サムスンは今年の後半に世界最小の200メガピクセルのイメージセンサーを大量生産する











2億画素「0.56㎛」を搭載した「ISOCELLHP3」が特徴
最新のイメージセンサー技術の応用
高品質の画像をいつでもキャプチャできます

サムスンは今年の後半に世界最小の200メガピクセルのイメージセンサーを大量生産する

サムスン電子「ISOCELLHP3」

[파이낸셜뉴스] サムスン電子は、下半期に業界最小の0.56㎛の2億ピクセルのイメージセンサー「ISOCELLHP3」を量産する。 日本のソニー、No。

23日のSamsungElectronicsによると、ISOCell HP3のピクセルサイズは既存製品より12%小さい0.56㎛であるため、モバイルデバイスに搭載するカメラモジュールのサイズを次のように縮小できます。 20まで%。

2億画素すべてを使用する位相差オートフォーカス技術「スーパーQPD(クワッド位相検出)」を適用することで、左右左右の位相差を利用して、より速く、より正確にピントを合わせることができます。

HP3は、フルピクセルオートフォーカスに加えて、毎秒30フレームの8K超解像と毎秒120フレームの高解像度4Kビデオをサポートし、映画撮影レベルの「映画用カメラ」のパフォーマンスを実現します。 最も注目すべきは、写真と同じ画角からの超高解像度8Kビデオ録画のサポートを備えていることです。

また、明暗の照度差が大きい領域が混在する状況で、露光時間の異なる3枚のフレームを合成することで、鮮明で鮮やかな画像を提供する「スタッガードハイダイナミックレンジ(HDR)」機能にも対応しています。エリア。

「SmartISOPro」技術は、低感度画像と中感度または高感度画像を組み合わせて、暗いシーンを詳細に表現します。 この製品は、14ビットのサポートにより、以前の製品の64倍の色表現を改善しました。

照明条件に応じて、独自の「Tetra2Pixel」テクノロジーが適用され、4つまたは16の隣接するピクセルが1つにグループ化されます。

「SamsungElectronicsは2019年に業界初の100メガピクセルイメージセンサーの時代を迎え、昨年は最初の2億ピクセルイメージセンサーを発売し、超小型ピクセルテクノロジーを通じて市場のトレンドをリードしました。」とLimJun-seoの責任者は述べています。システムLSI部門のセンサー事業チーム(副社長)。 「業界最小のピクセルサイズを備えたこの新しい「HP3」を通じて、ユーザーエクスペリエンスを革新し続けます。」

市場調査会社であるStrategyAnalytics(SA)によると、Samsung Electronicsのスマートフォンイメージセンサーの市場シェア(売上高ベース)は、第1四半期で28.7%で、前四半期から2.6ポイント増加しました。 しかし同期間に、ソニーは5.8ポイント下落して44.6%になりました。 ソニーとサムスン電子の市場シェア格差は、昨年第4四半期の24.5%から今年第1四半期の15.9%へと徐々に縮小している。

km@fnnews.comレポーターキム・ギョンミン








Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。