ティーウェイ航空は、検疫なしで海外への無料旅行をお勧めします…次々と国際線を再開します

ティーウェイ航空は、日本、東南アジア、オセアニアのリゾートへのルートを次々と再開します。 ティーウェイ航空提供
ティーウェイ航空は23日、日本、東南アジア、オセアニアへのリゾートへのルートを次々と再開し、より多くのフライトで提供を拡大すると発表した。 各国での検疫緩和の動きに伴い、予防接種が完了すると非検疫海外旅行が可能になり、旅行への関心や需要の高まりに合わせて順次運航を再開します。


まず、T’way Airは、韓国で5月28日に仁川-シンガポール航路で新しいサービスを開始する最初のLCCになります。 同日、大邱-ダナン航路が再開し、5月29日、仁川-ダナン航路と仁川-バンコク航路が再開し、乗客を迎えます。 2020年3月のCOVID-19によりルートが停止されてから2年2ヶ月ぶりの再運航となります。

来月は、国際線の増設や運航再開により供給を拡大していきます。 ティーウェイ航空は、6月22日から仁川-ニャトランと仁川-カリボ(ボラカイ)ルートを再開し、6月23日から仁川-クラークと大邱-バンコクルートを再開します。

現在、週1便運行している仁川-福岡、仁川-大阪、仁川-東京(成田)の3路線も、6月から週2便に増加する。

T’way Airは、検疫なしで海外旅行することを推奨しており、5月23日の午前10時から、ウェブサイトとモバイルデバイスで国際線のプロモーションを実施します。

燃油サーチャージと空港税を含む片道合計に基づく△仁川-福岡102,800ウォン〜△仁川-大邱208,800ウォン〜△仁川-バンコク229,860ウォン〜△仁川-シンガポール238,700ウォン〜△仁川-グアム267,860ウォンから△大邱-大邱(183,800ウォン)から。

ティーウェイ航空の簡易決済サービス「ティーウェイペイ」は5月31日まで、現代カードやサムスンカードで30万ウォン以上払うことで5万ウォン割引のクーポンを提供する。


また、10月29日までに搭乗する国際線(フィリピン行きのルートを除く)を予約した場合、旅程変更手数料は含まれません。 また、預け入れ荷物が多いお客様でも手ごろな価格でご利用いただけるよう、追加手荷物の支払い時に5万ウォン割引のクーポンをご用意しております。

再開される海外の目的地はすべて、予防接種が完了すると検疫なしで旅行できる地域です。

さらに、ティーウェイ航空は、仁川-シンガポールルートと仁川-バンコクルートに大型飛行機A330-300を注入することで、より快適な飛行を提供します。 既存のB737-800と比較して、前部座席と後部座席の間のスペースが2〜3インチ広くなっているため、長距離のフライトでもより快適に快適に移動できます。

さらに、A330-300航空機は、プレミアムフラットベッドビジネスクラスでリーズナブルな価格で運航しています。国際ビジネス搭乗の場合、30kgの受託手荷物、2つの10kg機内持ち込み手荷物、優先搭乗および出発、チェックインデスク、優先手荷物取り扱いサービス機内での食事実用的なサービスが提供されます。

ティーウェイ航空の関係者は、次のように述べています。「再開後の国際線の拡大を加速し、乗客に快適な海外旅行を提供します。

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。