ニュース

[서울=뉴시스]パク・サンヒョン記者=老人は死んでいないということわざを変えたほうがいいと思います。 その老人は強くなった。 千人になりそうなチュ・ソンフン(47、日本人、秋山成勲)は、若きアスリート並みの完璧な体を作り、2年で勝利を収めた。

26日、シンガポールのカランにあるシンガポールインドア体育館で行われたワンXライトマッチの第2ラウンドで、チュー・ソンフンが1分50秒でTKOの勝利を収めた。

これにより、チュ・ソンフンは2020年2月28日のONEチャンピオンシップでKOのモハメッド保安官を破ってから2年1ヶ月で16勝目を挙げた。軽量部門で3位に終わった青木は10回目の敗北を記録した(47 2019年5月17日のタイトル争いでTKOに敗れた後、3年で勝ちました。

チュ・ソンフンは第1ラウンドで戦った。 青木はチュー・ソンフンの背中に引っ掛かり、チョークとベアバックパンチで攻撃を続けた。 第1ラウンドの最初の5分間、ソンフン・チューは青木の執拗な攻撃から汗を流さなければなりませんでした。

しかし、第2ラウンドは完全に異なっていました。 青木はチュ・ソンフンの足を掴んで地面に倒そうとしたが、手放さなかった。 チュー・ソンフンは片足で立ち止まり、バランスを取り、青木の拳を顔に当てた。 これは分水嶺になっています。 その後、チュー・ソンフンが青木をキックとパンチで連続で叩いた。 青木は抵抗できず、無防備に攻撃された。 審判は、一度も力を発揮できなかった青木をブロックして、チュー・ソンフンを止めた。 チュ・ソンフンの勝利が決まった瞬間だった。

試合後、チュ・ソンフンは「第1ラウンドで戦ったが負けるかもしれないと思ったが、観客の「セクシーヤマ(チュ・ソンフン)」を聞いて強くなった。試合でもっとセクシーになる。未来。」 チュー・ソンフンはノックアウト勝利のボーナスとして最高5万ドルを受け取った。

ハム・ソヒ(35、釜山チームマッド)も、審査員の全会一致で、デニス・サンボアンガ(25、フィリピン)との女子原子量リターンマッチで優勝した。

9月3日の決勝戦でサンボアンガに2-1で決定的な勝利を収めた後も物議を醸したハム・ソヒは、3回のテイクダウンに成功し、試合を席巻した。 ハム・ソヒは第1ラウンドの早い段階で頭を打ったことでショックを受けたが、それを追い抜いて勝った。

女子原子量部門で3位に終わったハム・ソヒは、2位のサンボアンガに2連勝し、チャンピオンの称号を争うことができた。

カン・ジウォン(27、ワンホMMA)も、重量挙げの試合で最大4勝を挙げたポール・エリオット(30、イングランド)と戦っているときに、右フックをあごに入れて58秒でノックアウト勝利を収めました。

昨年12月3日にマーカス・アルメイダに出場して武道で初敗を記録したカン・ジウォンは、ノックアウトで勝利を収めたエリオットとの約3か月のカムバックマッチで爽快な勝利を記録した。前の4つのゲームの最初のラウンド。 Kang Ji-wonは、ノックアウト勝利で$50,000のボーナスを受け取りました。

しかし、チャンピオンシップワンのフェザー級で1位だった元TFCフェザー級チャンピオンのキム・ジェウン(29、エクストリームコンバット)は、同クラス4位のタンカイ(中国)に左フックで倒され、KOに敗れた。最初のラウンドで2分7秒で。 キム・ジェウンは唐海と激しい戦いを繰り広げたが、突然顎が開き、残念な敗北を喫した。

◎連帯プレスニューシスtankpark@newsis.com

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。