バイデンは日本が軍の超大国になることを承認します…軍国主義の復活についての懸念

岸田文雄首相とのビデオ会議中のジョー・バイデン大統領。 ジョー・バイデンがツイートした。 ジョー・バイデン米大統領は、平和憲法を改正することで軍事力を増強しようとする日本の動きを称賛した。


ホワイトハウスは、21日(現地時間)に米国のジョー・バイデン大統領と日本の岸田文雄首相との間の最初のビデオサミットに関するプレスリリースを発表しました。

プレスリリースには、バイデン大統領が岸田首相の日本軍への意欲を歓迎または積極的に評価した箇所がいくつかあります。

ホワイトハウスは、バイデン大統領は、一般的な日米の脅威に対する抑止力を強化するために日本の防衛能力を根本的に強化する岸田の努力を高く評価したと述べた。

また、岸田文雄が日本の「国家安全保障戦略」やその他の重要なガイドラインを見直す意向を歓迎すると述べた。

日本は現在、北朝鮮と中国のミサイル基地を先制攻撃できるように、「国家安全保障戦略」の見直しを推進している。

特に、岸田首相は今年初め、「今年は憲法改正が大きな問題だ」と述べた。

第二次世界大戦後、彼は平和憲法を改正したいという彼の願望を表明しました。それは戦争の放棄と戦争に従事する州の権限の否定を規定しました。

したがって、バイデン大統領による本日の発言は、日本における軍国主義の復活についての懸念の噂に反するものである。

バイデン大統領はまた、日本の国防費を増やすという首相の決定を歓迎し、その地位を維持することの重要性を強調した。

今年は過去最高の56兆ドルに達した日本の防衛費の継続を促す発言のように聞こえる。

ホワイトハウスはまた、バイデン大統領が、日米両国間の防衛協力をさらに強化する日豪円滑化協定(地位協定)の署名を称賛したと発表した。

サミットでは、両首脳は中国と北朝鮮の問題についても話し合った。

ホワイトハウスは声明のなかで、「両首脳は、国連安保理決議に違反した北朝鮮の最近の弾道ミサイル発射を非難した」と述べた。

これはまた、北朝鮮の最近の一連のミサイル実験に対するバイデン大統領の最初のスタンスでもあります。

同時に、両首脳は、東シナ海と南シナ海の現状を変える中国の試みと戦うことを約束し、台湾海峡の平和と安定の重要性を強調し、公の場で協力する意思を表明した。平和的な決議、ホワイトハウスは報告した。

彼らはまた、西側の人権侵害で批判されてきた新疆ウイグル自治区と香港での中国の慣行についての懸念を共有した。

彼らはまた、ウクライナでのロシアの侵略を阻止するために緊密に協力することを約束した。


さらに、両首脳は、米国、日本、オーストラリア、インド間の中国とのチェックインの諮問機関として知られる、今年前半に日本でクワッドサミットを開催する意向を確認した。

両国が現在運営している外相・国防相の2 + 2会合に加えて、外相・経済相が参加する「2 + 2経済政策評議会」を設置することが決定された。

両国間の経済関係を改善するための合意でした。

一方、岸田首相が就任し、米国東部時間午前8時から約80分間開催されて以来、初めての日米公式サミットとなった。

バイデン大統領は会談直後、「日米同盟をさらに強化する場であった。日米同盟は、インド太平洋および世界の平和と安全の礎である」とツイートした。

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。