ハイファイオーディオブランド「Technics」のDabinWorldが韓国でローンチイベントを開催

(CABN)Davin Worldは、3月30日に、パナソニックコリアとともにアジアで伝説的なターンテーブルと呼ばれる日本ブランドTechnicsの最初のアジアでの発売イベントを開催したと発表しました。

Technicsは、パナソニックグループの高級ハイエンドオーディオブランドです。 このローンチイベントを通じて、新しいイノベーションと伝統的な遺産を統合し、より堅牢な外観を持つホームファンに届けられました。

世界中のDJやオーディオ愛好家にとって、世界最高のタイトルを失うことのないダイレクトターンテーブルとして一般的に最高のソリューションとして認められているTechnicsは、「プレミアムハイファイオーディオブランド」として生まれ変わりました。韓国のお客様のニーズに合わせた仕様と設備の追加「RediscoverMusic」をスローガンに、韓国で初めてアジアで正式に発売され、韓国で本格的にリリースされる新ラインナップを発表しました。

今回のローンチイベントでは、韓国で発売される伝説のターンテーブルの最新モデルと現在のフラッグシップモデルであるリファレンスクラスが開催され、続いてグランドクラス、プレミアムクラス、DJ機器、ヘッドホン(ヘッドホン)が開催されます。 fiアンプ、さまざまな技術が紹介されました。 プレミアムオールインワンBluetoothオーディオ「SC-C70MK2」、SL-1500Cダイレクトドライブターンテーブル、DJカルチャーの伝説的ターンテーブルで累計売上高350万本を記録したSL1200シリーズ、プレミアムクオリティクリスタルのSL-1200G / GRハイエンド技術は、国内市場に導入されています

また、今回の発売を機に、テクニクス50周年を記念したSL-1200MK7限定ターンテーブルが韓国で初めて同時発売されることも発表されました。 4月のグローバルローンチで。 詳細については、DabinWorldのWebサイトを参照してください。

近年、ターンテーブルの人気の高まりとともに、この技術への関心は非常に高まっていますが、多くの家庭用オーディオファンだけでなく、大きな期待と要望が寄せられているDJ業界にとっても朗報となることが期待されています。公式の輸入が行われていないため、スタンバイ。 今回の発売により、公式輸入オリジナル商品を購入したり、A/Sを使用したりすることができます。

DabinWorldのCEOであるKohJae-hee氏は、「アナログとデジタルの感情が共存し、サウンド市場、特にターンテーブル市場が成長し続ける状況では、技術の復活が続くと予想されます。韓国で」と述べました。

Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。