ネイバーの事業の成否を決定する今年の世界的な前哨基地は「ここ」にあります [홍키자의 빅테크]

[홍키자의 빅테크-55] ネイバー、韓国の大手インターネット企業およびプラットフォーム企業。 昨年、株価が上昇したことで株価が少し下がったのではないかと心配する人も多いだろう。 ネイバーの成長曲線はうまく始まっていないようですが、なぜそれが行き詰まっているのですか?

ネイバーを長い間見守ってきた人々は、昨年「タコの足のビジネスリーダー」としてカカオと結ばれたことをかなり悲しんでいるに違いありません。 2017年、路地の商業的権利を侵害したとして国会に殴打された後、私は「win-win」のバナーで慎重に商売をしていました。

しかし、ネイバーは、過去にヘジンハとボムスキムが共同設立したスタートアップレベルの企業ではなくなった。 時価総額は50兆ウォンを超え、韓国の代表的なプラットフォームであるKOSPIのリーダーです。

国内・国内でありながら海外事業に注力してきました。 創業者の李ヘジン氏の役職が「グローバルインベストメントオフィサー(GIO)」であることがわかる。 私は会社の社長としての地位を放棄し、ヨーロッパ、北米、東南アジアでグローバルなビジョンを見つけようとしました。 これは、日本でネイバーのメッセンジャー「ライン」を拠点とし、日本と東南アジアで1億人以上のユーザーを生み出した後に示された動きでした。

2011年の北海道大震災をきっかけに日本へのメッセンジャーとなったライン事業を首尾よくリードしてから10年が経ち、ネイバーは再び日本をグローバルな前進拠点にしたようです。 ここでネイバーの将来の技術をテストし、漫画家でのウェブトゥーンビジネスの第2全盛期につながることが期待されています。

ネイバーウェブトゥーンはカカオを破って日本一のウェブトゥーンになりましたか?

ネイバー=ネイバーウェブトゥーンによる「LINEマンガ」と「電子ブックジャパン」のロゴ/写真提供元

先月31日、ネイバーウェブトゥーンの日本子会社である「ラインデジタルフロンティア」は、電子書籍サービスプロバイダーである「電子書籍イニシアチブジャパン」の100%株式を取得したことを発表し、買収を完了した。補助金として。 購入価格は少なくとも2000億ウォンと言われている。

一方、ネイバーウェブトゥーンは日本のサービス「LINEマンガ」を運営していた。 現在、日本の電子書籍サービス「EbookJapan」を確保しています。

イーブックイニシアティブジャパンとはどのような会社ですか? eBookJapan電子書籍会社とBookfanペーパーバックオンラインサービス会社を運営する会社です。 現在、エブクジャパンには80万点以上の作品があります。 マンガコンテンツの取引率は95%でした。 特に、eBook Japanは、日本の読者の間でYahooJapan関連のサービスとしてよく知られています。 80万点の作品を手に入れたという事実は、eBookJapanのコンテンツのIPを保護するための決定と見なすことができます。

ネイバーは、日本のサービスであるLINEマンガとeBook Japanが一緒になったとき、昨年の取引額は約8000億ウォン、月間アクティブユーザー数(MAU)は約8000億ウォンで、2000万を超えたと説明した。 日本最大のデジタルコミックプラットフォームを確保しました。 また、LINEマンガはモバイルアプリをベースに、eBook JapanはPCやモバイルウェブをベースにしているため、プラットフォームのチャネルの多様化により、補完性や相乗効果によりユーザーベースの拡大が見込まれます。

ネイバーウェブトゥーンのキム・ジュンクー最高経営責任者(CEO)は、「今回の買収は、世界最大のコミック市場である日本で一歩前進することを決定した」と語った。

ネイバーは、ポジション#1を掘り下げて、コンテンツ帝国を作ることを計画しています。 北米に次ぐ日本市場で1位。 日本のコミックマーケットは、実際には北米と中国の市場を合わせたものよりも大きいです。 北米市場の3〜4倍の大きさであることが知られています。 コミック市場全体におけるWebtoonの自律性のシェアは、2桁を超えたところです。 ネイバーは世界100カ国以上でネイバーウェブトゥーンサービスを提供していますが、日本を引き継ぐことなく真のコンテンツ王になることは困難でした。

また、これまで日本のウェブトゥーン市場でトップの座を占めてきた「LINEマンガ」は、2020年からカカオのウェブトゥーンサービス「カカオピッコマ」に追い抜かれています。これまでのところ、韓国では縦縞のウェブトゥーンを提供していませんが、縦縞のウェブトゥーンを導入したカカオがすぐに参加しました。 もともと1位だった人が追いつくとさらに痛いです。 日本で有名なeBookJapanの買収により、取引量やダウンロード量でカカオピッコマを上回ることが期待されています。

現実をそのまま模倣したデジタルツイン…「アークバス」も発売

ネイバー最高経営責任者チェ・スヨン

日本では、ネイバーも将来の技術をテストします。 昨年末、ネイバーのテクノロジー企業であるネイバーラボは「アークバース」テクノロジープラットフォームを発表しました。 Arcbusは、実空間をデジタル化するテクノロジーであり、Naverのテクノロジー子会社であるNaverLabsが2017年から構築してきた高度なHDマップ作成テクノロジーの結果です。

ネイバーは今年、日本のソフトバンクと共同でこの技術を開発する予定です。 具体的には、NAVER LABSの「A-Like」デジタルツインソリューションを使用して、日本の都市の高精細マップ(HDマップ)を作成するプロジェクトに取り組んでいます。 これは、特定の日本の都市を3D仮想世界でそのままモデル化することです。

あなたは何ができますか? 正確な車線ごとの地図を作成し、道路の変化をリアルタイムで検出し、自律移動の位置を認識し、ロボットを起動することができます。 スマートカーからスマートビルディング、スマートシティに至るまで、将来の技術開発の始まりは高精度の地図の作成です。 ネイバーがソフトバンクと一緒に日本でこの技術を実行しているということです。

今年、ネイバーの新CEO、チェ・スヨン氏は、同社が「グローバルビジネスインキュベーター」になると語った。 Line、Webtoon、ZEPETOを超えるグローバルブランドが継続的に出現することを確認すると述べました。 それは日本での小さな成功から始まります。 小さな成功は長期的な株価の上昇につながります。

[홍성용 기자]

毎週土曜日に連載される「Hongkija’sBigTech」では、プラットフォーム、テクノロジー、流通、経済に関連するさまざまな問題の背景を探ります。
今ホンソンヨンのレポーターページを「購読」すると、毎週異なる深さのコンテンツに出会うことができます。

[ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。