シンガポールは90%以上がワクチン接種されています…100万人あたりの確定症例数で世界第1位

[이데일리 양희동 기자] 強力な検疫政策を維持しているシンガポールとニュージーランドでは、確認されたCOVID-19の症例数が急速に増加していますが、米国や英国など、オミクロンの突然変異のピークを過ぎた国では、確認された症例の数は急速に減少しています。と日本。 シンガポールの場合、予防接種は90%(2番目の基準)を超えましたが、100万人あたりの確認された症例数は2万人を超え、世界で最も多いです。 韓国もシンガポールに次ぐ100万件の確定症例数で2万件に達した。

中央検疫対策本部(バンデボン)は6日、世界中で毎週開催される「コロナ19」イベントの数が4週間連続で減少したと発表したが、ニュージーランド、シンガポール、香港などの西太平洋地域では2週間連続で上昇。

世界保健機関(WHO)によると、今年の第8週(2月21日から27日)には、世界中で10,877,314の新規症例があり、前週と比較して15.3%減少しました。 死者数は59,953人で、同期間に10.0%増加しました。 この期間中、シンガポールが23,389人と最も多く、韓国が19,912人、ドイツが13,345人、ニュージーランドが11,254人と続いた。 一方、オミクロン変異がピークとなった米国(1373例)、英国(3293例)、日本(3755例)では、確認症例数が著しく減少しました。 予防接種率はシンガポールで最も高く、1回目が91.5%、2回目が90.5%、3回目が67.0%で、韓国が1回目が87.4%、2回目が86.5%、61.1%と続いた。 3回目の投与。

Bangdaebonは、西太平洋地域が新しい世界の週次症例の25%(2,661,755)を占め、6つの地域の中で2週間連続で増加を示した唯一の地域であると説明しました。 西太平洋の死者数は前週から22%増加して4,580人になりました。 さらに、ニュージーランドは前週に比べて最も高い増加率(+ 432%)を報告し、55,145件の確認された症例(3人の死亡)と日本が最も高い死亡数(1634件、14%↑)を示しました。

ニュージーランドでは、1月から症例数が増加しており、先週は前週に比べて5倍以上の症例数が増加しています。 先月の27の時点で、確認された症例の90%は40歳未満であり、発生率は若者の間で高いです。

シンガポールの確定症例数は12,297で、前週から3.5%増加し、過去5週間で過去最高の数になりました。 また、死亡者数は20.8%増の58人でしたが、週ごとの感染再現率は1.02で、前週(1.09)よりやや低下しました。

香港は「ゼロ(0)クラウン」政策を維持していますが、最近の症例数と死亡数の増加により、医療対応システムの負担が増大しています。 第8週には、香港で確認された症例数は68,851に達し、前週から206.4%増加し、死亡者数は128.8%増加して659になりました。

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。