ソーシャルサービスワーカーには組合があります-OhmyNews

軍隊法では、健康診断で1年生から3年生の現役ではなく、4年生の補足サービスを受ける若者は、社会福祉要員として1年9か月間官公庁や学校に勤務することが義務付けられています。 これは、国際法の下で「強制労働」として非軍事キャンプで余剰徴兵を使用することを禁止する国際基準に違反しています。

20日、コンベンションn。 強制労働を禁止する国際労働機関(ILO)の29。 昨年4月、政府は軍事サービス法を改正し、ILO条約第4号を批准するために、レベル4の身体検査を受けた者に現役のオプションを付与しました。 29.議論は、選択が与えられているので強制はないということです。

14日、ソーシャルワーカー組合のチョン・スンピョ会長にインタビューした。 大学を卒業後、地域で奉仕しているチョン・スンピョ大統領は、行政福祉センターで奉仕している。

「労働省は、労働組合法に基づく従業員ではないため、この機関に関する報告を拒否している」。


-社会福祉制度について憲法裁判所に上訴したとのことですが。

「昨年9月に召喚された。召喚前から社会福祉士制度は不公平だと思っていたので、召喚されるまでにILO条約第29号が批准され、その一環として憲法上の苦情を申し立てた。これは違反であり、憲法に含まれる国際法の尊重の原則に反しています。

憲法裁判所は、月収が300万ウォン未満の場合、公選代表を任命する。 弁護士によれば、憲法裁判所の判決を受けた瞬間は、条約発効後なので、その話題性が非常に高く評価されている可能性が高いとのことです。

私が提唱した兵役法の内容は、憲法違反であり、社会奉仕要員の同時就任の禁止、政党への加入の禁止、兵役制度の国際法遵守の憲法原則違反である。ソーシャル。 政治活動の禁止も含まれていましたが、他人からの憲法異議申し立てがあり、政党に参加する以外の政治活動が可能になりました。 少し慎重ですが、公然とやっています。」

-なぜソーシャルワーカーの組合を結成したのですか?
「憲法裁判所の判決は長く不確実だったので、ILOに直接苦情を申し立てる方法を探しました。個人ではなく組合だけが苦情を申し立てることができました。私は自分の組合を結成し始めました。

最初は、ソーシャルワーカーのコミュニティであるDC InsidePublicGalleryに参加してくれる人を探しました。 それ以来、それはいくつかのメディアによって報告されており、現在、グループチャットには約90人が参加しています。 実名があり面倒なせいか、約10人が組合に加入している」と語った。

-組合の創設を非難しましたか?
「法律で組合として認められた場合、私は軍人事局と団体交渉をしたかった。労働省は、労働組合法に基づく労働者ではなかったため、ソーシャルワーカーの制度を非難することを拒否した。

上記のILOの苦情については、現在調査中ですが、韓国労働組合法に基づく組合だけでなく、政府が報告を拒否した場合、苦情を申し立てる権利が認められる可能性が高いです。労働組合設立の場合、ILOへの報告を防ぐことができます。 私たちは非合法の組合ですが、組合としての組織的現実があります。」

-ソーシャルワーカーは現在どのような環境で働いていますか?
「最近、事件を集めてマスコミに報道しています。仕事や仕事に関連する個人情報の問題がたくさんあります。ソーシャルワーカーは、部屋でさらに別の事件が発生したときに個人情報を漏らしましたか?

強度や動作範囲が不明なので、上から注文せざるを得ません。 ソーシャルワーカーが介護施設や家庭で障害のある学生を暴行するケースもあります。 そもそもそういう人たちには問題がありますが、資格のない人を施設に入れて世話をする制度には間違いなく問題があります。

最近では、椎間板ヘルニアの人が積み下ろし作業をしたり、喘息の人がコロナ19関連の作業をしたりするなどのケースがあり、最終的に確認されています。 しばらく経ちましたが、兵役を辞められずに自殺した人もいました。

最善の方法は、再び兵役を割り当てられることです。 最初にマネージャーから許可を得るのは事実上困難です。 責任者の都合で通常は難しいのですが、どうすれば許可を得ることができますか? 軍人の管理はこれらの問題に非常に消極的です。 彼らは私たちの職場環境をまったく気にしません。」

「働く者には団結する権利がある」

   

全体像を見てください

社会福祉労働者組合が発表した20日、ソウル地方軍政局前での公演を発表したポスター。
Ⓒソーシャルワーカー連合

関連写真を見る

-社会福祉組合が将来計画している活動があるとしたら、それは何ですか?

「ILOには結社の自由委員会と呼ばれる場所があります。ここで別の苦情を申し立てます。元々、ILOは加盟国によって批准された条約に関する苦情のみを調査します。ILOは結社の自由も重要であると考えているので、私は加盟国が登録するだけで問題を提起できるようになりました

私は、政府による結社の弾圧に対して、結社の自由委員会に苦情を申し立てるつもりです。 労働組合組織への干渉という問題を提起して答えを出すことを考えている」と語った。

-第29回条約の発効についてどう思いますか。
「遅いが、幸いなことに日本も1932年に批准した。条約29を批准していない国として、欧州連合との貿易中に生じた問題が条約29の批准の主な理由であったことを私は知っている。

この条約の批准後、社会サービス制度が問題になっています。 私はよく関係者に尋ねます。 答えは常に同じです。 指示があると思います。 オプションを付与することは、個人に優遇措置を提供するため、契約違反ではないと言われています。

それで私は条約番号の報告書を翻訳しました。 ILOの29。 政府がプレスリリースを発表するとき、公務員によって引用されたフレーズがあります。 しかし、元のテキストを見ると、それはまったく別の話です。 報告書によると、兵役に対する良心的兵役拒否による代替役は、要求に応じて個人的な好みと解釈できるため、強制労働ではありません。

しかし、報告書の一般的な内容は、韓国にはソーシャルワーカー制度があってはならないというものです。 しかし、彼らは良心的兵役拒否者を念頭に置いて書かれた「要求に応じた個人的な好み」の論理で間違ったシステムを擁護しています。 ごめんなさい。 日本は1932年にこの条約を批准しました。韓国はこの協定を理由として日本の下での強制労働の問題を批判しましたが、この協定は日本からほぼ100年後の2022年まで発効しません。

-最後に言いたいことはありますか?
「働く人々には、誰であれ、団結する権利があります。社会的経験のない20代前半のソーシャルワーカーは、うまくいっていなくても不当に扱われてきました。

私たちの組合は、ILO条約第2号が開催される、20日の午後4時に、ソウル地域軍人局の前で、軍人局のマスコット「ゴルジョン」のイメージを焼き付けるショーを開催する予定です。 29が発効します。 今回の会合では、法の範囲内で組合を認め、職場環境を改善し、関連法を検討するよう組合に要請するつもりです。」

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。