サムスンエレクトロニクス、SKハイニックス、キオシアの生産停止、「時期尚早の朗報」

[이데일리 유준하 기자] 国内株式市場の変動が続く中、海外での大型半導体の純購入が続いており、注目を集めています。 さらに、日本のキオシアと米国のウエスタンデジタルNAND工場の閉鎖に関する最近のニュースは、サムスンエレクトロニクスとSKハイニックスの株価に注目を集め、時期尚早の前向きな良いニュースを利用することが期待されています。

[이데일리 이미나 기자]

競合他社のNANDプラントの生産を停止しました…「Nand需給改善効果」

13日のマーケットポイントによると、サムスン電子(005930)の株価は前取引日の11日に0.66%(500ウォン)下落して74,900になり、SKハイニックス(000660)は1.93%(2,500ウォン)上昇してマーケットポイントによると、11日には132,000ウォン。取引は完了。 サムスン電子の株価は4取引日で下落したが、SKハイニックスは4取引日連続で強気の上昇を続けた。

特に、SKハイニックスの株価は今月の1日を除いて毎日上昇した。 日本の競合企業であるNANDKiosiaとその米国のパートナーであるWesternDigitalが、商品汚染のために両社が共同で運営する日本のNANDフラッシュ施設の運用を中止したというニュースは、ライバルのSKハイニックスの株価上昇に貢献しました。

シンハン・インベストメントの研究者であるチェ・ドヨン氏は、次のように述べています。

供給側の混乱がNANDスポット価格の上昇につながるという分析も行われた。 「収益に大きく貢献したSKハイニックスの株価は、世界一のNANDメーカーであるサムスン電子とインテルのNAND部門の買収により上昇すると予想される」と語った。

この状況で、先週の外国人のトップピックはSKハイニックスとサムスンエレクトロニクスでした。 先週、外国人はSKハイニックス株568598.9億ウォンとサムスン電子558757億ウォンを購入した。 合わせて、1.1兆ウォンの株式の純購入に相当します。

3か月前に成長を始めた2社間のコンセンサス…「第2四半期までに価格が上昇する」

最近、サムスン電子とSKハイニックスの収益コンセンサスは急速な上昇傾向を示した。 この問題により、NAND価格がより急速に上昇するという明るい見通しもあります。

金融情報会社のFnガイドによると、サムスン電子の営業利益コンセンサスは今年、前年比12.69%増の58.18兆ウォンに達すると見込まれている。 SKハイニックスは27.75%上昇して15.85兆ウォンになると予想されている。

[이데일리 이미나 기자]

両社のコンセンサスは3ヶ月前まで上昇を続けました。 特に、1か月前から2桁の増加を示した。1か月前の三星(サムスン)電子の営業利益コンセンサスは、先月から32.8%増の43,787兆ウォンだった。 SKハイニックスは19.07%増加しました。

崔研究員は、「最近、三星(サムスン)電子とSKハイニックスの収益コンセンサスが急速に高まっており、今後さらに気まぐれになると予想されている」と述べた。 ハナファイナンシャルインベストメントのキム・ギョンミン研究員も、「SKハイニックスの収益は、インテルのNAND部門の買収により、今年から増加するだろう。

また、第2四半期のNANDの価格は、日本のキオシアのNAND生産施設の一部停止により、5〜10%の上昇が見込まれます。 ウォールストリートジャーナル(WSJ)は、現地時間の10回目を報告しました。問題 “。

崔研究員は、「NANDスポット価格の上昇はもっと柔軟なはずだ」と述べ、「NAND契約価格は、前の第2四半期の見積もりよりも、第1四半期末に上昇すると予想している」と述べた。

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。