブルス1試合とシングルス2〜5試合が行われ、3試合に勝ったチームが勝ちます。 「年上の」イ・サンスとチョン・ヨンシクは水谷丹羽ジョーに会い、最初の試合を9-11で断念し、次の試合で11-8で勝利し、緊密な戦いを続けたが、3位と4位で敗れた。 1〜3(9:11/11:8/13:15/5:11)の連続ゲームは、最初のゲームを終了しました。 2試合目はダブルスで、チャン・ウジンが「卓球の天才」張本智和(18)と出会って懸命に戦ったが、1-3(7:11/11:8/10:12/7:11)を失った。 )。 チャン・ウジンは第3ゲームで2に負けた後、トレンドを逆転させることができなかった。 3南戦に出場したチョン・ウジンは丹羽孝希との試合で1試合もあきらめず、3-0(11:3/11:8/11:7)に圧倒された。 4thシングル復帰の舞台参加したチャン・ウジンが水谷に0-3で敗れ(12:14/9:11/8:11)、試合は終了した。 韓国はリオ2016大会後、男子卓球チームのイベントで4位に終わったが、試合後、選手たちはお互いに歓声を上げ、落ち着いた態度で結果を勝ち取った。 鄭栄植はイ・サンスに「先輩」と語った。「私は代表チームの友達のようだったが、ヒョンは私が最も尊敬している人物だ。イ・サンスも「後輩」のヨンシクを慰めた。鄭栄植は「今は悲しいけど、将来もっといいことがあるといいな」と言った。富川の鄭栄植中学校と鄭栄植高校を卒業後、2016年から5年間一緒に働いている。リオ大会初めてこの大会に出場したウージンは、「私にはスキルはあるが、心理的要素や大胆さが足りなかったと思う。 ジャーナリストJangPil-sufeel@hani.co.kr

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。