パク・セロイ症候群「梨泰院クラス」、日本のリメイクが確認された

「梨泰院クラス」ポスター。

2020年に「パークセロイ症候群」を引き起こしたJTBCドラマ「梨泰院クラス」は、日本では「六本木クラス」として生まれ変わる。

カカオエンターテインメントは24日、「最近、日本の大手放送会社とウェブトゥーンとドラマ「梨泰院クラス」のライセンス契約を締結した」と発表した。

さらに、「日本の最高の俳優の出演が確認され、来月から撮影が始まり、今年の夏から全国放送されます。これは、「梨泰院クラス」IPの高い実行可能性と可能性を認識しただけでなく、次のように解釈されます。地元の人気をもう一度信じた結果だ」と語った。

「梨泰院クラス」は、韓国と日本で記録的な成功を収めたスーパーIPであり、この時代に生きる若者たちの浸透した物語として、ウェブトゥーンとドラマの両方で絶大な人気を誇っています。 乾燥した環境でも不当を損なうことなく独力で成功を収める情熱的な青年、ナラティブ・パク・セロイは、若い日本人と韓国人の心をとらえている。

その結果、韓国では、ウェブトゥーンの累計視聴回数が4億回、チャンネル登録者数が2,000万人(2022年3月現在)という輝かしい記録を達成し、ドラマ「梨泰院クラス」もすべてのJTBCドラマで3番目に高い平均視聴者スコアを記録しました。 日本では、ウェブトゥーンが「六本木クラス」でピッコマに初めて登場し、人気を博した後、ドラマ「梨泰院クラス」が日本のNetflixで1位にランクインし、勢いを増しました。

日本では、ウェブトゥーンの連載やドラマの放映にとどまらず、放送やSNSで放映されたパク・セロイのヘアスタイルや有名なジョークなどの「梨泰院クラス」のキャラクターも追いかけ、注目を集めている。次々と。 日本の人気雑誌「日本でやり直すべき韓国ドラマベスト10」の調査では、「梨泰院クラス」は「キム秘書がなぜそうか」に次ぐ第2位だった。

カカオエンターテインメントクロスピクチャーズと韓国語版ドラマを制作したJTBCスタジオの子会社であるカカオエンターテインメントが、今年の夏に放映されるドラマチックなリメイク「六本木クラス」の制作に協力します。

カカオエンターテインメントの関係者は、「 『梨泰院クラス』の日本のリメイクのニュースは、韓国の他の優れた知財が海外に進出するきっかけとなる可能性があるため、非常に重要です。可能性が非常に高いため、さまざまな方法で話し合っています。日本だけでなく他の国でもパク・セロイのバージョンを満足させるために。」 「カカオエンターテインメントは継続的に投資を行っており、今後も 『梨泰院クラス』などの成功事例を発信していきます。」

記者パク・ジョンソン、Park.jungsun @ jtbc.co.krエンターテインメントニュースチーム(コンテンツ本部)

JTBCの著作権(https://jtbc.joins.com)無断転載を禁じます。 不正な複製および再配布は禁止されています

Matsushima Nobuko

「腹立たしいほど謙虚なコーヒーの第一人者。旅行の専門家。フリーランスのゾンビ狂信者。認定された問題解決者。食品学者。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。