オリンピック:スポーツ:ニュース:ハンギョレ

体操の女性のボールトのための銅メダル
あなたの名前を冠したスキルで最高のスコアを獲得する
2回戦で着地を間違えましたが、素晴らしい結果でした
父の呂洪哲に続いて、オリンピックメダル

1日午後、有明体操競技場で開催された東京オリンピックの女子ボールト式典で、韓国のヨジョンヨは銅メダルを首にかけて微笑んだ。 東京/聯合ニュース

東京2020オリンピックの女子ボールティング決勝戦は、東京の有明体育館で第1回開催されました。 チョ・ヨジョンの足(19)が地面に着くと、観客からの叫び声が上がった。 イ・ソジョンはきれいな演技で明るく笑った。 彼の名を冠した難易度6.2の「イ・ソジョン」の技に完全に成功した。 スコアは15,333です。 2番目の期間(難易度5.4)では、着陸エラーが発生しました。 14,133のスコア。 第1シーズンと第2シーズンの平均スコアは14,733で、平均合計で3位に終わった李ソジョンは他の選手が終わるのを待っていた。 最後の8人目の選手、リリア・アハイモバ(ロシアオリンピック委員会)が小さなミスで6位につけたとき、李ソジョンはその場で涙を流した。 韓国の女性体操の新しい章が書かれました。

李ヨジョンは1日、有明体操競技場で開催された東京オリンピックの女子ボールト決勝でパフォーマンスを終えて喜んだ。 東京/聯合ニュース

李ヨジョンは1日、有明体操競技場で開催された東京オリンピックの女子ボールト決勝でパフォーマンスを終えて喜んだ。 東京/聯合ニュース

この日、チョ・ヨジョンは韓国の体操選手として初めてオリンピックの表彰台を獲得した。 梁鶴善が2012年ロンドン五輪の男子ボールトで金メダルを獲得してから9年ぶりの韓国体操史上10回目のオリンピックメダルです。父と娘が交代で書いたオリンピック体操の物語。 李ヨジョンがオリンピック銅メダルを獲得する25年前のこの日、慶熙大学教授の父であるヨ・ホンチョル(50)が銀メダルを獲得した。 女子オリンピックメダルの誕生です。

2019年2月に開催された第65回韓国体育祭スポーツ表彰式の後、呂洪哲と娘のソジョンヨがポーズをとる。 [연합뉴스 자료사진]

2019年2月に開催された第65回韓国体育祭スポーツ表彰式の後、呂洪哲と娘のソジョンヨがポーズをとる。 [연합뉴스 자료사진]

李ヨジョンは9歳で体操を始めた。 父だけでなく母(キム・チェウン)も元体操選手で、1994年アジア競技大会のチームイベントで銅メダルを獲得した。 彼は両親と一緒にジムに行った後、自然に始めました。 彼女がジャカルタ-パレンバンで開催された2018年アジア競技大会で初めてボールトに登ったとき、彼女は「女性のためのアジア競技大会での金メダル」になりました。 ヨ・ホンチョル教授は、1994年の広島アジア競技大会と1998年のバンコクアジア競技大会で2回連続優勝し、1996年のアトランタオリンピックで銀メダルを獲得しました。この日、ヨ教授はコメンテーター(KBS)として出演し、娘の試合を放送しました。 。

李ヨジョンは、1日午後に有明体操競技場で開催された東京オリンピックの女子ボールト決勝に出場する。 東京/聯合ニュース

李ヨジョンは、1日午後に有明体操競技場で開催された東京オリンピックの女子ボールト決勝に出場する。 東京ニュース/聯合ニュース

李ソジョンは父と同じように、彼の名を冠した「李ソジョン」の技法と競い合う。 このテクニックは、前空での720度の回転テクニックであり、2年前の2019年6月に国際体操連盟(FIG)の規則で難易度6.2テクニックとして正式に登録されました。 このテクニックでヨジョンが得たスコアは、第1ラウンドと第2ラウンドで8人のプレーヤーの中で最高でした。 父のホンチョル・ヨ教授も、名前にちなんで新技術「女性1」と「女性2」でオリンピックメダルを獲得した。 彼らが彼らの名を冠した技術を持っているという事実も女性と同じです。 予選では、李ソジョンが5.8点と5.4点の難易度で決勝に進み、新しい「ヨジョン」技術を切り札にした。 ブラジルのレベッカ・アンドラジ(15,083)は、女性の体操のボールトで1位になり、体操でのブラジル初のオリンピック金メダルでした。 2位はアメリカのミカエラスキナー(14,916)。 リオ2016オリンピックのボールトイベントの優勝者であるSimonBiles(USA)は、精神的なプレッシャーのために、個々のオールラウンドのボールト、ダブルバレル、フロアイベントから撤退しました。 メディアの決勝戦に参加するかどうかが議論されています。

1日午後、有明体操競技場で開催された東京オリンピックの女子ボールト決勝で銅メダルを獲得した李ヨジョンは泣く。 東京/聯合ニュース

1日午後、有明体操競技場で開催された東京オリンピックの女子ボールト決勝で銅メダルを獲得した李ヨジョンは泣く。 東京/聯合ニュース

一方、男子体操決勝に出場したリュ・ソンヒョン(19)とキム・ハンソル(26)は、それぞれ4位と8位でフィニッシュした。 リュ・ソンヒョンは、2019年国際体操連盟(FIG)ジュニア世界選手権のグラウンドイベントで優勝した有望な男性体操選手です。東京/レポーターのリー・ジュンヒgivehappy@hani.co.kr

Matsushima Nobuko

「腹立たしいほど謙虚なコーヒーの第一人者。旅行の専門家。フリーランスのゾンビ狂信者。認定された問題解決者。食品学者。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。