ソ・ギョンドクは、3.1節「日本に言い訳をする」で旭日旗の広告を強調した。 [전문]

3.1項地下鉄駅の看板に掲げられた旭日旗を彷彿とさせる広告について、誠信女子大学のソ・ギョンドク教授は「日本が旭日旗を使う言い訳をするようなものだ。レバンテ」と指摘した。


2日、ソ・ギョンドク教授はインスタグラムに次のように投稿した。「1日、「IZ * ONE」グループの元メンバーである宮脇咲良の誕生日を記念する看板に、日本の帝国主義を象徴する旭日旗が刻まれたその上に。」

広告には、旭日旗の形をしたメッセージと、さくらにお誕生日おめでとうというメッセージが含まれていました。 ネチズンは「旭日旗を宣伝しているのか」と批判し、論争が高まる中、ソウル運輸公社が発表を行った。 発表は今月31日まで行われると報じられた。

ソ教授は、「この広告は中国のファンによって投稿されたものであることがわかった。この広告は、日出ずる旗が戦争犯罪の旗であることを知らなかった 『歴史的無知』からなされたと考えられている」と語った。

彼はまた、「しかし、私たちの側も同じ過ちを犯した。サムスン駅とソウル運輸公社の関係者がいくつの広告を検討したとしても、旭日旗はフィルタリングされるべきだった」と指摘した。

ソ教授は、「韓国でこのようなことが二度と起こらないように注意しなければならない」と主張した。

「昨年、旭日旗は日本で広く使われており、政治宣伝ではないため、東京オリンピック組織委員会は禁止品目のリストから品目を除外した」と彼は述べた。 旭日旗を応援する声が上がったが、特に極右グループが韓国選手村の住民の前で旭日旗に抗議した場合、制裁は課されていない」と語った。

最後に、ソ教授は次のように強調した。「日本の日出ずる旗のゆがみに直面して、私たちはまず日出ずる旗の歴史的真実を理解し、さらに、日出ずる旗の世界に知らせ続けなければならない。 ‘=戦争犯罪フラグ’。 ” した。

[이하 서경덕 교수 인스타그램 글 전문이다.]

昨日、Samiljeolで、多くのネチズンがオンラインコミュニティで物議を醸している状況を報告しました。

違いはありませんでしたが、ソウルのサムソン駅に看板がぶら下がっていて大きな問題がありました。 左下隅に旭日旗が刻まれていたため、日韓プロジェクトグループ「IZone」の元メンバーである宮脇咲良の誕生日を記念した看板でした。

この広告は中国のファンによって投稿されたことがわかりました。 広告は、旭日旗が戦犯旗であることを知らなかった「歴史的無知」からなされたと考えられています。

しかし、私たちはまだ間違っていました。 三星(サムスン)駅とソウル運輸公社の関係者がレビューした広告の数に関係なく、旭日旗は除外されるべきだった。

しかし、大騒ぎした後、発表は落ちました。 確かに、この種のことはサミルジョルの日に起こりました、そして、より大きな論争をかき立てる以外に選択肢はありませんでした。

いずれにせよ、韓国ではこれが二度と起こらないように注意しなければなりません。 なぜなら、このようなことが再び起こった場合、それは日本側に旭日旗を使用する言い訳を与えるだけだからです。

昨年、東京オリンピック組織委員会は、旭日旗が日本で広く使用されており、政治宣伝ではないため、禁止記事から除外しました。

さらに、東京オリンピックのロードレースで旭日旗を応援したとしても、特に韓国の選手たちの前で旭日旗に抗議した場合は、制裁措置は課されなかった。

日本の旭日旗のゆがみに直面して、私たちはまず旭日旗の歴史的真実を理解し、さらに「旭日旗=戦争犯罪の旗」を世界に知らせなければなりません。

ペク・スンフン/写真提供元=オンラインコミュニティ

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。