サムスンと現代自動車が主導する韓国と米国間の経済と安全保障の同盟

ジョー・バイデン米国大統領の韓国への3日間2泊の訪問は、サムスン電子の半導体工場への訪問で始まり、現代自動車の米国投資計画の「YouTubeライブ放送」で終わりました。

経済界は次のように評価した。「この韓米首脳会談は、国家間のハイテクとサプライチェーンの協力が優先事項として浮上した世界的な外交戦争と貿易戦争の顔を象徴的に示したイベントでした。絶対」。 また、韓国の大手グローバル企業は、韓米同盟のアクターを支援しなくなったが、主要なプレーヤーになっていることも確認された。

バイデン社長と現代自動車グループの鄭義宣社長は22日、ソウルのグランドハイアットホテルで約50分間の会議を開き、それぞれが声明を発表した。 現代自動車グループの米国への追加投資額(約6.36兆ウォン)の「サプライズアナウンス」は、ホワイトハウスのSNSを通じて世界中に生放送された。 経済団体の幹部は、「米国政府は、11月の中間選挙に先立ち、企業に優しい措置を講じて雇用を創出している」と述べた。

バイデン大統領と尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領は、韓国訪問初日、三星(サムスン)電子の平沢半導体工場を約110分間訪問した。 当初の予定より50分長い(60分)。 世界最大の半導体工場が韓国にあるため、バイデン大統領が最初のアジアツアーで日本に先立って韓国を訪れた理由を分析した。

21日の龍山大統領府での最初の首脳会談に続き、ユン大統領とバイデン大統領は、安全保障、経済、技術、グローバル協力などの分野でのグローバル戦略的提携の強化に関する共同声明を発表した。

会談後、ユン大統領は「バイデン大統領と私自身の見解はほぼすべての点で一貫していると感じた」と述べた。 バイデン大統領は、「今回の訪問を通じて、韓国と米国の同盟は次のレベルに進むだろう」と強調した。

国立外交アカデミーのキム・ヒョンウク教授は、「サムスンやヒュンダイなどの韓国大企業による米国への投資拡大は、両国の経済安全保障同盟の象徴だ」と述べた。 彼は言った。

22日、バイデン大統領とユン大統領は、烏山空軍作戦司令部の京畿道を訪れ、兵士たちを励まし、韓国を離れて日本に到着した。

レポーターDongwookJwa/ Donghyun Kim leftking@hankyung.com

ⒸHankyung.com、許可されていない転載および再配布は禁止されています

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。