ネチズンは「パチンコ」「日本が韓国に植民地化した」の第1話に喜んでいる

待望のAppleTV+の「Pachinko」は、本日の公式リリースに先立ち、韓国の視聴者向けにYouTubeで最初のエピソードを公開することを決定しました。昨日、AppleKoreaのYouTubeチャンネルで最初のエピソードを事前に見たネットユーザーもいます。彼らはわくわくしています。

IMBCエンターテインメントニュース写真
IMBCエンターテインメントニュース写真
IMBCエンターテインメントニュース写真
IMBCエンターテインメントニュース写真

ネチズンは、劇のオープニング画面でこのドラマの歴史的背景を字幕としてとらえ、「こんなドラマなら見ないといけない」「知らなかったけど素晴らしい」「これらの字幕世界中で見られますか?日本もこれを見ているのは本当ですか?」 「文化の力は本当に素晴らしいです。」「そうあるべきです!それが歴史的背景であるならば、そうあるべきです」と彼は驚きと興奮で言いました。

シーンは次のように述べています。「1910年、日本は帝国を拡大し、韓国に植民地化しました。日本の統治下で、多くの韓国人は生計を失い、故郷を置き去りにして外国に移りました。しかし、韓国人は忍耐強く、家族は抵抗しました。ここに何世代にもわたって続いてきた家族です。」 それは英語で書かれていて、基本的に韓国語の翻訳も書かれていました。

「パチンコ」シリーズは、日本が韓国を侵略し、あらゆる種類の迫害に苦しんだ1900年に、苦労して稼いだ娘「ソンザ」が時代と国を越えて育った方法についてのものです。 選択の結果として彼らが耐えなければならなかった人生の重荷はどれほど重かったか彼は冷静に受けて生きる方法を扱っています。 多くのネチズンは、ドキュメンタリーよりも強烈で衝撃的な「パチンコ」シリーズの内容に驚いています。

「イ・ミンホには日本人ファンが少ないのか?選りすぐりの作品」から「作品の質は冗談じゃない。外国メディアが傑作だと言ったのには理由がある」という話から。 さまざまなストーリーを生み出す「パチンコ」の背景や素材について、ウェブ上でディスカッションが行われています。

このシリーズは、韓国系アメリカ人の1.5世代移民であるイ・ミンジンの小説「パチンコ」を原作とし、アメリカで「ブック・オブ・ザ・イヤー」にノミネートされ、アメリカでも販売されている。米国英国、英国、オーストラリア、アイルランド、トルコ、ポーランドZainichi(日本に住む韓国人または韓国人を指すために使用される用語)は広く普及していました。

エピソード1、2、3は本日Apple TV +からリリースされ、YouTubeで無料で視聴できるのはエピソード1のみです。

iMBCキム・キョンヒ| 写真提供とAppleTV+スクリーンキャプチャ

※本コンテンツは著作権法により保護されておりますので、複製、複製、配布等は禁止いたします。

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。