キムパプの起源は韓国ですか、それとも日本ですか?

編集者のメモ

※料理評論家のイ・ヨンジェは、毎週土曜日に「食」の歴史を、エキサイティングなディナーの歴史を通して書き直します。

彼は家で働き、ほとんどの食事を自分で調理しますが、ピーク時には、キムパプの世話をすることを躊躇しません。 団地で唯一のレストラン、スナックバーで一列2000ウォン。 注文した後、私はいつも数歩離れて、手がキムパプを転がすのを見ます。 そのように手巻きして巻くのにたったの2,000ウォン。 結局のところ、キムパプの価格はあなたの手の価格です、それであなたはそれをそんなに安く売ることができますか?

数年前、私はキムパプレストランをしっかりとフォローしていました。 私は午前5時に訪問し、ご飯を炊くから完成したキムパプまでの全過程を見て、ショックを受けました。 完成したキムパプを作る機械がありましたが、熟練労働者によって一列一列に圧延されました。 結局のところ、キムパプと呼ばれる食べ物のアイデンティティは、人々だけが完成できるものです。 年月が経ち、2022年になります。YouTubeで検索すると、キムパプのロールを見ることができます。 米をまき散らすことと海苔で包むことの2つのプロセスを解決するだけであり、材料は人自身が積み込む必要があるため、スピードの点で熟練労働者よりも優れているとは言えません。

はい、キムパプはこのタイプの食品です。 数日前、いつものように机に座ってキムパプを心から注ぎ、いきなり気になりました。 いつ、どのようにしてキムパプはすべての韓国人の食べ物になりましたか? キムパプはどこから来るのですか? つまり、起源が気になっていたので、インターネットで調べてみるととても面白いと思いました。 キムパプの起源が日本なのか韓国なのかについては、意見が大きく分かれた。

批評家として、私は食べ物について最も重要なことは現在であると信じています。 歴史は関係ないと言っているのではありません。 そう思うなら、どうやってそんな空間を整理できるのでしょうか? 言い換えれば、食べ物に関しては歴史が乱用され、その結果、韓国社会は最も重要な味について議論しない傾向があるため、私たちは現在を大切にしています。 現実には、今日私たちの口に入るキムパプがおいしいかどうか、そしてそうでない場合にどのように改善できるかについて、適切にスピーチを行うことはできません。 このことを念頭に置いて、キムパプの起源について、これは良いことであり、それは良いことであるということを念頭に置いて、いくつかの見解を紹介したいと思います。

キムパプの日本の起源

韓国人にとって、キムパプは簡単で満足のいく食事です。 キムパプはソウル江南区のコンビニエンスストアに展示されています。 ニュース1

藻類の記録は朝鮮王朝にまでさかのぼります。 文書は「慶尚道地理(1425)」と「東国大学校スンラム(1530)」に全羅南道光陽郡大院堂のお土産として残っている。 主食はご飯なので海苔はご飯に包まれていたと推測できますが、朝鮮時代にキムパプが食べられたというデータは残っていません。 また、日本植民地時代でも海藻は非常に貴重な食材であったため、朝鮮時代にキムパプが配布されたとは言い難い。 つまり、日本の植民地時代に巻き貝の生産量が大幅に増加したときにも、キムパプが定着したと言えます。

一方、日本の植民地時代に社会に広まったピクニックランチ文化は、日本のキムパプの起源の理論も支持しています。 朝鮮時代には官公庁が食事を提供していましたが、日本の植民地時代には、従業員はレストランで昼食を食べたり、お弁当に満足していました。 学校も午前中に通学し、昼食後に授業を受ける必要があったため、お弁当が必要になりました。 最後に、長京原での桜観覧などのピクニックでお弁当の存在感が浮き彫りになりました。 外食できなかったわけではありませんが、人ごみが多かったので、お弁当を詰めて食べる方がずっと便利でした。

これを裏付けるかのように、1930年3月7日、東亜日報は「知っておくべき妻の春のレシピ(2)」というタイトルのランチパックを作るレシピを紹介しました。 「長京原で花を見に行ってもランチタイムで、レストランに行くと量が少なくて高いので不経済ではありません。 家で作って持っていけば、気持ちよく食べられます(リピート)。 そして、「Gimssambap」レシピはサンドイッチと一緒に含まれていました。

「Ssambap(寿司)はkimbap(のりまぎ寿司)です。 素材は朝鮮盆地と呼ばれる厚い日本の盆地で、朝鮮盆地として使用するために2枚のシートが使用されています。 ご飯が沸騰したら、別のボウルに注ぎ、酢大さじ1、砂糖大さじ2、塩大さじ1、味の素大さじ1を混ぜてご飯にこすります。 寿司の作り方はこちらです。 椎茸を水に浸し、卵を炒め、天武と呼ばれる鯛がピンク色になります。 海苔を足元にのせ、卵、椎茸、天ぷらを海苔の中心に転がします。 すべてをナイフで切ります。 日本の赤漬け野菜を細かく切って一緒に食べます」。

