コラム:社説コラム:ニュース:ハンギョレ

のシーン。 Watcha提供” alt=”オンラインビデオサービス(OTT)会社のWatchaによるオリジナルドラマ<セマンティックエラー>のシーン。 Watcha提供” />

原作のワンシーン オンラインビデオサービス(OTT)会社のWatchaによる。 Watcha提供

[특파원 칼럼] キム・ソヨンㅣ東京特派員

オンラインビデオサービス(OTT)会社のWatchaのオリジナルドラマは、韓国で話題になっています。 このドラマは、男性同士の恋愛をテーマにしたボーイズラブ(BL)のジャンルですが、観客から大きな愛を受けています。 ビールは韓国でファンダムを持っています、しかし彼はそれが堅実な少数派地域であると思いました、しかし境界はビールの成功で壊れたようです。 韓国ドラマに非常に興味を持っている日本人の友人の間で口コミが広まっています。 BLのジャンルよりもドラマで輝いていた俳優のパク・ソハムとパク・ジェちゃんに夢中になっているようだ。ビールはもともと日本出身だったのは言うまでもない。 漫画で始まったビールのジャンルの起源を探しているなら、それは1960年代後半にまでさかのぼります。 「やおい」や「6月」など、さまざまな言葉で使われ、ビールで固まったのは1990年代。 15年ほど前に初めて東京に行ったとき、カルチャーショックを受けたのは本屋でした。 大きな書店の場合、フロア全体が漫画で埋め尽くされていますが、「ビール」という別のセクションがありました。 当時はどういう意味かわかりませんでした。 コミックを開いてしばらく読んだときの驚きを鮮明に覚えています。 年齢制限はありますが、子供が多い別のセクションに同性愛漫画が入っていることに慣れていませんでした。 日本では、ビール属はその基盤を拡大し続けています。 ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)で4部構成のビール漫画として始まったものは、読者の注目を集めて本としてリリースされ、2020年10月に公共放送でドラマとして放送されました。このドラマは非常に人気があります日本だけでなく、韓国、中国、台湾、ベトナムなどのアジアでも。 この本(現在9巻発行)は、日本だけで200万部以上を売り上げ、映画化もされており、間もなく公開される予定です。 巧妙に作成されたストーリーは、特にさまざまな配信プラットフォーム(Web小説、Webトゥーン、コミック、ドラマ、映画)で成功するのに役立ちます。 2つの仕事を見ると、興味深いだけでなく、性別が人々を惹きつけ、愛するための非常に重要な問題であるという事実に共感することができます。 必ずしもBLのせいではありませんが、LGBTQの人々の認識では、日本は韓国よりも少しオープンであるという印象を受けます。 日本人の友達にも理由を聞いてみました。 周りには友達のようにLGBTIの人がたくさんいるので、その人の個人的な問題を受け入れるのは当然だと言う友人もいれば、他の人が自分の個人的な問題を共有するのは適切ではないと言う友人もいました。 もちろん、日本にはLGBTIの人々に対する差別がまだ存在しているため、同性結婚の法的な禁止など、身元を明かすことは難しく、権利も制限されています。 一部の保守的な政治家は、真のヘイトスピーチを行います。 しかし、韓国が変化に一歩近づいていることも事実です。 日本の地方自治体は、同性カップルを公式に認める「パートナーシップ制度」を運用しています。 2015年、東京都渋谷区と世田谷区は、日本で初めて同性パートナーシップ制度を導入し、昨年から130の地方自治体に拡大しました。 約2200組のカップルがこのスキームの恩恵を受けています。 拘束力がないため、民間部門には制限がありますが、これが日本のLGBTの権利のための革命的なシステムであることは明らかです。 同性カップルを認める地方自治体は韓国には一つもありません。 そのような雰囲気の中での興行成功のニュースは、多くの点で喜びをもたらします。 すぐに大きな変化はありませんが、Bielのよくできた仕事が継続し、社会的偏見を和らげる「良い影響」を持っていることを願っています。 dandy@hani.co.kr

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。