ゴゴムスポーツママゴルファーのアンソンジュが日本ツアーで30ポイント獲得を目指す…

「ママゴルファー」ソンジュアン「日本ツアーで30勝を目指しています…今日はラッキーです」
KLPGAツアーの開幕戦初日、グループ選手のソロリーダー

アン・ソンジュ(35)が韓国女子プロゴルフ協会(KLPGA)大会で優勝した。

アン・ソンジュは7日、ロッテスカイヒル済州カントリークラブ(ロッテスカイヒル済州カントリークラブ)で開催されたロッテレンタカー女子オープン(賞金総額7億円)の第1ラウンドで3アンダーパー69で5バーディーと2ボギーを獲得した。パー72、6,395ヤード)7日に済州道西帰浦市で。

午後1時現在、アン・ソンジュは2位タイの前にソロチームを1ショットリードしています。

アン・ソンジュは、2006年から2009年までの全国ツアーで7勝を挙げた後、日本に進出し、2010年から2018年までの日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)で28勝を達成した。

JLPGAツアーでは、2010年、2011年、2014年、2018年の4回、賞金を獲得したトップランクの選手です。

アンソンジュは、2010年にJLPGAツアーの賞金を獲得した最初の韓国人選手です。

アン・ソンジュは昨年双子(テリンとテユル)を出産し、今年はKLPGAツアーに集中する予定です。

開幕戦で行われた第1ラウンドのスタートをリフレッシュしたアン・ソンジュは、「今日のパーに満足できたが、打席を打つとは思ってもみなかった。私の60代で」と彼女の気持ちは言った。

昨年4月に母親になったアン・ソンジュ氏は、「子どもたちの面倒を見ることができないため、日本に連れて行くのは難しい。

「上手にプレーする若者が多いので、模範を示してリードしなければならないと思い、彼らから学びたい姿勢で試合に臨んだ。いいね」と喜んだ。

[고침]    スポーツ(「ゴルファーママ」ソンジュアン) "日本ツアーで30勝...)

2014年にアン・ソンジュと結婚した元ゴルファーのキム・ソンホがキャディ役を務めた。

アン・ソンジュは「夫と遊ぶときは喧嘩もあるので、夫は五感が戻るまで4回だけキャディをすることにした。計画」と紹介した。

彼女はまた、「ゴルファーのお母さん」としての苦労を分かち合った。

彼女は、「私の両親は平日は子供たちの世話をし、私は夜や週末にしばらく子供たちの世話をします」と言いました。 「出産後6ヶ月の休みの間に体重が増えたので、コンテストの前に最初の誕生日パーティーを迎えなければならなかったので、ストレスがたまり、さらに困難になりました。」と彼女は言いました。

シーズンの目標について尋ねられた彼は、「私の状態はまだ正常ではないので、私の主な目標は各トーナメントの予選を通過することです」と答えました。

その日一緒に遊んだキム・セロミ(24)は、アン・ソンジュと11年の差がある。

アン・ソンジュは、「パク・ミンジ、パク・ヒョンギョン、チャン・ハナなど、上手にプレーする若者がたくさんいるので、初心者として学ぶと思う」と語った。 彼は彼の男の子に対する彼の気持ちについて言った。

2023年にJLPGAツアーに復帰する計画を発表した彼は、「日本で恒久的なシードを獲得するには、30試合に勝たなければならないので、あと2試合勝たなければならない。いいえ、減速しません。 「彼はうまくいくと約束した。第2ラウンドの後。

/ユンハプニュース

Matsushima Nobuko

「腹立たしいほど謙虚なコーヒーの第一人者。旅行の専門家。フリーランスのゾンビ狂信者。認定された問題解決者。食品学者。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。