ファクトチェックヨーロッパの主要国は、自己負担医療費に上限を課しています

サンジョンシムは一人当たり年間最大100万ウォンを支払うことを約束している
ドイツとフランスが実施しています…英国とイタリアでの無料医療支援

20回の大統領選挙に出馬した正義党の沈相奵(シム・サンジョン)氏は、自分のポケットから医療費を抑えるという公約として注目を集めている。

シム候補は2日、中央放送選挙討論会で開かれた第3代大統領候補のテレビ討論会で、「医療費が1000万ウォンか1億ウォンかにかかわらず、上限は100万ウォンに制限している。勝利した “。 すべての先進ヨーロッパ諸国は、無料の医療援助の概念でこれを行っています。」

シム候補は、「(私たちの国民の中に)100万ウォン以上の病院の請求書を持っている人は500万人いる。

自己負担上限制度では、個人が一定額以上の医療費を負担した場合、健康保険公社が超過分を返済します。

韓国では、上限制度は無保険の医療にのみ導入されています。

今年の上限は、第1十分位(老人ホームで120日以内)で83万ウォン、6位と7位で289万ウォン、10位で598万ウォンである。

韓国では、保険の対象とならない無保険の医療費に上限はありません。

シム候補は、無保険者の医療費を含め、個人が年間支払う医療費の総額を100万ウォンに設定することを約束した。

シム候補が主張したように、ヨーロッパの主要国は自己負担の上限制度を実施していますか?

「ヨーロッパの多くの国がそれを実施しているが、すべてがそれを実施しているわけではない」と健康保険研究所の保険システム研究センターの責任者であるイム・スンジは述べた。

韓国健康保険研究所の調査データによると、ヨーロッパの11カ国が実施しています。

研究者は、実施が他の国で実施されたかどうかを確認することができなかった、と研究者は言った。

主要7カ国(G7)に含まれるドイツとフランスは、自己負担上限制度を実施しています。

ドイツでは、1年間の拠出額は年収の2%を超えてはなりません。

年収が5000万ウォンの場合、控除額が100万ウォンに達した後は医療費は請求されない。

保険料率が韓国と同程度のベルギーでは、平均して自己負担額の上限が年収の3%に設定されています。

所得水準にもよるが、2015年時点で最低所得五分位の最大参加額は450ユーロ(約60万ウォン)であり、最高所得五分位の個人は最大1,800ユーロ(約240万ウォン)である。

ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、アイスランド、フィンランド、アイルランド、スイス、オランダにも自己負担の制限があります。

キャッピングシステムを備えたヨーロッパの11か国に分類されていない英国とイタリアは、国民保健サービス(NHS)に基づいて、ある種の無料で無料の医療支援を提供しています。

英国では、NHS内の病院で治療または治療を受けた場合、すべての医療サービスは無料です。

ただし、民間保険や高級病院用ベッドをご利用の場合は、一部お支払いいただきます。

欧州以外では、日本、台湾、オーストラリアが自己負担制を採用し、国民の医療費負担を軽減しています。

/ユンハプニュース

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。