チュ・ソンフンは2年ぶりに武道に出場する…アンスクと14年の比較

「愛はお父さん」チュ・ソンフン(47)は758日(2年27日)後に戦闘機​​として公式戦に出場する。 2000年代後半、世界の大国であった青木真也(39、日本)は、アジア最大の武道グループ「ONEChampionship」と対戦します。

チュ・ソンフンは、26日にシンガポールで開催されるワンチャンピオンシップ197の軽武道選手権で青木と対戦する。昨年4月のワンチャンピオンシップ163で、元軽量チャンピオンのエドワード・ポーラヤン(38、フィリピン)と戦うことが期待されていたが、負傷から340日(11ヶ月6日)後に戦闘はキャンセルされた。

正月が明けるとすぐに、チュ・ソンフンは「反抗的な柔道の怪物(柔道の反逆の幽霊)」の時代の闘志を取り戻すと言い、「失った空腹の精神を振り返る。 。時間がない(年を取っているので)。できるだけ早く新しい対戦相手を求めてください。」 あるチャンピオンシップは、2008年から争っていた青木と対戦し、両者で合意に達した。


拡大画像を表示

チューソンフン(右)と青木真也(左)は、One Championship総合格闘技の戦闘を促進するために、日本のイベントで対決します。 写真=ONEChampionshipの礼儀

2000年代にアジア最強の柔道選手として生まれたチュ・ソンフンは、その後も総合格闘技に転向し、ミドル級世界のトップ10で素晴らしい全盛期を過ごしました。

青木は2007年から2010年にかけて世界ライト級で準優勝し、日本の総合格闘技の誇りとして知られていました。 2009年以来の日本の16勝の記録はまだ続いています。

2008年、青木は当時K-1が運営していた総合格闘技大会「ドリーム」での戦いを呼びかけた。 当時、崔成勲は2階級のミドル級ファイターだったので、明らかにそうはならなかった。 しかし、その後も青木はソンフン・チューをさまざまな形で挑発することをやめない。

チュ・ソンフンは2012年にウェルターウェイトに格下げされて以来、青木と青木の体重差は一段と減少している。 青木は2015年にウェルター級デビューを果たし、負けたものの、2017年のワンチャンピオンシップでウェルター級タイトルを争った。

2019年にUFCを去ったチュー・ソンフンがワンチャンピオンシップに出場すると、青木と戦うチャンスが増えた。 チュ・ソンフンは2020年の日本放送のインタビューで、「(年をとるにつれて)動きやすいように軽い体が必要だ。青木との戦いの準備をしていることを隠さなかった。 「ウェルター級だけでなく、ライト級でも最高の体型になっている」と語った。

リーグは2011年以来22カ国で195のイベントを開催しており、今年はモンゴルでの最初のイベントも含まれています。 韓国ではIBSPORTSとして放送されます。

[박찬형 MK스포츠 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Matsushima Nobuko

「腹立たしいほど謙虚なコーヒーの第一人者。旅行の専門家。フリーランスのゾンビ狂信者。認定された問題解決者。食品学者。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。