さまざまな種類のキムパプ。 韓国日報によるファイル写真

当時の記事について注目に値することが2つあります。 一つ目は、当時のキムパプは比較的裕福な階級の食べ物だったということです。 これは、サンドイッチに使われているパン、バター、ジャム、あさぐさのり、椎茸などの海苔が高価だったためです。 二つ目は、ご飯が酢と砂糖で味付けされていることです。 もともと寿司の一種として紹介され、新聞などにも一貫して登場しているが、1977年に変更されただけのレシピです。これは、調味料を省いたレシピを紹介するものです。 1977年3月12日のメイルビジネス新聞の「BomnoriReadyOutdoorLunchBox」のレシピ。

しかし、これは日本式の米の調味料文化が完全になくなったことを意味するものではありません。 1980年代に小学校、さらには公立学校に通った私の経験を見ると、これが当てはまります。 私の家では、味付けされていないご飯を使っていましたが、ピクニックに行くと、甘酸っぱいキムパプを簡単につかんで食べることができました。 特に、日本の植民地時代に住んでいた祖母や、10代から20代に生まれた祖母が作ったキムパプは、通常、味付けされていました。

クックブックも時代のトレンドをサポートしています。 1982年に出版された「サムスン家庭料理(サムスン出版社)」の第20巻には、日本の太巻きと細巻の直訳である「粗いキムパプ」と「薄いキムパプ」が含まれています。 もちろん、酢と砂糖でご飯を味付けすることから、朧や椎茸のような和風の魚のリントを使用することまで、100%和風です。

キムパプの韓国起源

チョンムギンバプ。 銀行ゲッティイメージズ

キムパプが韓国料理であるという主張は、巻き貝の歴史に基づいています。 「サムグクユサ(1281)」や「ボンチョガンモク(1596)」にはすでに藻類の消費記録があり、新羅の人々がどのようにして腰にロープを結び、深海から藻類を集めたかを物語っています。 一方、最初のくぼみの栽培は全羅南道光陽市の金寅敬が1650年頃に行ったもので、大印道では松や栗の枝を使った方法と言われています。 海藻は幼い頃から存在していたので、独自の包み文化があり、海苔をご飯に包む文化は自然に存在していたに違いないと考えられます。

この論理をサポートする食べ物があります、それはボクサムです。 それでも、「幸運を祈って食べる」という意味のボクサムは、幸運と繁栄を願って旧正月に食べられる特別な食事でした。 「ヨリャンセギ(1819)」「ドングクセシ(1849)」によれば、海藻やキャベツの葉で包んだご飯などは「ボクワ」「バクジョム」「ボクサム」と存在していた。 海苔に包まれたボクサムをたくさん食べると島ご飯をたくさん食べると言われているので、朝食をとって、私や友達に自慢しました。 「今年は農業で最高になるでしょう」。 この時期、ご飯を包んでいたお椀は、ナイフやはさみで切ると首が切れて農業が台無しになるため、手作業で大まかに切りました。 全羅南道高敞では、五穀米を海苔で包んで星州や江徳大の前に持っていく習慣があり、「山積み」と呼ばれていました。 ご想像のとおり、彼はノジョクサムをたくさん集めた場合にのみ、その年に農業がうまくいくと信じていました。

そんな歴史がありますが、日本で海藻を食べた時期は韓国よりずっと遅いです。 大府聡代博士の著書「海の幸」によると、日本は18世紀初頭から半ばまで海藻を食べてきました。 そのため、海藻を早く食べ始めたので、キムパプも早く食べ始めたのは韓国起源の中心です。 そしてさらに一歩進んで、朝鮮の最初のキムパプが朝鮮王朝の頃に日本に持ち込まれ、日本の植民地時代に新しい形で韓国に再輸入されたという議論があります。

最後に、キムパプが私たちの食べ物であるという事実の基礎として、ChungmuGimbapがあります。 とりわけ、韓国式のキムパプの起源または重要な枝は、米が寿司のように味付けされていないことであると主張されています。 Chungmu Gimbapの起源についてはいくつかの話がありますが、核心は同じです。 重要なのは、休息を避けるためにキムパプとアウトラインが分離されていることです。トピックだけがわずかに異なります。 最もよく知られている話は、夫婦の漁師の話です。 夫が海に出て魚を食べるときに包んだキムパプは、自然にご飯とおかずに分けられ、現在の形になっていると言われています。 一方、別の話では、統営のフェリーターミナルを行き来する人々のために、ストリートベンダーが開発した食品を紹介しています。 このように生まれたチョンム・ギンバプは、統営出身の太った祖母が「グクプン80」に参加して以来、統営の代表的な食べ物となった。

◇参考文献

-地域文化N:日本の植民地時代の寿司ベースのキムパプ

-繊細なご飯と美味しいお粥(Samsung Home Cooking、Samsung Publishing Company)

-全北イルボ: [생활 속 역사 이야기] 14.キムパプの起源

-文化財庁:歴史と記憶が混ざった韓国のソウルフード-キムパプ

-韓国国立文化百科事典:キムパプ

美食評論家

イ・ヨンジェの食事


Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。